翼の王国のキノコ博士

飛行機に乗る時の楽しみは、機内誌。
センスのいい写真にゆったりとした内容の記事。
日常から少し離れて、自分は旅に出ているんだなあと、実感します。

 

 

このたび、知り合いのキノコ博士が『翼の王国』7月号に記事が載ると知りました。
キノコを探して日本中を旅する博士。今回紹介されるのは、鹿児島県のキノコだそうです。

博士のキノコへの愛と情熱に満ちた話を聞いてからは、もともと好きだったキノコを食べる機会が一層増えました。

 

さっそく(よーし、その記事を読もう)と思いました。
ただ、機内誌は、飛行機に乗れば目の前にありますが、飛行機を降りるとなかなか入手が難しく、書店でも手に入りません。

 

最近、割と旅づいているので、サックリ入手できるかなと思いましたが、7月中に乗った飛行機はJALで、『翼の王国』が読めるANAには乗りませんでした。
いつもはどちらかというと赤より青なんですが、タイミングが悪いわ〜。

 

「機内機関紙が読みたいのに、入手できない」とこぼしていたら「年間購読できるらしいよ」「どこかの図書館にあるらしいよ」などという情報を教えてもらいましたが、簡単には読めないなあと思っていたところに、友人から「乗ったからもらっておいたよ〜」との報告が。

まあ、うれしい!
友人はJAL派かと思っていましたが、ちゃんとANAのマイルもためているそうです。
旅人はみんなそうですね、きっと。

 

 

8月に入ってから友人と会ったのので、ひと月遅れで手にできた『翼の王国』。
その中の「博士の愛したきのこの旅」を、ようやく読めました〜(ToT)


博士は、海賊が宝探しをするように、その土地の珍しいキノコを探しているのでしょう。

「羊を巡る冒険」ならぬ「きのこを巡る冒険」を繰り広げているなんて、ステキ。
いつか、さかなクンと対談してほしいな〜。
魚とキノコ・・・おいしいレシピの話とか?
 

| person | comments(0) | trackbacks(0)
白石さんとゆかいな学生たち

8月になり、世間の学生は夏休みを謳歌中〜

と思いきや、そうでもなさそうです。

研究にいそしむ大学院生には、盆暮れ正月はないみたい?

生協も、相変わらず忙しそう。

久しぶりにリクエストの紙を見てみました。

 

 

いきなりの「返して」懇願が。

文面から察するに、もろもろの大人の事情により、青じそドレッシングは残念ながら学食に戻ってこないようです。
 

 

はて、染レポとは?戦メリならわかるけど。

生協の白石さん(実際は大石さん)も、はじめは知らなかったようですが、今ではわかるようです。

専門用語も駆使しないといけないとは、なかなか大変な仕事ですね。
 

 

わあ、恋愛相談まで!しかもフツーじゃない系!今どきの若者は、こういう人が多いのかしら。

もはやカウンセリングの域ですが、ちゃんと白石さんは応援しています。

 

しかし「彼女を積分するか、あなたを微分する」とはこれいかに??

どうやら、私以外の周りの人は、クレバーとクレイジーの度合いがどちらも大きいんでしょうね。

凡人は、細かいことは気にしちゃいけないんだわ、うん。

 

 

そんな私は生協で何を買ったかというと、この単位おにぎり・・・

え〜、これを買うしかないほど追いつめられている学生がいるのね〜(T_T)


じゃなくって、ハラルジャム(黒ごまクリーム味)を買ってみました。びっくりセール中!

 

 

ムスリムの留学生もいるからでしょう。

「ハラル食品コーナーを作るなんて、今どきね〜。アラビア産かしら」と思ったら、国産のソントンジャムでした。

 

 

輸出向けなのか、きちんと英語表記されており、日本ハラール協会の認定マークがついていました。

国内産のものでも、こうした食べ物が増えていくんでしょうね。


おいしかったら、ほかの味も買ってみようっと。

ちょっと変わった人や物に出会える場所、それが生協です。

| person | comments(6) | trackbacks(0)
たくさんクミコを考えて
今日、知人に「いきなりだけど、ロビンソンってわかる?」と聞かれました。
「スピッツですか?」「外れ―」
百貨店の名前でした。
「春日部のロビンソンが閉店することになったんだけど、新たにそこを買い取ったの、誰だと思う?」
ロビンソンさえ知らないのに、そう言われても。
ちょっと前に、碑文谷のダイエーがイオンに変わると聞いたところなので「イオン」と答えると、「だったらわざわざ聞かないよ」と言われます。

知人「ヒント。春日部といったら?」
「クレヨンしんちゃんしか思い出せませんー」
知人「なんてこった」
「煎餅は草加だし。でも春日部せんべいも響きがいいですね」

知人「じゃあ次のヒント。クミコ」
は?クミコ?
「森久美子?」「違うよ!」
この人が好きそうなクミコといったら、だれだろう…?
「大場久美子」「お、近い」
コメットさんで近いのならば、うーんと。
「わかった、武田久美子!」
正解を見つけた!と思いましたが「いや、遠のいたよ」と知人。
「じゃあ、後藤久美子!」「でもない」
もう思い出せませんー(涙)
知人「そんなクミコたちは、百貨店のビル買わないでしょう。いったん芸能人から離れて」
ビルを買う芸能人以外の有名人のクミコ?だったら・・・
「わかった、アパホテルの女社長!!」
「おしい!彼女はフミコ!!」
うう、もうお手上げです〜。

知人「じゃあ答え。大塚久美子」
「え、その人って」
知人「そう、大塚家具の社長」

突然クミコって言われても、思い出せませんって(笑)!
つまり、春日部の百貨店の建物が、大塚家具店に売却されたという話でした。
「大塚家具は、春日部から始まったんだよ」
そうだったんですね〜。

大場久美子とは名前が近かったわけですが、近い世代の人なのかと思って、外してしまいました。

そんな日中を過ごした夜には、家に友人を呼んで、おうちごはんを食べました。
一緒にいるときは話に夢中で気づきませんでしたが、偶然にも、彼女の名前も久美子さんでした。
 

今日は、いろいろな久美子のことを考えたわ。
6人のクミコと、ひとりのフミコ。
ここで一句。
‐ てなわけで 4月21日は久美子記念日 -(字余り〜)
| person | comments(0) | trackbacks(0)
ロックな男★R.I.P.
はじめは悪い冗談かと思いました。
以前は、けっこう過激な発言をする人だったので、(新しいアルバムが出たばかりだから、何か世間を騒がせることを言ったのかな)と思ったのです。
 
でも、事実でした。あまりに突然すぎて、呆然として動けなくなりました。
訃報を受け止めきれず、帰宅途中、しばらく椅子から立てませんでした。
 
友人たちからの心配メールに「家にたどり着ける自信がないわ」と返したら、最寄駅にいる友人が「道端で行き倒れていたら助けてあげる」と言ってくれました。
近くに住む別の友人は、私がちゃんと帰れたか、あとで窓の明かりをチェックしてくれたそうです。ありがたいわ。
 
私のボウイ好きを知る懐かしい人たちや、親からまで慰めのメッセージが届き、泣けてきました。
その優しさに甘えて、しばらく引きこもり気分でおとなしくすることに。
彼の死について、きちんと文にできるまで、無理せずブログは全てお休みにしました。
今もきちんと書けるのかはわかりませんが。
 
単なる一介のファンにすぎないのに、彼の訃報は思った以上のダメージでした。
今、ひびが入った心のデフラグ中です。
カタカタカタカタ。
ボウイメモリが大きいため、時間がかかるし、時々フリーズしたりして、なかなか進みません。
それでも、少しずつでも修復していかないと。
 
 
回復の手がかりを探そうと、彼のファンとしての自分を見つめ直しました。
高校生で知った時には、デヴィッド・ボウイはすでに時代を引っ張る世界的なロックスターでした。

キラキラの光の洪水、変幻自在のミステリアスさ
そんな彼のパフォーマンスを追うのがやっとだった私。

まばゆい中に、不条理、移民、貧困、差別といった社会的なメッセージが織り込まれていましたが、代の世間知らずの娘にはそんな難しいことはわからず、勢いだけで彼の放つビートとビームを追いかけていました。
 
その気持ちのままここまで来ましたが、情報化社会の今なら、彼の伝えたかったことが前より理解できそう。
これからは、残された作品をおさらいしようと思います。
 
 
次に、私にとって彼はどんな存在だったんだろうかと考えました。
自分の感覚として、どうとらえていたのか、探ってみたのです。
 
あれこれ思いを巡らせ、その答えを見つけました。
デヴィッド・ボウイは、私にとってメーテルみたいな存在でした。
「えっ?なに言ってるの?(ププッ)」と笑われそうですが。
未熟な私の手を引いて、親も教師も教えてくれない世界を見せてくれた、謎に満ちた存在。
実際にそばに寄り添ってくれたわけではないので、エアメーテルといったところでしょうか(笑)。
 
かねがね、自分にもメーテルのような人がいて、導いてくれればいいのにと思っていましたが、ボウイ、あなただったのね・・・。
(ごん、お前だったのか)

そう思ったら、すとんと腑に落ちました。

かつては相当破天荒に生きていたので、AIDSか薬か自殺で命を落とすんじゃないかと心配していましたが、デカダンで破滅的な最期ではなく、きちんと天寿を全うしたところに、ホッとしました。
そんな伝説はいりません。ちゃんとした人でよかった。

 
(Illustrated by Helen Green)
 
ここまで考えられるようになったので、心のひびもなんとか薄まっていきそうです。
十代の私には、まぶしすぎた星でした。
夢中でその光を追いかけて、混沌の十代も、悩める二十代も、闇の中も通っていけました。

StarmanでSpace OddityでZiggy Stardustで地に堕ちてきた男。
あまりに浮世離れしており、「巨星墜つ」ではなく、もといた星に戻っていたように思えます。
 
最期まで華のある人で、多感な頃から今に至るまで、私にいろいろな世界を見せてくれたすばらしい存在でした。
 
ありがとう、ボウイ、R.I.P.  いつか宇宙で逢いましょう。
| person | comments(0) | trackbacks(0)
キーファって誰だっけ?
ふと、どこかで覚えた言葉が浮かび上がってくる時って、ありますよね。
今日、道を歩きながら、なんとなく「キーファ」という名前が思い浮かびました。

この名前、私はどこかで知っています。でもどこだっただろう?
知り合いには、この名前の人はいません。
それ以外となると、面倒なことになります。

もはや知り合いではない、書籍かコミックか映画かTVで知った人物の名前になるからです。
世の中にある、数限りない物語の一つ一つに、大勢のキャラクターが登場しています。
その中から思い出すことって、できるかしら?

でも今は、PC検索すればよいので、すごく楽。
自分の記憶力に頼らなくても、なんとかなるのです。

さーて、キーファ、あなたはいったい誰だったかなー?
検索してみました。

出てきたのは、ドラクエのキャラクター。
このキーファばかりヒットしますが、私が探しているのは彼ではありません。
ドラクエやらないし、私の知っていたキーファは、赤い服は着ない気がします。

いくら検索しても、出てくるのはこのキーファばかり。
これはやっかいだわ。
メジャーな作品のキャラクターじゃないと、ネット社会でも出てこないことがあるからです。

うーん、別人となると、ますます気になってきます。
もう一度、じっくり考えてみることにしました。

どう記憶をたどっても、どこで出会った名前か、思い出せません。
でも、この名前の持ち主のイメージは、なんとなく覚えています。
主人公ではありません。
どんなキャラクターなのか思い出せないのに、なんとなく胸が痛むのは、嫌われ役か、孤独だったか、悲しい最期を遂げたのか、とにかく明るいキャラクターではなかったからではないかと思います。

うーん、なんとかして、キーファを思い出したいものだわ。
でも、膨大な人物が登場する群像劇の一人だったら、絶望的です。おそらく見つけ出せないでしょう。
『銀河英雄伝説』や『ガンダム』のキャラだったら、もう無理だわ。

人に聞いてみようかと思いますが、実はすごく変なキャラだったら、趣味を疑われそう。
キーファという名前も勘違いで、実はサイファとかウンピョウとかかもしれないし。(自分の記憶に自信がない)
なんとか自力で解決したいところです。

キーファはどこの誰だったのか?
考えるたびに幸薄そうな雰囲気だけが思い出されて、やるせない気持ちになります。
タイプ的には、主人公のライバルか、主人公を陰で支えるブレインか、どっちにしろあまり報われない役割。
ルックスは、背が高くてロン毛のストレートで、ミステリアスな一人狼みたいな人じゃないかと思います。
頭はいいけれど、友人や理解者が少ない、あまり読者に愛されないキャラ。
これで実際が、マハラジャみたいにリッチでファットでゴキゲンなキャラだったら、もう自分を信じられないかもー。

絶対に思い出せないと思っていましたが、あれこれ考えを巡らせていたら、なんだかふと思い当ったものがありました。
もしや、『地球へ・・・』の主人公ジョミーのライバル・・・
あの人じゃない?

でも、彼の名はキースでした。
惜しい!

雰囲気としては、かなりキースに近い感じで…
あ、なんかモヤモヤと思い出してきましたよ。
記憶の細い糸を注意深くたぐり寄せて・・・

思い出した!
カサハラテツロウ氏の『RIDEBACK』!
主人公凛の恋人でした。

キーファは、あなただったのね〜。
たしかにロン毛ストレートで、テロリストのためミステリアスな一人狼。
おおよそは当たっていました。(アニメを見ていないので、見慣れない画像ですが)

わーー、無理だと思ったけれど、思い出せたわ。
やっぱりキースとキーファは、ルックスもキャラクターも、似ている感じ。
だから、芋づる式に思い出せたんでしょう。

今回は自分の記憶力しか頼りにならなかったので、かなり自信がありませんでしたが、よかったー。
ふ〜、すっきりして眠れそう。
頭を使ったので、変に冴えてしまい、休めようとヴァンホーテンココアを飲みました。
そうしたら、落ち着きましたが、なんだかさらに目が覚めちゃった感じ。
明日も休みで一安心です。

こんな風に、ふと名前だけ出てくることって、あるんですね。しかも断片的な情報だけ。
記憶って、おもしろいものです。
手元にあったココア缶の少年も、キーファ君という名前だと思うことにしまーす。けっこう好きな名前だし、ちょっとは幸せそうなイメージがついてほしいから・・・。
| person | comments(0) | trackbacks(0)
Man-Long-Legs
赤坂駅近くを歩いていた時のことです。
すぐ前を、ゆらゆら、長い脚が歩いていました。

(え?)と見直すと、それはとても脚が長い人でした。
びっくりしました。
それはもう、尋常じゃない長さでした。

自分がこれまで見た中で、一番の脚長さんじゃないかと思います。
この方です。
ブラック系の方で、頭がとっても小さい〜!
スーパーモデル、もしくは巨神兵並みのバランスになっています。
 

忙しい都会で、みんな足早にせかせか歩いて行く中で、この人の足取りはゆっくり。
それでも周りと速度は変わりません。コンパスの違いですねー。
スローモーションで動く脚。もはや、動く芸術です。

これまで、見上げる程に背が高い!と思ったのは、ゲルマン人やスカンジナビア人ですが、頭の小ささでこの人が勝っています。
頭が小さくすらりとしていたのはケニアのマサイ族ですが、アフリカ人はそれほど背は高くありません。
単に背が高い人なら、NBA選手などにわんさかいますが、この方は等身の比率がすごいんですよね〜。
ラフな格好だと、ウエストの位置がよくわかりませんが、シャツインのきっちりした格好なので、足長が一目瞭然です。


日本人とは、完全に違うプロポーション。
私が横に並んだら、時空の歪みが起こった状態になっちゃいますね。
 
みたところ、日本で働くビジネスマンのようです。
この人からすると、日本人はみんな子どもサイズでしょう。
日本で既成品スーツは買えませんね。裾上げの逆をしないと。布が足らなそう。
いや〜、すばらしくスーパーな足長おじさん(お兄さん)でした。


さすがは都会ね!と思いながら入ったのは、駅直結の高層ビル。
外資系の会社を訪れると、先ほどの人ほどではありませんが、やっぱり足の長い、すらりとした、スーツ姿のイギリス人がプレゼンをしてくれました。

ガラス越しに、TBSのヘリポートが見えました。
あれ、こんなに下に見えるの?
TBS放送センターは地上20階。今いるのは30階フロアです。


テンションが上がります。なかなかヘリポートを見おろす機会ってないですからね。
足の長い人を見て、高層から都内を眺めて、非日常体験。
赤坂って、都会ねー。
ふだん都内で過ごしているのに、すっかりお上りさん気分になって帰りました。
| person | comments(0) | trackbacks(0)
コンビニの棚の向こうで
夕べ、牛乳を飲み終えたので、お財布だけ持って、翌朝の分を買いに行ったんです。
近くのコンビニは、めずらしくガランと空いていたんです。

店の奥にある牛乳コーナーへ向かうと、そこから女の子の声が聞こえてきました。
「なんで私の後輩と飲み会するのぉ〜?」

怒りのこもった声です。
思わず、棚一つ隔てたところで立ち止まりました。

男の子の声も聞こえてきます。
「別に年下興味ないしぃ〜」
だるそうな返事です。

「ねえ、ねえっ、、なんでぇ〜?」
女性の声は一気に涙混じりになっていて、こっちが(どうしよう)とオロオロ。

「だから〜、別に興味ないしぃ〜」
動揺する様子もなく、さっきと変わらない彼氏の声。

もしや彼女、店内で泣き出しちゃう?
とかたずをのんだら、次に聞こえてきたのは
「もう、ちょっとぉ、なにムード出してんのよぉ」
という、彼女のにやけ声。

えええ?どうなってるの?このひと、声優?
さっきからコロコロと声の調子が変わって、聞いてるこちらは翻弄されまくりです。
彼氏は一切気にしていないようですが。

じゃなくってー!
私は牛乳が欲しいんじゃー!
なぜ棚の向こうから、回り込むタイミングを待っているの、私?

カップルはちゃんと買い物をしているのか、いないのか、動く気配がありません。
これは明日の朝の牛乳はナシかな・・・とあきらめて帰ろうとしたその時、いかにも空気を読まなそうな、飲み会帰り風の赤ら顔のおじさんが店内に入ってきました。
ズンズンと、脇目もふらずにドリンクコーナーに向かって行きます。
おじさんが棚の向こうに行くと、ハッとそこの空気が変わり、ふたりきりの世界ではなくなったので、私もおじさんに続けとばかりに、禁断エリアに足を踏み入れました。
酔っぱらいのKYおじさんに助けられることもあるんだわ〜。

そこにいたのは、素朴な顔をした2人の学生コンビニ店員でした。
お客さんじゃなく、店員だったんかーい!
お客さんじゃなかったから、なかなか2人は移動しなかったのねー。

しかもこの2人、黙々と牛乳パックをテトリスのように動かしていました。
それ、単に位置を動かしてるだけですから〜!(笑)

そんなこんなで、ようやく牛乳をゲット。
気を揉んだものの、実際には、ちょっと息抜きモードの店員カップルの、たわいもない(?)やりとりを聞いただけでした。
2人の恋に、幸あれ!その恋が実っても実らなくても、彼女は声優になれそうよ〜。
| person | comments(0) | trackbacks(0)
星、鉄、レンズ
5月の最終日、Minさんと待ち合わせをしました。
向かったのは生田。遠いですね〜。
なんというか、気分的な遠さがあります。

生田緑地のプラネタリウムの話をしたら、Minさんに「光学的なものに最近とみに興味があるので、行きましょう」と快諾してもらったのです。
光学?工学じゃなくて?星でもなくて?
まあいいか。(理系に疎い)

建物の中には、子供の時に見ていた先代の天体投影機が飾られており、ボタンを押すと今でもレンズが周るようになっています。
その動きを確かめながら「星よりこういうのが好きっていう人は多そう」とMinさん。
えっ、そうなの?
光学系っていうのは、カメラマニアのことでしょうか?

上映時間まで少し時間があったので、外に置かれている古い国鉄の車両に入ってみました。
さっそく999ごっこをします。
「メーテル〜!」「車掌さん〜!」←まちがい

風通しがいいボックス席に座って涼んでいると、車両の中をぐるぐる、パタパタと走り回っていた少年の一人が立ち止まりました。
じーっとこちらを見て「なんで座ってんの?」と話しかけてきます。
小さな理不尽番長、あらわる!

「だって座席だしー」と応えているうちに、その子は座席に乗ってきました。
親戚グループでピクニックに来たというタイガ少年。
怖さを知らずに、どんどん窓の外に身を乗り出していきます。
口で言ってもきかないので、落ちないように、シャツの裾を捕まえているMinさん。
休日の親子のひとコマを見ているようでした。


友達がひっきりなしにやって来ては「タイガ、あっちに行こうよー」と呼ぶのに、なかなか私たちのもとから離れようとしません。
999ごっこに混ざりたかったの?「車掌さんはボクだ」って?
いいえ私よ!←(大人げない)(メーテルはMinさん)
小さなつむじ風のような子でした。悪い人になついて、さらわれないでね〜。

緑地内には、蒸気機関車のD51も飾られています。
汽車に疎い私でも「デゴイチ」だけは子供の頃から知っていて、(かっこいいなあ)と熱い視線を注ぎます。
Minさんが取り出したすごそうなカメラの、気持ちのいいシャッター音が、辺りに軽快に響き渡りました。
「もしかして、鉄っちゃん?」
「そんなことはないけど、鉄分ちょっと高め」
その言い方、もはや十分鉄男です。

上映時間が近づきました。ここのプラネタリウムでは、入場時に一人一人にポロプリズムタイプの双眼鏡が配られます。
Minさんは、星を見るより、レンズの方をしげしげと観察していました。
おそらく、私にはわからないプリズムの秘密を読み取ったものと思われます。
鉄分と光学度が高い友人と、双眼鏡で星座を見上げたひと時でした。

→プラネタリウム鑑賞記「大航海時代と南天の星座」
| person | comments(2) | trackbacks(0)
ライバル塾の受験生
少し前の、受験シーズンの頃の話です。

夜、通りを歩いていると「さようなら〜」「気を付けて帰れよー」という声が聞こえました。
そこは臨海セミナーの前。授業がちょうど終わり、講師が帰宅する生徒を見送っているところでした。
もう10時近いのに、遅くまで大変ね〜、と塾通いをしたことがない私は思います。
学校で一日椅子に座って授業を受けていると、お尻が痛くなるのに、さらに放課後、塾で固い椅子に座るなんて、お尻的に無理だと思ったのです。(なんという理由)
といっても、自分の学力は不安だらけ。夏期講習などには行きました。

今でも、一日かけてのセミナーなどに参加すると、多すぎる情報量を消化できずにぐったり。
塾通いをしている子は、よく頭の中が混乱しないものだと思います。

ふいに、頭の上の方で「どうだった〜?」という声が聞こえました。
すると、反対側から「こっちはみんな私立受かったー。そっちは?」という声が。
見上げてみると、道の反対側には明光義塾があり、2階と3階の窓から生徒同士が顔を出し、声を張り上げて通り越しに会話をしていたのです。

受験の結果報告でしょう。「こっちもだよ」と声が弾んでいます。
ただ、下にいた講師の先生が「こら、やめなさい」と上に向かって注意をすると、2人ともぴゅっと顔を引っ込め、窓を閉めて、何もなかったように静かになりました。

通りを挟んでそびえ立つライバル塾同士。
互いに合格者数を競って火花を散らし合うシーズンですが、生徒はそういうことはまったく気にしていなさそうです。
互いの窓から、生徒が仲よく会話をする様子は、ロミオとジュリエットを彷彿とさせるものがありました。
おおロミオ、あなたはなぜロミオなの。
2人とも女子でしたけどね。

夜に通ることしかない道で、看板の光が反射してなかなか見られる写真が撮れなかったため、日中に通る時が来るのを待っていたら、受験シーズンを過ぎてしまいました。
でも日中の写真も、うまくは撮れませんでした。なぜー?

今ではもう、そこを歩いても頭上の会話は降ってきません。
2人の受験生は、それぞれの塾も終わり、きっと肩を並べて会話をしているのでしょう。
| person | comments(4) | trackbacks(0)
海賊と妊婦さん
ボランティアの会に参加した時、駅が同じ人とおしゃべりしながら一緒に帰りました。
お子さんがまだ小さいのに、旦那さんは目下長期出張中なので大変だとのこと。
「連絡が取れない時もあるんですよ」
どんな山奥に行っているのかと思ったら「山じゃなくて海」だそうです。

長い間海の上、ということは・・・
もしや、借金が返済できずに、マグロ漁船に乗せられているのでは?
でもそんなこと、さすがに聞けません。
やんわりと聞いてみよう。
「大間とかの遠洋漁業ですか?」
うわ、大間って言っちゃった。マグロに限定してるってことじゃん!
内心自分に突っ込みを入れましたが、その人は「いえ、石油タンカーです」と言いました。

おお、"海賊と呼ばれた男"!
「じゃあ、急いで連絡を取りたいときは大変ですね」
「そうなんですよ。まあ緊急の時には電報を使えばいいんですけど」
電報?あの「サクラサク」とか「オヤキトク」とかの、あれ?

「でも海の上まで届けてくれる人がいませんよね?」というと、
「電子電報があるんですよ」と教えてくれました。
「レタックス?」「とはちょっと違ってー」
「わかった、モールス信号!」
「あはは、遠くなりました」笑われてしまいました。
画像:「The Art of MANLINESS」

その人は「前は私も船に乗ってたんですよ」と言いました。
今度はボア・ハンコックを連想します。
「石油タンカーに?」
「いえ、海外のクルーズ船に。」

つまり、大型船の船乗りカップルなんですね。船の種類が違うけど。
船に弱い私には考えられない仕事です。
「数か月間も船に揺られているなんて、酔っちゃうでしょう?」
「タンカーは、効率最優先で一番燃料がかからない航路をとるけれど、クルーズ船は乗客が酔わないルートを選んでいくから、そうでもないですよ」
なるほど、勉強になります。

「船の中でも、酔いやすい場所とそうでもない場所があるし」
「ああ、それはそうですね」
「それに、どんな嵐の大揺れの時の船酔いだって・・・つわりの気持ち悪さにはかないませんよ!」
「えっ・・・?」予想していなかったコメントにびっくり。
そこでつわりが出てきますかー。
よく「鼻にスイカを入れるくらいの痛み」とか言いますが、海の上で大嵐に翻弄されるよりも大変なことなんですね〜。
それをこらえた母親は、誰もがパイレーツ・オブ・カリビアンになれるということかも。
海賊と妊婦さんの意外な共通項を知りました!

とすると、最強なのは子を持つ女海賊。
誰かいたかな?あ、いました!
ラピュタのドーラ、最強伝説がここに立証されました(笑)!

ドーラおばあちゃんのカッコよさに、いつもしびれています。
彼女は空中海賊。人生の荒波をものともしない、あのタフさを見習いたいものです…。
| person | comments(2) | trackbacks(0)
Powered by JUGEM                              ▲page top
                    Page: 2/9  << >>
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
PROFILE
 
SELECTED ENTRIES
@lyca_'s tweets
RECENT COMMENT
CATEGORIES
リカ's BLOG/HP
ARCHIVES
page top