BBクリーム 美人圓
この前韓国旅行をしてきたワカさんから、お土産にBBクリームをいただきました。
THE FACE SHOP(THE BODY SHOPではありません)の「美人圓」というクリーム。
Yahoo!BBを使ったことはあるし、BB(ブリジット・バルドー)は憧れだし、B.B.キングもBBクィーンズも聴いたことはありますが、BBクリームは初めてです。
前からずっと気にはなっていました。一体型の基礎化粧品としては、化粧水・美容液・乳液・化粧下地が一つになった、ドクターシーラボのアクアコラーゲンゲルを使ったことはありましたが、BBクリームは、更にファンデーションが加わっており、メイクが一本で済んでしまう、まさに万能コスメなのです。

かつて●ックスファクターと●リニークで、肌が炎症を起こしてしまった私。
恐ろしくなって、それからずっと、メーキャップには国産の低刺激コスメしか使っていませんでした。
でも、韓国は同じアジア圏だし、肌がきれいな人が多いから、大丈夫かな…と、勇気を出して使ってみました。

使い心地は、快適です。化粧水が含まれているので、すっと伸びて肌によくなじみます。自然な感じで、これはいいかも〜。
着け心地もよく、職場でもなかなか好評で、すっかり嬉しくなりました。

BBとは、ブロードバンドではなく(当たり前)、Blemish Balm(傷用軟膏)の略で、もともと保険医薬的なものをコスメ用に作ったものなんだそうです。
へえ、なんだか安心できる感じ。

アニエスベーやドクターシーラボも販売し始めたBBクリーム。
これからの乾燥していく季節に、これで立ち向かっていこうと思います。
ワカさん、私にコスメの新しい扉を開けてくれて、どうもありがとう!
でも、説明書がオールハングル語で、なにを書いているのかわからなくってよー(笑)!
では私は、今度京都に行ったら、お土産に舞妓さん白粉など探してみるわねー。
(BBクリームとは真逆…)
| beauty | comments(8) | trackbacks(0)
バイオレットレディー・Eternal moonwalk
スポーツクラブのプールでは、スイミングキャップをかぶりますが、最近、頭が夜会盛りのようにビッグになってきた気がして、(キャップに入りきらなくなっちゃう〜)と危機感を感じ、美容院へ行きました。(なんという色気のない理由…)
長さと量を減らしてもらい、わからないくらいのカラーも入れて、軽くなりました。

「クマグス」というTV番組で、“最近、髪の毛を紫に染めるおばあちゃんを見ない”と、V6のイノッチが、巣鴨でバイオレットレディーを探しているのを見て、(確かに見ないなあ)と思っていたたところです。

黒い髪の毛ではきれいに発色しない紫色。おばあちゃんになったらレインボーカラーに染められるのね!と思っていましたが、発色を良くするためには、きれいな白髪になることが大事で、母に「私は赤毛っぽいし、あなたもそうだから、きれいな総白髪にはならないわよ」と予言されてしまいました。

バイオレットレディーにはなれそうにない私は、総白髪の人に、憧れを感じます。
司馬遼太郎とか、草笛光子とか、加藤タキとか、緒形拳とか、おひょいさんとか、マリー・アントワネットとか。

「激しいショックを受けた人が、一夜のうちに総白髪になるって、本当ですか?」と、美容師さんに聞いたら、「そうらしいですよ」とのことでした。
思いだすのが、和田慎二の『銀色の髪の亜里沙』です。ヒロインはショックのあまり銀髪になったと思っていましたが、あらすじを読み返したら、親の部下の陰謀で、長年地底洞窟に幽閉され、日の光を浴びなかったために銀髪になったそうでした。
・・・そういう状況じゃなくて、健康的に自然に白髪になるのがいいですね。

美容院の有線では、マイケル・ジャクソン追悼特集が流れていたので、どうしてもマイケルの話題になります。
80'sで育まれた私は、いまだに彼の死が信じられませんが、そもそも彼が生きていたことも信じられないような気もします。
訃報に際して、友人も、職場の人も、mixi日記でもブログでも、たくさんの人たちが、マイケルについて語っていましたが、私はそこまで語れず、黙していました。
「日記に書かなかったんですか?」と美容師さんに聞かれたので、
「ええ。みんなが忘れた頃に“ムーンウォークをマスターしました"と報告しようと思います」と言って笑いました。

その後、このサイトを見つけました。
「Eternal moonwalk」
世界中の人たちが、ムーンウォークしています。
永遠に、永遠に…。
いかに、マイケルが地球上で愛されていたかがわかって、いつまでも見続けてしまいます。
みんなで歩き続けたら、本当に月まで行けそう。
ムーンウォークと後ろ歩きの境界線がわからない人が、いっぱいいますが(笑)。
私も早くマスターして、投稿しないと!
プールの中でこっそり練習しようとしたら、全然うまくいきませんでした。
裸足じゃ、マイコーにはなれませんね。
Submit your own moonwalk now! あなたも闇トレの成果をぜひ!
| beauty | comments(2) | trackbacks(0)
絶対感覚と相対感覚:私の髪
子供の頃、母に三つ編みを編んでもらっていました。
先にいくほど、髪の房は細くなり、母に「髪の毛が少ないのね。お母さんが三つ編み結ってた頃は、もっと太かったわよ」と言われてきたため、(私は髪が少ないんだ)と思っていました。

社会人になり、行きつけの美容院で担当になってくれた20代後半の美容師さんは、私の髪に触るたびに「髪の質も量も、ちょうどいいですね。申し分ない、理想的な髪です」と言ってくれました。
「えっ、私、髪の量が少なくないですか?」と聞くと、
「ぜんぜん!少ないってことはないですよ。むしろ多めですから」と言われて、(よかった、平均くらいなんだー)と思いました。

その担当さんが遠くのお店へ異動になり、新しくついてくれた人は、ハタチになったばかりの青年でした。
私の髪を扱いながら「すっごく髪の量が多いですね」と言うので、びっくりして、「えっ、多いってことはないでしょう」と言いました。
「えっ、多いですよ!ねえ」と、隣にいた美容師さんに話すと、その人も私の髪を触って「多いです。太くて丈夫な髪ですよ」と言いました。

あら〜、私の髪の量って、多いんだわー。
と思っていたら、また母に「髪が細いから量が少なく見える」と言われたので、「そんなことないもーん、美容師さんに多いって言われたもーん」と反論しました。

母「その美容師さん、若いでしょう」
私「うん、ハタチですって」
母「それなら、多いって言うわよ」
私「えっ、どういうこと?」
母「今どきの若者は、朝シャンしたり髪を立てたり固めたりふわふわにしたりカラーリングしたりで、みんなきれいにしているけれど、いじりすぎて髪にコシがなくなっているように見えるのよ。そういう若い人たちの髪を扱っている若い美容師さんは、髪の量の標準感覚が、私の年代の人より少なめになっているんじゃないかしら」
私「ほえ〜」

母の担当の美容師さんは年配の人で、その人とそういう話をしているそうです。
この話が科学的に立証されるかは、全くわかりません。昔よりもヘアケア類は髪の成分に合わせて開発・改良されているので、たいしたダメージになっていないかもしれません。
それでも、私の髪を触る人たちの年代によって、髪の量の表現が違うことには、驚きました。

       実際の私の髪は、こんな感じです。 ⇒

髪の量は、微妙にデリケートな話題になるので、日記に書こうかどうか迷いました。単なる私個人の話と思って下さいね。
「絶対」と「相対」の差で異なったものとなる「標準」という判断値は、かなり曖昧で頼りないものなんだなと思いました。

山猫さーん、プロの感覚ではどう思われますかー?(呼びかけてみたりして、笑)
| beauty | comments(3) | trackbacks(0)
春の新色4日間
ちょっと日記をおサボしていたら、書きたいことがたまってしまいました。
書く前に忘れてしまいそう〜。

職場のワカさんは、名古屋っ娘らしく、メイクもファッションもいつも華やかで、会うたび目を楽しませてくれます。
先週、「ルナソルの春の新色を買ったんです〜。ハッキリした色が好きだから、ピンク系にしました」と、パステル調のアイシャドウを見せてくれました。
顔の雰囲気も、いちだんと春めいています。

春の新色・・・ウキウキの魅惑的な響きじゃありませんか!
そう、春なんですよね。年度末年度始まりでバタスカしていますが、季節はうららかな春!形からでも春に乗り遅れないようにしないと。

加えて、この前『人は見た目が9割』と『女は見た目が10割』という、あんまりなタイトルの本を二冊読みました。そこで(やっぱりメイクはしっかりしておいた方がいいのかも…)と身につまされた気になったのです。

ということで、私も春の新色をつけてみました。
今までコンタクトだったので、アイメイクはほとんどしませんでしたが、レーシック後の今では、気にせずいろいろ試せます。
シャドウをつけて、アイラインをひいて、マスカラをつけて、できあがり〜。

しかーし、職場のコウモリさん(男)に「えっ!?」と驚かれてしまいました。翌日行ったジムのお兄さんも、その翌日仕事帰りに会った友人(男)も、更に翌日会った友達(男)も、なんだかびっくりしています。
みんな、優しい人たちなので、ハッキリとは言いませんが、行間から察するに「合ってない」反応です。

多分、今までのすっぴんに近い私の顔がデフォルトになっているから、今更フルメイクされても調子狂うよ〜っていうことなんでしょう。
メイクといっても、全く派手にはしていないんですが。
「しっかりメイクが似合う人と似合わない人がいる」とも言われました。
確かに私は、顔の造り的に、下手にメイクするとひどいことになってしまいます。
マイナスのメイクといった上級テクニックは使えませんし。

というわけで、あっさり元に戻すことにしました〜。
ワカさ〜ん、がんばってはみたんですよー。
でも、デフォルトと違うことは、そんなに長く続けられなかったように思います。
これまで通り、春の新色化粧品は、夏になっても秋になっても、ほとんど減らずに残っていることでしょう〜。
| beauty | comments(6) | trackbacks(0)
つやつや・ぷるぷる・どんだけ
買い物をしていた時のことです。
ドラッグストアコーナーの前に差し掛かったとき、IKKOさんのポスターが目に入りました。
なんと、トリートメントリップグロッシーのイメージキャラクターになっているようです。
(す、すごい、IKKOさん。というより、オネエの人を採用したコスメ会社…)
ポスターのコピーに目を向けると
                 「つやつや
                    ぷるぷる
                      どんだけ」
                                  と書かれていました。
…どんだけって、どんだけ〜?(^_^;
コスメ産業らしからぬ奇をてらったコピーに、びっくりして足を止め、しばし見つめました。
この場合の「どんだけ」って、「ありえないくらい」とかそういう意味かしら?わからないぃ〜。

金のドレスに身を包み、フルメイクして悩ましげな視線を投げかけているIKKOさん。
その姿とキャッチコピーを眺めて、唖然として立ち尽くしている私。
店内の隠しカメラに映ったら、おかしな図に見えるだろうなと思って、その場を離れました。

このリップ、大人気だそうですよ。採用キャラの威光かしら?
怖いもの見たさ(?)で、サイトに載っているCMを見てみました!
ちゃんと本人が「つやつや ぷるぷる どんだけ」って言っていました。
確かに唇は、ハリウッド女優のようにきれいでした!まあ、美に性別はありませんからね。

IKKOトラックも走るんだそうです。
トラックに乗り込んで、運転席からみんなの反応を見てみたいものです。
私と同じように固まる人を、たくさん見かけそう〜。
| beauty | comments(8) | trackbacks(0)
ホテルでエステ〜原因は横隔膜
連休中、友人とプチ贅沢気分で、ホテルのエステに行きました。
場所は高輪プリンスホテル・さくらタワーのアムールスパ。愛の温泉ですか〜!

そこで、「アムール・ボディ」コースを受けました。
タイ式のボディ手法とオリジナルの手技を組み合わせたマッサージコースだそうで、それぞれ個室に通され、施術してもらいます。
始めにカウンセリングを受け、「肩と首がこっているのでお願いします」と言ったら、上半身に比重を置いて念入りにマッサージしてくれました。

1時間が過ぎ、すっかり身体が軽くなってエスティシャンさんにお礼を言うと、その人が説明をしてくれました。
「お客様の仰る通り、肩や首がとてもこってらしたので、直接ではなく遠くの部位から揉み解していきました。こりの原因は、肩や首ではなく、横隔膜です」
「え?横隔膜?」
「ええ、そうです。お客様は呼吸が浅いので、横隔膜と肋骨があまり動かないんです」
「私、呼吸が浅いんですか?」
「ええ。うつ伏せになった時、ほかのお客さまよりも背中の上下がありませんでした。」
「はあ・・・」
「肋骨があまり動かないと、つながっている背骨も動かずに固まってしまうんです。
そうなると、首や肩も固まって、こってしまうということになるんです」
「へえ・・・」
「ですので、肩のストレッチも大切ですが、深呼吸を繰り返す方が状況改善になりますね」
「そうなんですか・・・」
「一緒にやってみましょう。さあ、両手を背中に当てて、ゆっくり息を吸って〜吐いて〜」

こんな感じで、ベッドの上に正座をしながら驚きの診断を告げられた後、深呼吸の仕方を教わりました。
歯医者さんで歯磨きのやり方を教わった時のような、くすぐったい気持ちになりました。
私の肩こりって、横隔膜を動かさないのが原因だったのね!
そんな理由だなんて思いもしませんでした…。
てっきり仕事に励みすぎているせいかと思ったのに〜(ウソウソ)(^_^;

理科の授業で、人体模型の肋骨の中に横隔膜代わりの風船を入れて「肺の仕組み」を図示した写真を思い出しました。
あの赤い風船をたくさん膨らませなくてはいけないのですね。
横隔膜って、diaphragmaっていうそうです。
横隔膜収縮能は、diaphragmatic contractility。難しーい!

(深い呼吸のために、水泳をしようかしら)と思ったところ、友人に「カラオケに行っていないのね?」と聞かれました。
そういえば最近しっかり歌っていません。行かなくちゃ!横隔膜のためにも(笑)!
友人は、マッサージの後、そういった説明は一切なかったそうです。
私の担当の人は、よっぽど浅い呼吸が気になったんでしょうか?

うつ伏せになった時、施術の邪魔にならないよう、気にして息を潜めていたんですけれど。
高山病になりやすい体質なのは、浅い呼吸に原因があるのかも!と思いました。
酸素をあまり取り込まないから、酸素不足になりやすいのかもしれません。
まあ、二酸化炭素の排出量が少ないのならば、「チーム・マイナス6%」のチーム員(No.20206757)として、なかなかいい活動をしているのかも!?
それでもやっぱり身体は資本。アムール・ボディのお姉さんに教わった深呼吸法を続けていこうと思いまーす。 ひいひいふう〜(←それはラマーズ法)
------------------------------------------
 Cinema 『ヘアスプレー』

| beauty | comments(2) | trackbacks(0)
冷凍烏龍茶とタイ古式マッサージ
昨日は遊びに来た友人・たっちゃんと、中華街に行きました。
いい天気の日で、大変な人出です。
中国茶を淹れる時に使う、竹製の茶盆と茶器セットが欲しいとのリクエストで、中華街に点在する茶器屋さんを廻って、いろいろとお買い物の吟味をしました。
「ずっと仕事が急がしかったけれど、最近やっとお茶をたしなむ余裕ができて。」
それはなによりです。

無事に買い物を済ませ、お店の人に、冷凍烏龍茶を淹れてもらいました。
冷凍というので、アイスウーロン茶かと思いきや、茶器にお湯をかけ始めたのでびっくり。
冷凍してある烏龍茶を熱いお湯で淹れて、飲むものだそうです。
新鮮なうちに冷凍保存するので、風味が損なわれないとのこと。
豊かでまろやかな香りにうっとりしました。

それから帰宅し、たっちゃんにタイ古式マッサージをしてもらいました。
今まで、タイ古式専門店に行ったことはありますが、あまり効かずにいまひとつでした。
たっちゃんは、実際にタイのマッサージ学校で学び、修了証をもらったという本格派。
さすがの腕前です。フルコースをお願いして、身体中のこりをじっくりほぐしてもらいました。
左脚と肩が、岩のように硬くなっていると驚かれました。
確かに、肩コリ症だし、脚はもつれてよく転びます。こまめにストレッチしなくちゃ。
徐々に身体がほぐれて、楽になっていく私とは逆に、施術側はどんどん消耗していくようでした。人の身体を扱うわけですから、重労働ですよね。
たっちゃん、コップクン・カー(ありがとう)!(-人-)
お陰様で、いつ敵に狙撃されてもマトリックスができるくらい、身体が柔らかくなりましたー!
| beauty | comments(7) | trackbacks(0)
DEAD SEA MUD(死海の泥)
クレイパックが好きな私は、naturgoやインディアンクレイを経て、とうとうデッド・シー・マッドにいきあたりました。
死海の泥のヘアパックは、エステでしか体験できないと思っていましたが、売られていたのでさっそく買ってみました。
ただの泥ではなく、地球史的な時を経て死海に沈殿した泥なので、歴史の重みに比例したありがたみがありそうです。
海水の15〜20倍のミネラルが含まれているんだそうです。
といわれても(すごいなー)という感想しか浮かばないのですが。

いつもは頭皮には液をつけないようにするのですが、クレイは、地肌をマッサージするのが特徴です。
なれない使い方のせいか、初めのうちは髪もゴワゴワで、(髪質に向かなかったのかしら)と思いましたが、数回試しているうちに、だんだん調子がよくなってきました。
これから紫外線の強い夏に突入するので、髪をいたわるために、使い勝手がありそうです。

(顔ではなく髪に死海の泥を使うなんて、ゴージャスな気分ー)と思っていたら、今の人気はペット向けの死海の泥パックなんだそうな。
犬のエステなんて、贅沢すぎますね。エクステンションやネイルアートつきのコースもあるようです。犬にですよ!
「毛づやもよくなり、さらさら感がいつもよりUP!」というのが売りなんだそうです。
うーん、私もそうなったら、いいなあ・・・(笑)。
| beauty | comments(0) | trackbacks(0)
地域援助と美肌の関連性
今日は、いつもお世話になっているケニアの元大使とランチを取りました。
開発援助に携わっている大使の話はどれも実際的でためになりますが、とてもハイレベルなため、聞いた知識を噛み砕いて消化するのは大変です。

今回も高度なお話をしていただきましたが、その最中に彼が「そうそう、話は変わるけど、顔どんな感じ?」と、メガネを取って顔を近づけてきました。
私「特に変わったところはありませんが?」
大「そう。実は一週間前、朝起きたら顔中粉を吹いたようになっていたから、ベビークリームを塗って皮膚科に行ったら、先生に『ハウスダストアレルギーですね。こういう場合は、特別なことを何もしてはいけません。クリームや薬は一切塗らず、石鹸も使わないことです。そうすると肌の自然治癒力が働いて、治っていくんですよ』と言われたんだ。だから我慢して何もつけずにいたら、今日になったらすっかり治ってこの通りさ。」

確かに、大使の肌は年齢の割につやつやして健康そうです。
大「女性はお肌のお手入れにやたらといろいろなクリームを塗るけれど、それは逆効果なんだよ。そうすると、肌は与えられることに慣れてしまって、自分が働こうとしなくなるんだ。地域援助も一緒で、こちら側がお金をやったり人的資源を導入したりするだけだと、現地の人々はやってもらうことが当然になってしまって、自分からは何もやろうとしなくなるんだよ」

なるほど。そこに関連性があったのですね。よかれと思ってやりすぎるのはかえって逆効果だということですか。佐伯チズも美輪明宏も、お肌に関しては同じことを言っていたわ。
うーん。人類の未来に繋がる地域開発援助の研究は大使にお任せするとして、自分の肌はあまり甘やかさずに、ほどほどのお手入れをしていこうと思います。といっても大雑把な私ですから、これまで通りの手抜きっぷりでいけばいいのかも。楽で助かるわ。
| beauty | comments(0) | trackbacks(0)
Diorissimo
美容院に行きました。急いでいたのでいつもの美容師さんではない人にお願いしました。
椅子に座ったとたん、その人に「あっ、このスズランの香り、覚えてますよ。」と言われました。
この日はムシムシしていたので、たまにはコロンでもかけようとしたら、出し方が悪くてドバッと出てしまったので、多めにつけてきたのです。
でもこの美容師さんは多分初めての人だし、普通は美容院に香水はまずつけていかない(美容院自体強いにおいで充満している)ので、誰かと勘違いをしているんじゃないかと思いながら、そのまま聞いていると
「私、香りで覚えているお客さん、もう一人いるんですよ。その人は、ETROのなんとかレモンっていうのつけてるんです」とのこと。ETROのコロンなんて、オシャレすぎてかいだこともありませんわ。
時々コロンをつけてもほとんど人に気づかれないのですが、ちょっと多めにつけるようにしたら話題になったりするんだなあと思いました。

今気づいたのですが、このDiorissimoって、Diorにちなんでつけられた名前なのね!? Pianissimoみたいな。うわー、10何年使っていて、今まで気づかなかったわ!(ディオニッソスみたい)って思っていたわ。全然ギリシア悲劇じゃありませんでした。
| beauty | comments(0) | trackbacks(0)
Powered by JUGEM                              ▲page top
                    Page: 2/4  << >>
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PROFILE
 
SELECTED ENTRIES
@lyca_'s tweets
RECENT COMMENT
CATEGORIES
リカ's BLOG/HP
ARCHIVES
page top