きすぎたかおる
今日も、「聞きまつがい」の話です。

友人と、先日地上波放映した『ハリーポッターと炎のゴブレット』の話をしました。
「第4話目にもなると、ハリー役のダニエル・ラドクリフ君もすっかり大きくなってきて」と言うと、友人は「子役で有名になった子は、大人になってからのギアチェンジが大変みたいだね。マコーレー・カルキンとか、来生たかお」と言いました。

私「ほえ? 来生たかお? それって、セーラー服と機関銃?」
頭の中には、「♪ 夢の途中〜 ♪」とけだるげに歌う男性の声が流れます。
アダルトな彼しか知りませんが、実は来生たかおは、もともとは子役俳優だったんでしょうか?ギアチェンジがうまくいかずに、シンガーソングライターに転身したの?

友「え? それってどんなん?」
私の言葉を聞いた友達も、話が通じなくなっているようです。

私が「♪ こーのままー、なんじかんでもー ♪ の人?」と聞くと、
友「ああ、『夢の途中』ね」と言いました。
私「そう、あれ、“来生たかお”の歌だったよね」
友「ああ〜。“き過ぎた顔でセーラー服”とかって聞こえて、びっくりしたよ」

き過ぎた顔って、どんな顔ー? いいの?悪いの?
それで、セーラー服を着てるの・・・?

私「“来生たかお”って、子役出身だったの?」
友「はあ? “杉田かおる”って言ったんだよ」

そうでしたか…。杉田かおるが子役デビューしたことなら、知っています。
でも、名前、似ていますよね?
二人とも耳が悪いと、なにげない会話をしていても、話がややこしくなるものだなあと思いました!
| 天国耳(Heaven's Ear) | comments(4) | trackbacks(0)
かぼちゃん農園? かばちゃん農園?
お正月、TVを見る機会が多かったので、CMもたくさん見ました。
その中で気になったのが、

 ♪ かぼちゃん〜♪ かぼちゃん〜♪ かぼちゃん農園〜 ♪

という歌が流れる、ファンシーな絵のCMです。
農園のCMなんて、めずらしいなと思い、(かぼちゃん農園というからには、かぼちゃがメインの農園なのね)と思いましたが、それにしてもCMには全くかぼちゃが登場しません。

かぼちゃが出ないのに、かぼちゃの歌(?)が流れるのが、気になります。やけにかわいらしい名前も気になります。
(どんな農園なんだろう)と、検索してみましたが、なにもヒットしませんでした。

(CMまであるのに、何もでてこないのは変だわ。聞き間違えているのかな?)と思い、今度は「かばちゃん農園」を検索してみたら、類似検索で「KABAちゃん農園」が出てきました。
(まさかねー)と思いながらも、そこを開けてみたら、KABAちゃんのお兄さんが農園へ行った時のブログが出ました。
お兄さんの文章も、弟に負けず、華麗なるオネエ言葉だったわ〜!

これも違ったので、「ちゃん 農園」で検索したら、「市田柿のかぶちゃん農園」がヒットしました。
CMに出ていたイラストのHPで、ようやく突き止められました。

カボチャではなく市田柿で有名だそうです。
じゃあなぜ、かぼちゃんなの?

よく名前を見てみたら、「かぶちゃん農園」でした。
私が、思いっきり聞き間違いをしていたのです。でも、歌を何度聞いても「かぶちゃん〜」ではなく「かぼちゃん〜」に聞こえてしまいます。

じゃあ、カボチャじゃなくて、カブラを作っているの?
そういう命名法ではなく、社長が鏑木さんだからのようです。
そういうことなら、「かぶちゃん」で納得です。 

農園名に「ちゃん」がつくのが、聞き慣れませんでしたが、「ちゃん 農園」の検索では、「しげちゃん農園、優ちゃん農園、光ちゃん農園、悦ちゃん農園、近ちゃん農園、くにちゃん農園、文ちゃん農園」…と、たくさんヒットしたので、(私が知らないだけで、農園業界ではコモンセンスのネーミングなのね)と気がつきました。

干し柿は、我が家の冬の常備品です。貧血持ちにはよくないと言われますが、それでもおいしくて好きだから、気にせずたくさん食べちゃいます〜♪
| 天国耳(Heaven's Ear) | comments(2) | trackbacks(0)
<天国耳>ドラえもん自転車、厄年対策講座
先週は頑張ってアップしてみましたが、今週はまたちょっと更新が滞っています。
実は、引っ越し直後から、ネットが使えなくなっています。
考えてみればそうですよね。ネットもお引越ししなくてはなりませんでした。
新居での新規ネット開通は、今週末の予定です。

今は実家で更新していますが、ネットのない生活に慣れてくると、どんどん家のPCから遠ざかってしまうものですねー。

さて、♪今日の天国耳コーナー♪です。
今日はコウモリ青年とお話をしました。
彼が、10年選手の自転車を修理しては乗り続けていると言うので、「そんなにコウモリさんの自転車には魅力があるんですか?」と聞いたら、彼はニッと笑って
「…ドラえもんの自転車なんですよ」と言いました。

「え〜っ、“ドラえもんの自転車”?」
確かに、私の幼稚園時代の補助付き自転車には、シンデレラのイラストが付いていて、お気に入りでした。
今では、よくアンパンマンの子供用自転車などを見かけたりします。

ただ、10年前のコウモリ君は高校生。
いいかげん、ドラえもん自転車は、きついお年頃ではない〜?
でも大人の女性にキティラーは大勢いるから、ドララー(?)もいるのかしら?
前にNTTが「どらえホン」を出していたしねー。

と思ったら、本人が
「何言ってんですか。もらいもんですよ、“もらいもんの自転車”!」
と言いました。

高校入学記念に買ってもらったものなんだそうです。
なおも「まさかドラえもんの絵はついてなかったですよね?」と聞いてみました。
無地だそうです。よかった!

------------------------------------------

今日は、ボスが朝から忙しく動いていました。
私が「ボス、今どこへ行ったんでしょうね?」と言ったら、コウモリ青年は
「厄年対策講座じゃないですか?」と言いました。

「“厄年対策講座”?」
年の瀬だからでしょうか。どんなことを教えてもらえるのか、気になります。
だいたい、講師はどんな人なんでしょうね?厄祓い師?

でも、コウモリ青年に
「“薬物対策講座”ですよ!最近大麻を育てて捕まる学生が多いから。
厄年対策講座って何ですか? 厄年って対策できるものなんですか?」
と言われてしまいました。

「私にはキョンシーのようにお札を貼ることしか思いつきませーん」
「それ、違いますよ、キョンシーはゾンビなんですよ」

お互い厄年ではないため、あまり熱くならずに話題は流れていきました。
おそまつさまでした〜m(_ _)m
| 天国耳(Heaven's Ear) | comments(3) | trackbacks(0)
天国耳〜お尻痛くなるほど食べる? 永ちゃんシャンゼリゼ出店?
はじめは、聞き間違いではありませんが・・・
今日、職場のお兄さんが、片手に白いヘルメットをかかえ、かばんに赤いヘルメットをつけてやってきました。
「どうして二つ?背後霊の分ですか?」と聞くと「ピグモンの分です」と言いました。
ピグモン?
 ♪ ほったかされて、また会って、投げられて ♪
のメロディが頭に流れて、「歌になった、あれですか?」と聞いたら、「ウルトラマンの敵ですよ」と言われました。
どうも話が噛みあわないと思ったら、私が言っていたのはピクミンでした。
なんだかピンクの可愛いサルのCMも連想すると思ったら、それは
 ♪ ピンキーちょうだい ピンキーちょうだい ♪
と歌っていた、ピンキーでした。
まぎらわしいですね!?
------------------------------------------
職場の隣のブースの人たちが、後輩の話をしていた時に、
「えっ、彼、スペインになりたいって?どういうこと?」
SP(エスピー)になりたいって言ったんですよ!」
と、"聞きまつがえ"をしていました。
------------------------------------------
私の天国耳も、変わりなく健在です。
ノル氏が超大箱のジェリービーンズをアメリカ土産にくれて、(イヤゲもの…)とげっそりしている私に向かって、
お尻痛くなるほどジェリービーンズを食べて下さいね♪」
と言いました。
そんな、お尻が痛くなるまでなんて、食べられなーい!
というか食べすぎでお尻が痛くなるって、どれほどー?(笑)
本人は、
死にたくなるほどジェリービーンズを食べて下さいね♪」と言ったそうです。
------------------------------------------
更に、少し前に、家でFMを流していたら、DJが
永ちゃんてさー、今銀座ではものすごい人気だよね」
と話しはじめました。
(えっ、矢沢永吉って、そんなに今ホットな人なの?しかも銀座でなんて、意外〜)
と、不思議に思って耳を傾けると、
永ちゃんてー、パリのシャンゼリゼ通りに出店しようとしたらしいよ」
と、話が続きました。
(えっ、矢沢永吉、お店も出してるの?っていうか、天下のパリ、しかもシャンゼリゼ通りとは、すごすぎ!さすが成り上がり!←失礼)
と、驚きましたが、
「でもさ、永ちゃんてー、シャンゼリゼ通りの出店、拒否されたらしいよ」
と、さらに話が続いたので、
(ふーん、それにしてもこのDJ、ちょっと感じ悪いわ。ファンじゃない私でも、なんだか気になる言い方だし。そもそも"永ちゃん"って呼び続けるのもどんなもの?
友達なのかな?それとも今時のDJって、こんな感じなのかしら?)
と思っていると、それからモードの話に移り、なんだか変だなと思ったら・・・
どうやら、永ちゃんてーじゃなくて、H&M(エイチアンドエム)の話のようでした!
ちょうど、日本一号店が銀座にできて、連日大行列の時だったのです。
なるほどー。DJの人柄を誤解したままじゃなくてよかったです。
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
次号の天国耳ニュースは、ネタができ次第、またお届けしまーす。

  シャンゼリゼのPRISNIC(ハイソなスーパー)にはよくお世話になったでちゅう
| 天国耳(Heaven's Ear) | comments(2) | trackbacks(0)
同じ生年月日の人と逢いました
自分と同じ日に生まれた人が、どんな人生を送っている、どんな人なのか、知りたくなったりしませんか?
私は、そういう人にずっと会ってみたくてたまりませんでした。
そんなチャンスは、これまでなかなかありませんでしたが、今回初めて、不思議な偶然で、同じ時間を生きてきた人との出会いを果たすことができました。

先日、吉祥寺のカフェレイラで出会ったジュリアーノさんのmixiページを拝見して、私たちにはMIYABIさんという共通のマイミクさんがいることがわかりました。
MIYABIさんとは、生年月日と血液型が一緒というご縁でマイミクになっていただいていますが、実際にお会いしたことはありません。
私たちがカフェレイラにいた時、彼女は何と吉祥寺のユザワヤにいたそうです。
「数百メートルの距離でニアミスしていたのね〜!」と、お互い熱くなりました。
さらに、MIYABIさんの実家と私の実家が隣駅だということもわかりました。
ニアミスふたたび〜! 共通点が多くて、お互い大興奮です。
「ぜひ、すぐ、会いましょう!」

場所は、ジュリアーノさんのお店がある三鷹にしました。
初めて会うので、とりあえず目立つ格好にしようと、普段はまず着ることのない赤い服で行ったら、すぐに目が合って、お互いに(あの人だわ!)とわかりました。

会ったことのない人に初めて会うのは、とても緊張するし、どうしてもどこか警戒して、なかなか自分を出せません。
でも今回は、すぐに打ち解けられそうな気がしていたし、思ったとおり、すぐに仲良くなれました!
干支も星座も血液型も、動物占いも六星人も一緒の人って、どんな感じなんだろうと、とてもワクワクしていました。
見た目もそっくりの人だったりして…もうそうなったら『王子とこじき』の話と一緒だわ…と思いましたが、さすがにDNAも育ってきた環境も違うので、一緒ではない所もちゃんとありました。
それでも、やっぱり波長が合って、初めて会うとは思えないくつろぎを感じます。
二人とも、聞きたいことはたくさんありましたが、なんだか胸一杯になってしまって、食事をするどころではありませんでした。
生まれた時間を聞いたら、私のほうが1時間ほどお姉さんでした。
もうほとんど双子くらいの時間差ですね。

かなり舞い上がっていて、何をどう話したのかあまり覚えていません。
MIYABIさんは美術、私は音楽好きということが違う点でした。
お仕事を聞いたら、「医療事務よ」と答えたのに、私の天国耳には「用心棒」と聞こえたので、驚きました!
色白で華奢な人なのに!チャーリーズエンジェルですかい!?
こんな聞きまつがいをするほど、ドキドキしながらもノビノビできていたようです。

それから、ジュリアーノさんのお店に行きました。
MIYABIさんは常連さんだそうです。
「Bar CINE CITTA」というお店で、外観も内部もとても風格のある、オーセンティックなバーでした。
前回のジュリアーノさんは、休日のラフな格好でしたが、今回はピシッとしたカッコ良いバーテンダーになっていました。
彼がカフェレイラで購入したシーシャ2台と再会しました。
(例の、ジュラルミンケースに入っていた、アレです)
そこでも楽しくお喋りをして、夢うつつのまま再会を約束して、お別れしました。
MIYABIさんは、家族ではないのに、生まれて初めて会う人なのに、なんだかとても近い存在に会えたような感激がありました。
MIYABIさん、これからもお付き合いどうぞよろしくお願いしますー。
ほかの仲間たちにも、会っていければいいですね(^^)

  違うのは 姓名判断くらいでちゅう
| 天国耳(Heaven's Ear) | comments(15) | trackbacks(0)
ハンセン違い・プールでポニョ
昨日、プールからあがってドレッシングルームにいる時、年配の女性二人の会話が聞こえてきました。
「ハンセンが出場しないなんてね〜」
「拍子抜けしちゃうわねえ〜」

ハンセンですって?
結構なおばあちゃま方でも、プロレス好きなのね〜。
試合を観に行ったりするのかしら? 度胸があるわ。

と思って帰宅し、TVをつけたら、
「まさかの敗退で競泳男子200m出場権を逃したハンセン!」
とアナウンサーが言っていました。

オリンピックのことだったのねー。北島のライバルとは知りませんでした。
ハンセンといえば、スタン・ハンセン。(古すぎ?)
プロレスは全然わからない私でも名前を知っているので、すごい人なんでしょう。
ハンセンと聞いて、「ヤキソバUFO」のCMの、ど迫力の外国人を連想しました。
もしや、彼がスタン・ハンセン? と調べてみたら、K-1トップファイターのドン・フライという人でした。
うーん、惜しい!←!?

今TVを見ていたら、北島が100mで見事一位となり、金メダルを受けていました。
彼のがんばりに感激して、涙が出ました。素晴らしいとしか言いようがありません。
100mに出たハンセンは(ようやく覚えた)、残念ながら4位でした。

スイスイと泳ぐ水泳競技の選手達を見ていると、自分もプールに入りたくなります。
といっても、泳げないので水と遊んでいるだけなんですが。
ただ、今週一週間は、お盆休みで私の通うプールはお休みです。

「こんなに暑いのに、プールなしで、どうやって生きていけばいいのかしら」
と、友人ルナちゃんへのメールに書いたら、
「ジムがお休みなら、ホテルのプールとかはどうかしら。
 あとうちにはアンパンマンのビニールプールもあるから、入りに来る?」
と、返事が来ました。

ホテルのプールはオシャレだけれど、泳ぐというより、プールサイドで水着でポージングするというイメージです。
それなら、お庭のビニールプールの方が、満喫できるかしら?
ポニョ気分で、ぐるぐる周ってね。
隣家の人が驚愕しないか、気になるところですが・・・(笑)。
       (画像は「バケツにポニョ ホルダー」)

  足あとマークは・・・ハンテン!
| 天国耳(Heaven's Ear) | comments(2) | trackbacks(0)
本日新刊『ヘヴンズイアー』『ゾウガメと峰不二子』
今日は、新刊本を2冊紹介します。

■『ヘヴンズイアー〜天国耳〜』
鴻 オードリー

聞き間違いの多い私は「天国耳持ち」と言われます。この言葉、友達の造語だと思っていたら、実際にあるようで、新刊本コーナーで見つけたので、買ってみました。

作者もかなりの天国耳らしく、親近感が沸きます。
「知人に“ご機嫌いかがですか?”と聞いたら、にこやかに“鬱でーす♪”と言われたので、どうしょうとあせった。
でも、その人は“普通でーす”と言っていたとあとで判明。ほっとしたら、周りに“カミングアウトしている時点で鬱じゃないから”と突っ込まれた」とか、

「職場の人の話に、よく“イケメン先生”と言う人が出てくるので、あだ名になるほどとは、どれだけ美形なんだろう!とあれこれ想像していたら、実際には“池宮城先生”と言っていたとわかって、ガックリ」

など、日常でのささやかな天国耳エピソードがつまっています。天国耳もちの人ならば、みんな「あるある」とうなずけそうです。

真面目なのか冗談なのか、「heavy」と「heaven」の文字が似ていてよく読み間違えるため(作者は天国目でもあるとのこと)、関連があるに違いないと、図書館書庫で語源を調べた話まで載っていました。(結局答えはわからなかったとのこと。え〜?)

作者の名前は「こう オードリー」だと思ったら、「おおどり オードリー」だとのこと。しゃれでしょうか。神保町に、同じ名前のカレー屋さんがあります・・・。

----------------------------------

■『ゾウガメと峰不二子
〜環境保護を通してのジャパニメーション〜』
阿部 礼二

昨日、日記のタイトルにつけたものと同じ題名の書籍があると知り、さっそく読んでみました。
内容は、私が書いたようなオバカなものではなく、環境論をベースにした見地から、日本アニメを語っていくという、面白い切り口のものでした。

『ルパン三世』の登場人物は、いつでもやりたいことをやっているようですが、実は彼らの行動は世界的に深刻な問題となっている温暖化削減に一役買っているんだそうです。
確かに峰不二子はも存在そのものがクールでホットですから、そばにいたら気温なんて気にしていられなくなってしまうかもしれませんね。

作者は環境学者ですが、目下本職そっちのけで研究しているのは『天空の城ラピュタ』のムスカの性格分析だそうです。

----------------------------------
・・・Happy April Fool's Day!
エア新書
| 天国耳(Heaven's Ear) | comments(2) | trackbacks(0)
愛犬トムからの電話
少し前までは食べ物のことばかり書いていたのに、最近は職場の話ばかり書いています。
昨日、デスクを離れていた私が席に戻ると、電話メモが置いてありました。
そこには
          【   リカ 様へ   (I 受)
              12月11日 17:00
              愛犬のトム 様より
              「またお電話します」   】       と書かれていました。

愛犬のトムからって〜!(笑)
いったいどんな用事なんでしょう。
  「ご主人様、おなかがすいたワン」
  「早く散歩したいワン」
  「今日はトリマーのサービスデーだワン」
  「家に空き巣がやってきたワン」
・・・こんな感じでしょうか?

よくTVで、フリスビー犬やおつかい犬など、いろいろな賢い犬が紹介されます。
前に、アメリカの重度の糖尿病患者が倒れて意識不明になった時、ペットの犬が彼の携帯を噛んで、救急センターに知らせ、主人の一命を取り留めたという美談を番組で観たことがあります。(携帯には直接緊急コールが引かれてあり、犬も訓練を受けていました)
でも、その賢い犬でさえ、電話口では名乗れなかったはず。

自分のことを「愛犬」と言うなんて、なかなか愛されている自信があるトム君ですが、そもそも私は犬を飼っていないので、トムなる犬から電話がかかってくるはずもありません。
前にAIBOを飼おうと真剣に考えたことはありますが。
トム、君はいったい、何者なの!?

初めての電話だったら、そんな風にものすご〜くワクワクしたと思います。
でも、この相手とは、今まで何度か電話で話したことがあるので、大丈夫でした。
ほどなくして、電話がかかってきました。
「こちら、『愛犬の友』○○と申します」

そう、犬のトムからじゃなくて、雑誌社からだったんです。
ちゃんと担当者は名乗っているんですけれどね〜。
電話を受けてくれたIさんは、トムに驚いて聞き落としたのでしょうか。
いったいIさんは、トムからの電話をどう思っているのか、聞いてみたくてウズウズしていますが、向こうから聞いてくるまで黙っていようかな〜と思っていたりもします(笑)。
案外(それもアリだろうな)と普通にとらえていたりして・・・。
| 天国耳(Heaven's Ear) | comments(3) | trackbacks(0)
サイト7周年と天国耳
昨日で、サイト「Lily's Moonlit Flow-er」開設7周年目を迎えました。
もうこちらの日記更新ばかりで、母屋の方はめったにアップしなくなっています。
ブログができてから、本当に楽になりました。

時は過ぎていきますが、日記を読み返すと、私は大した成長もないままのようです。
先々週、体調を崩して、あまり食事を採らずに過ごしていました。
先週には治りましたが、不調で日延べした予定をこなす忙しい週となり、外食が続いたので、結局2週間、まともな自炊をしませんでした。
習慣がとだえると、料理ってしなくなるものですね。
(そろそろまた料理を開始しなくちゃ)と思いながら、ぼんやりBGMに耳を傾けていたら、スピッツのこんな歌が流れてきました。

  ♪あなたのために調理なんて〜♪

なに、この離婚を決意した妻のような歌は?
聞き流そうとしましたが、どうやらそこがポイントらしく、サビの部分で何度も歌います。
草野さんは、こんな露骨にネガティブなことは歌わないでしょう!と思ったら、正解は

  ♪あなたのために蝶になって〜♪ (飛んでゆけたなら〜 by「メモリーズ」)でした。

この話を、そばにいたスピッツファンの人にしたら、憮然とされちゃいました。(そうですよね)
そのほかにも、ずいぶん前の話ですが、男の人と浜辺に行った時、その人に

  「この景色、君に見せたいと思ってたんだ」
なんて、ロマンチックなことを言ってもらえたのに、私には

  「この景色、筋肉世代と思ってたんだ」
と聞こえて、「えー、何言ってるのー?('o'*)」と、ぽかんとしてしまいました。
筋肉世代って…マッスル・ジェネレーション…?
相手は気恥ずかしさで、早口だったので、耳が追いつかなかったのです。
あぁ、私ったら!(> <)

そんなこんなで、つまりは相変わらずです。特にこのいかんともしがたい天国耳が…。
少し前までは「やんちゃ耳」と言われていましたが、最近「地獄耳」の逆ということで、「天国耳」と形容されるようになり、まあそれならいっかという気になっています。(←よくない)

昨日は、雨の中、横浜港で展示されている北朝鮮の工作船を一人で見に行ってきました。
職場でその話をしたら、「えーっ、一人で? ほんとですか〜?」と、すごく引かれちゃいました。
それが目的じゃなかったんですよ。別の場所で開催中の「世界遺産写真展」を観にいくつもりが、間にあわなそうだったので、工作船見学に変えただけなんです。
見るのはこれで3度目で、過去2回は知人と一緒だったので、今回は一人でゆっくり解説を読んできました。

普通は女性一人では行かないものでしょうか?
確かにそんな人はいなかったような…。
それもこれも、天国耳を持つ者の宿命かもしれません。(耳のせいにする)
とまあ、サイト7周年目と合わせて、相変わらずの自分を振り返ってみました。
| 天国耳(Heaven's Ear) | comments(5) | trackbacks(0)
ハイム・俺!
前に日記に書いたことがある「ハイツ俺」の前を、また通りかかったので、今度はカメラに収めてきました。
これですこれです。
一見、「滝」じゃなくて「俺」って見えませんか?
しかも、ハイツじゃなくて、ハイムでした。
「ハイ」しか合っていなかったということです。
私って、注意力散漫なのかも…。

この話を日記に書いたのはいつだったかなあと探してみたら、2005年7月でした。
もう2年近くも前になるのね。
なのに、今でも、目を向けた瞬間やっぱり「俺」に見えてしまいます。進歩のきざしなし…。

[過去日記 2005.7.19] → 「ハイツ・俺!」
| 天国耳(Heaven's Ear) | comments(0) | trackbacks(0)
Powered by JUGEM                              ▲page top
                    Page: 2/3  << >>
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PROFILE
 
SELECTED ENTRIES
@lyca_'s tweets
RECENT COMMENT
CATEGORIES
リカ's BLOG/HP
ARCHIVES
page top