猫のつく地名

1. 猫魔

きっかけは「猫魔」でした。
後輩が、毎冬猫魔スキー場に通っていると聞いて、「猫魔ヶ岳」というおもしろい地名が気になっていました。

 

「白馬」はきれいですが、「猫魔」はとっても惹かれる地名です。
ネコマ。ねこまんま。

 


地名の由来も化け猫伝説から来たという説が強いとか。猫は魔法使えそうですしね。

 

2. 猫又

また、数年前に青森の三沢を訪れた時に、地図上に「猫又」という地名を発見。

またこれもすごい名前です。猫又って猫の妖怪ですよね?

三沢市大字三沢字猫又


この場所の地図が面白いんです。どうしてこんなに不思議な形をしているんでしょう?

その場所まで行ってみましたが、特に地名に関係するようなものは探せませんでした。

 

3. 猫実

先日、千葉の友人から浦安市郷土博物館の話を聞いたときに、住所の「猫実(ねこざね)」という地名が気になりました。
浦安にはネズミの国と猫の町があるのね。

互いに5キロも離れていない、割と近くにありました。

 

 

調べてみたところ、もともとは津波に由来する「根越さね」という場所だったのが、なぜか猫に変わってしまったよう。
ご先祖様の警告が無駄になっていますが、室町時代には既に「猫」の字になっていたようです。
友人と「そんな昔から地名ロンダリングが行われていたとは!」とびっくり。
「でも確かに、"根越さね保育園"より"猫実保育園"のほうが子供が集まりそうね」
むむ、鋭いわ。

 

4. 猫屋敷

猫のつく地名は珍しいなと思いますが、意外にも日本中のあちこちにあるようです。
個人的に気になるのは「猫屋敷」。青森と山形、岩手には2か所にあるようです。
猫のお屋敷は東北に多いんですね。

 

5. 猫ノ森

宮城県にある「猫ノ森」にも行ってみたいです。
谷山浩子さんが『ねこの森には帰れない』という歌、アルバム、そして本を出しており、(ねこの森なんて、ファンシ〜☆)と思っていました。

 


でもまさか、宮城の実在する場所の話じゃないですよね…?

ますむらひろし氏の漫画『アタゴオルは猫の森』の方を思い出す人の方が多いかもしれません。

 

 

猫好きの方々、日本各地の猫地名を目指してまたたび猫旅をしてみるのはいかがでしょう?
 

| Other spot | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
適当に言ったんだけど、検索してみたら「猫実保育園」は実在していますね。クリミアには、猫の形をした「猫山」なるものがあるみたいです。
ウィキペディア(英語)↓
https://en.wikipedia.org/wiki/Mount_Koshka
| ユーミチカ | 2019/03/02 11:35 AM |
ユーミチカ、コメントありがとう!
なんと、ほんとに猫実保育園はあったのね(笑)

マウント・コーシュカ、初耳です。ほんとにネコの形に見えるのね。
耳のところが気になるわ〜🐈

猫地名って世界中にけっこうあるものなのかしらね。
チェックしてみると、おもしろそう〜♪
| リカ | 2019/03/04 6:41 PM |
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/3496
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top