ゾンビは春に人になる

昨日・今日は入試日。
オフィスのドアを開けると、外は受験真っただ中です。

 

ネズミ一匹通さぬ厳戒態勢が敷かれた、閉ざされた空間。

許可された人しか入れません。普段は24時間構内のあちこちで学生を見かけますが、在学生も入構を禁じられているようです。

 

いつも使う裏門も固く封鎖されていました。
ぐるりと大周りして正門まで行かないとダメなのかしら〜とよろめいたところを、通りの向こう側の校舎入り口に立つ守衛さんが見ており「こちらからどうぞ」と言ってくれました。

「でも用があるのはこちらの校舎ではないんです」と言うと「下をくぐっていけますよ」とのこと。

 

 

普段は車両のみの、公道の下を通る地下道のようなトンネルが開放されており、初めて通る道にワクワクしましたが、すれ違う人たちはみんな、人を襲う気力もないゾンビのように青くこわばっています。
受験生ですもんね〜。

自分も受験期には、ザ・ゾンビしていたんだろうと思うと、(誰もが一度はスリラーを踊るのだ)と思ったりもします。

 

 

この日私が向かったのは、学生と全く絡まない、敷地内の一角を間借りしているようなサテライトオフィス。
それでも構内全体的にピリピリした空気が漂っているため、廊下を歩く時には足音を潜め、息さえこらして、とにかく音をたてないように気を遣います。

 

2次試験の配分は、学校それぞれ。

かつての私の受験科目は英語・世界史・国語・小論文でしたが、この学校は数学・物理・化学・英語!
何度生まれ変わったとしても、ここには入れないわ〜〜。

 

しかも数学の試験は、延々午前中いっぱいかかります。
受験生は大変ですが、試験官も部屋から出られず、誰もが消耗戦。
入試って大変〜。
体力のあるうちに済ませておいてよかった。


今回の頑張りが、残念ながら実を結ばなかった人は、お先真っ暗な気持ちになってしまうでしょうけれど、長い人生、それは大して大きなことでもないんですよね。

 

TDK 電気と磁気の?(はてな)館 

 

それに人生、どうなっていくかもわかりません。

いまだにフレミングの「左手の法則」と「右手の法則」の違いが分かっていない私ですが、訪問先の隣に気になる強磁場の謎部屋があるっていうのは、きっと神様のいたずらでしょう。

 

 

大学入試が終わったら、卒業と入学の桜のシーズンがやってきます。
死にそうなゾンビたちもみんな人間に戻って、それぞれに忘れられない春を迎えられますように。

| seasonal event | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/3495
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top