ホームパーティ

 

お友達のホームパーティに呼んでもらいました。
といっても、初めは場所を借り切って行う予定だった、本格的なパーティ。
前にレストランを運営していたプロの腕前を持つ友人2人が、おもてなししてくれます。

 

大きなマンションまでたどり着き、スマホで部屋番号を確認しようと、バッグの中をゴソゴソ探していたところに、男女二人連れが通り掛かりました。
住人の方かと思いましたが、その2人が部屋番号をプッシュすると「今開けますね」という声が聞こえました。
ん?ということは、誰かのおうちに行くんですね。

 

違うかもしれないけれど、もしかして行き先は同じ。。。?
ガーッと入口のドアが開き、2人は中に入ります。
そのドアが閉まる前に、後ろ姿に向かって「すみませーん」と呼びかけました。

 

「もしかして、スミヨさんのパーティに?」
呼び止められた2人は驚いたように立ち止まってこちらを見ましたが、私の問いかけに「そうです」とうなずきました。
「私もなんです〜。ご一緒させてください〜」
ほっとして、自分も入口を通りました。
よかった!

 

一緒に乗ったエレベーターの中で、ご挨拶しました。
集まった人たちは、アマチュア・オーケストラ仲間。そこに私がジョインした形になります。
スミヨさん宅には、美しい食べ物がずらりと並んで、私達を迎えてくれました。

 

 

 

 

 

う〜ん、美しい!プロ並み!(プロです)
見た目もうっとりですし、なにを食べてもすご〜くおいしくて、止まりません。

 

 

 


外はぽかぽかのいい気候。

みんなとの会話もとても味があって和やか。

すべてが夢のようなホームパーティでした。

 

 

料理は、言ってしまえば誰でもできます。

でも、プロの人達がアマチュアと違うのは、味や見た目もさることながら、そのクオリティを下げずに、限られた時間にさまざまなメニューを作り出せることなんですね。

 

 

おうちのモフモフわんこと少女。仲良し。

 

みんなの共通話題は音楽やオーケストラ。心地よかったです。
こういうことが、私にとってのクオリティ・オブ・ライフ。
また次回も、よんでもらえますように!

 

| 美味珍味 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/3464
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top