いいフグの日

独立開業した友人の事務所に、昨日お祝いに行ってきました。
パチンコ店のホールスタッフから歴史ある寿司屋の板前になり、さらには難関を突破して司法書士・行政書士となった友人。

ここまで人生を冒険している人、そうそういませんよね。
この人のことを考えるたびに、私はなんて穏やかな(言い方を変えれば、なんて何もない)人生を送っているんだろうと考えてしまいます。どちらがいいのかはわかりませんが。

 

 

新しい事務所は、隙のないきちんとしたオフィスなんだろうなと緊張していきました。
ところが、通された部屋は、なにか雰囲気が違います。

 

パーティションに貼られていたポスターには

『11月29日はいいフグの日』

と書かれていました。

 

 

「へぇ、そうなんだー」
「そう、いい肉じゃなくて、いいフグね」
「あれ、ちょうど今日じゃない!」


11.29といったら、いい肉の日というのは日本中の常識。
でも29は肉のほかに、フグとも読めるんですね〜。
気づきませんでした。


ただこのいいフグの日、世間にはほとんど知られていません。
もっとプロモーションしないと、肉には太刀打ちできません。
下関では大盛り上がりなのかしら。
関東ではなかなか食べる機会がないので、この日くらいは、フグが食べやすくなればいいのに。

 

じゃなくって!!
ここは司法書士・行政書士事務所。
なのに、貼られているのはこのポスターでいいのでしょうか?
3パターンも貼ってありますよ。

 

 

これだと、やってきたクライアントが「あれ、ここになにしに来たんだっけ?」と悩んでしまいそう。
まあ、その時にはパーティションを移動するんでしょうけれど。(そう信じたい)

 

この友人、単にフグが好きだからというわけではありません。

ふぐ調理師の資格を持っていて、ふぐ協会の理事でもあるんです。
それでこのポスターがあるというわけです。
フグをさばき、法でさばくなんて(これは言い過ぎ)、大岡越前もびっくりの幅の広さ。
つくづく濃い人生を送っていますね。

 

そんなわけで、身体がいくつあっても足りないほど多忙な友人に代わり、ワタクシがふぐ協会に、もっとフグのプロモーションに務めたほうがいいと提案します。
フグのゆるキャラを作るとか、twitterを動かすとかね。

 

フグのことを思い出してしまった以上、あのプリプリの白身を食べたくてたまらなくなりました。

でも、そう簡単には手にも口にも入りません。

調理師の友だって、目の前にフグがないと捌いてくれないわけで、結局この日は(鴨南蛮ならぬ)肉南蛮そばを食べました。
やっぱり、いい肉の日になっちゃいました〜。王道ですね、はい。

 

友人の忙しさが一段落したら、フグをさばいてもらいたいなと思っていますが、大胆な変化を恐れないこの人の場合、またいつどう変わっていくのか予測がつかず、気が抜けません。

なにかいいアドバイスがもらえるかなと思いましたが、「風邪防止には鼻うがいがいい」ということくらいでした。
鼻うがい…どうも勇気がなくて〜。
私も友人をちょっとは見習って、苔むした石にならないようにしようと思いまーす。

ラララ、イイフグ〜♪(あっ、フグソングを作るのもいいかも♪)

| friend | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/3463
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top