星祭とそうめん

50年ぶりの記録的大雨で西日本は大変な被害を受けています。
天災と聞いて連想するのは、地震や火災、火山噴火など。
雨が川を決壊させ、ここまで人の命を脅かすほどの猛威を振るうとは。
救助が行き届き、ライフラインが復旧し、被害にあった方々が少しでも早く落ち着いた生活に戻れるよう、祈るばかりです。

 

大雨被害のほかにも、ここのところ、重苦しく救いようのない事件が立て続いており、心ふさがれます。

そんな時の神頼みということで、神社に行ってきました。
師岡熊野神社では、七夕の時期に星祭を行っています。

 

 

境内は人でびっしり。短冊がついた笹があちこちに飾られています。

 


行った時には浴衣の女の子たちが琴の演奏をしていました。

 


茅野輪もまだありますが、人が多すぎてとても回れません。

 

 

屋台も出て、夏祭りのにぎやかさでした。

 

ここの神社の社紋はヤタガラス。日産スタジアムにも近く、サッカー神社としても知られています。
今回のワールドカップでも、大勢のサッカーファンが参拝に訪れたことでしょう。

 

神頼みをして少しスッキリ。
今回の大雨で多くの川が決壊し、七夕どころではなくなりましたが、関東以北では晴れた夜になったので、織姫と彦星は天の川を超えて会えたことでしょう。
地上にもいいことがありますように。

 

ところで、7月7日は七夕のほかに何の日か、ご存知ですか?
知人のソーメン二郎さんに「7月7日はそうめんの日」と教えてもらいました。
かつて、宮中でこの日にそうめんを食べていたそうです。(へ〜)
また、きのこ博士の江口文陽先生には「7月7日は乾しいたけの日」と教えてもらいました。

「星」と「乾し」がどちらも「ほし」と読むからだそうです。(え〜)

 

どっちもWikipediaには書かれていませんが、専門家が言うので間違いありません。
そこで、この日のお昼はそうめんにしました。
七夕っぽく、キュウリとみかんも浮かべてみました。

 


(乾しいたけは入れませんでした…博士、ごめんなさい!)
暑くなってくるこれからの季節、かなり主食に近くなります。
平安時代より、健康を願って食べたというこの日のそうめん。

被災した皆さんの無事を祈ります。
 

| seasonal event | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/3443
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top