リヴァイ椅子

リヴァイ椅子、見てきました!
といっても、“リヴァイ兵長の椅子”なるものをご存知の方は、かなり少ないのではないかと思います。

 

マンガ『進撃の巨人』の作中キャラクターで一番人気のリヴァイ兵長。
椅子とはなにか、順を追って、説明します。

 

 2014年7月
少年漫画なのに、なぜかちょいちょい女性誌『FRaU』に採り上げられることが多い『進撃の巨人』。
『FRaU』2014年8月号の表紙は、椅子に座ってマンガを読むリヴァイ兵長でした。

(すごいなあ、進撃ってそんなに女性に人気あるのかな?)と思いながらも、(でも兵長は赤は選ばんだろう!)と内心ツッコミました。

 

 

足元に積まれた本は、池井戸潤『ロスジェネの逆襲』、吉田修一『悪人』吉田修一『愛に乱暴』など。
兵長、そういうラインアップの本を読むのね〜。

 

◆2018年3月
『FRaU』の表紙を飾った“リヴァイ兵長の椅子”が、実物化してアニメジャパン2018(3.22〜25 @東京ビッグサイト)に登場。

 

(えっ、本当に作っちゃったの!?)とビックリ。

なんでも作者の諫山創さんが特注したものだとか。

(でも兵長は赤は...[以下省略])

 

 2018年4月
そごう横浜店で“リヴァイ兵長の椅子”が期間限定展示(4/18〜4/22)。
なんと、「例の椅子」がかなり近くまでやってきました。
「現物を見れる数少ないチャンスなのでぜひお越しください!」ということです。
見に行かねば!!!

 

 

行ってきましたよ!
ほんとにあった〜!
数人の人たちが取り囲んでいました。
中には座って感触を確かめている人もいましたが、一人で行った私は、さすがにみんなが見ている中、単身で座る勇気はありませんでした。

 

 

ちなみにこの椅子、実際に商品化されています。
セブンネットショッピングで注文できるとのこと。価格は29万9999円ナリ。
つまり30万円。高い!ゼロが多いわ!
座った人の様子は、確かに快適そうでしたが。

 

注意書きに「リヴァイ兵長はついてきません」とあります。
ついてきたら、この値段でも驚きませんわ。

 

前にFRAUで紹介された時から、たった一人の進撃仲間とネタにしていた椅子を、まさか実際に観ることになろうとは。
でもやっぱり兵長は赤じゃないと思うんですよね〜。(くどい)
浜っ子だったら、元町ダニエルの大きな赤い椅子を連想すると思います。

 

 

そのあと、友人との待ち合わせで、横浜駅に向かいました。
友人と一緒に椅子を見に行ったら、座れたかなとも思いましたが、進撃の友は少ないので「なにさせんねん」と嫌がられないように(!)やめておきました。

 

 

駅構内のコンコースには、小さな赤い靴の少女像があり、そこで友を待ちます。
少女の首に、白い花輪がかかっていることに気がつきました。
 

 


かわいい。だれかがかけたんでしょう。
心なしか、嬉しそうな表情をしているようでした。

人を待つ時には、ニコニコしていたいですね(^^)
| diary | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/3416
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top