清水のお国じまん

先日、東京国際フォーラムで研究会がありました。

会場で所沢の大学の先生に会うと、
「遠かったけど、ここまで一本で座って来れたので楽だった」と言われました。
「ご出身も所沢ですか?」と聞いたところ
「違うよ、出身は静岡」とのこと。
もと静岡人の私、さらに聞いてみました。
「静岡のどちらですか?」
「ん?清水」
「そうですか」
一気に嬉しくなります。
「私も子供の頃、少し清水に住んでいたんです」
「えっ、そうなの?」
そこから先はもう、地元ネタに突入です。

「清水のどこ?」

「大内」「大内観音ね。うちは渋川だよ」
「平川地一丁目(兄弟デュオ)の平川地の近くですね」
「そうそう。よく知ってるね」

「私は高部小でした」「うちは入江小」

「それから第六中へ」「六中か。八中だったよ」

「春風亭昇太が先輩です!」「おお!」

「もちろんエスパルスファンだよね?さあ行こう、オレンジ戦士〜♪」

「好きですけど、ちゃっきり節しか歌えませーん」

でも、清水の民には、悲しい共有体験があるのです。

清水市から静岡市清水区になったというつらい過去が!

話題移って、しんみりする私たち。

「まさか市から区になるなんてね〜」
「静岡はライバルだったのに、取り込まれちゃうなんて」

「清水人と静岡人は気質が違うよ。次郎長親分が許さねえ!」

私が清水にいたのは2年間だけでしたが、今でも好きな所です。

「お茶も魚もフルーツも美味しいですよね」
「暖かくてめったに雪も降らないし。所沢は寒いったら」


一日がかりの研究会が終わったのは夕方。

帰りには有楽町、東京、日比谷と、いろいろな駅に参加者は散っていきます。
帰り際、その先生が「清水に行くにはあっちだよ」と東京駅を指さしました。

「わあ、こう寒いと行きたくなる〜」

2人でまたひとしきり盛り上がって、お別れしました。

地元話って、いいですね〜。
今は東照宮の麓で、久能山の石垣イチゴが真っ赤に熟れている頃。
あ〜、食べに行きたいな〜。
| Other spot | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/3397
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top