ミライさんとエルメス

久しぶりに、夜の銀座を歩いた時のこと。
JR有楽町駅で降りると、ホームは改修工事中で、ほろが貼られていました。
出口がよくわからなくなり、矢印に沿って歩いて行くと、壁にポスターが貼られていました。

あっ、ミライさん!

 

そういえば目下、JRの駅でガンダムのスタンプラリーをやっているんでしたっけ。
JRの夏の風物詩といったら、ポケモン巡りに燃えてホームをダッシュする子供たちですが、いよいよ大人もターゲットにするようになったんですね。

ミライさんのことは小学生の頃から知っていましたが、名字は初めて知りました!
日本人ルーツだったんですね?

ヤシマといったら、エヴァンゲリオンのヤシマ作戦じゃないですか。

我慢するのも勇気!(なの?難しくてよくわかんない)
そう励まされながら、改札口までたどり着きました。

 

外に出てみると銀座は夜のネオンの町。
昔からある交通会館が、キラキラになっているのに驚きました。
なんだか外国の遊園地みたい!


でもよく見ると、電飾は秋田のなまはげじゃないですか。
ほかの柄も、よーく見ると、沖縄のシーサーに日本武道館、札幌の時計台。
ちっとも外国じゃなかったわ、ジャパーン!

数寄屋橋交差点では、これまでそびえていたソニービルが、溶けかかったアイスのように小さくなっていたのに驚きました。
ああ、aiboのおうちが(?)。

建て替え閉館のニュースは知っていましたが、銀座のランドマークのようなあのビルがなくなってしまうとやっぱりさびしいです。

その左奥にあるエルメスビルが煌々と輝いていました。
今でこそ目立って見えますが、ソニービルの陰になっていた時からガラス張りの華やかな外観だったんですよね。
なんだか老舗の余裕を感じます。

 

「あ、ビルの上に馬に乗った銅像がある」と、目のいい連れが言いました。
「なんか持ってるね。国旗かな?」
下から見上げてもわからなかったので、あとで調べてみたら、それはスカーフだと知りました。
なるほど、エルメスですからね!

「あの上まで登ったら、エルメスのスカーフをゲットできる・・・フフフ」
「でも、雨風を受けてボロボロになってるんじゃない?」

 

実はそのスカーフは、季節ごとに変えられているそうです。
地上からだと、汚れどころか柄さえも全く分からないのに、そこはポリシーなのでしょう。

 

そういえば、パリのエルメスの建物の上にも、馬に乗った騎士像が立っていたことを思い出しました。
パリの方は道を歩いていると視界に入って目立ちますが、銀座は高層ビルなので、気が付かない人が多そう。
人の見えないところでするおしゃれこそが本物だと、改めて感じました。
いつの時代でも、銀座はゆとり漂う町。大人な気分になれるわ〜。

といいながら、庶民な新橋まで歩いて帰ったのでした。

ちなみに新橋駅はハロ。

もうすぐ登場するAIハロ、早く見てみたいでーす。

| Tokyo spot | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/3393
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top