ドリームチョコとブタとネコ

先日、友人とお茶していたら、その子が微妙な顔で「これ見て」となにやら平たい箱を取り出しました。

箱を開けると、中には丸いカラフルな碁石のようなものがぎっしり。

 

 

「きれいだけど、それはなに?」
見ただけでは、どんな食べ物なのか、わかりません。
「これ、チョコみたいなんだ」
「ふうん、チョコ」
そう言われて見直しても、チョコっぽくないため、あんまりピンときません。

 

「それでね、この箱が」
彼女が箱をかぶせると、アニメ風イラストが描いてありました。

 

 

「これはなに?」
やっぱり同じ質問をします。
「テニスの王子さまだって」

 

へえ〜、これが、世にテニプリといわれる、あれですか。
そう言われて見直しても、もともと知らないのでまったくピンときません。

 

「テニスの格好してないと、わからないね〜」
まあ彼らだって、いつでもテニスウェアを着てるわけではないのでしょうけれど。

「誰が王子さまなんだろうねー」

「みんなかなー?」

「じゃあ、王子さまたちになるんじゃないの?」

2人とも詳しくないので、話は進みません。

 

箱には、バレンタインデー2017と書いてありました。
その時期はとっくに過ぎ去り、今は夏。
んー、どういうことかな?

 

「実家から送られてきた荷物に入ってて。親が、シーズン落ち商品だからってどこかからもらったみたい」
なるほど。

 

バレンタインチョコといっても、これはあきらかに、購買対象者は女性ですよね。
友チョコか、自分チョコか。
これをもらった男の人は、くれた女性とラブが芽生えるのでしょうか?
う〜ん。

 

いろいろわからないことだらけですが、それは友人も同じ。
「扱いに困って、とりあえずテニプリマニアの子に話したら、前のめりで"すぐに欲しい!"と言われて、夜ご飯をゴチしてもらうことになったんだ」

 

「ディナーと交換になってよかったね」と話したら、
「ねー。こう見えて(?)、これ3000円くらいするんだって」
わー、結構なお値段なんですね〜。

 

 

「こういうのは、好きな人の手元に行くのが一番いいよね」
「私たちにとっては"ネコに小判""ブタに真珠"ってことねー」
ネコやブタの立場になってみると、たしかに真珠も小判も、このチョコだって、価値がわかりませーん(笑)!

 

ちなみにこれ、大きなマーブルチョコだそう。
食用以上に鑑賞用に作られた、ドリームいっぱいのチョコレートボックスでした。

| goods | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/3352
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top