フローレンス・フローレンス

最近「獺祭」というお酒があることを知ったところですが、今年のひな祭りには「雛祭」がみんな「獺祭」に見えてしまって困りました。
そのお酒、飲んだことがないのに、名前のインパクトが強すぎ…。

 

獺ってカワウソのことなんですね。
なんか獺祭と聞くと、イオマンテを連想します。
するとヨイトマケも連想します。
すると、ハスカップのロールケーキ「よいとまけ」を思い出すので、まあひな祭りに近づいてきているかしら?(んなこたぁない)

 

話題は変わって、昨日、職場で香港とネット会議をした時のことです。
相手が「来週はフローレンスに出張です」と言いました。
終了後、スタッフAが「フローレンスってどこでしょうか」と言い、ボスに「フィレンツェだよ」と教えられて「そうなんだ!」と驚いていました。

 

目からウロコ状態のAをしり目に、私は「フローレンスといったら、ジョイナーですよね」と言いました。
フローレンス・ジョイナー。美しく強いスプリンターだったなあ。
ところが、懐かしさにひたっていたのは私だけで、ボスをはじめとしたスタッフはみんな、「わー、力が抜ける〜」「殺傷能力高いわ〜」と、脱力していました。

 

「ジョイナー、殺傷能力高いんですね」と言うと
「いや、君だよ」「殺られた感高いわ」との反応。
真面目に言っているのに〜。

 

ここで黙ったら殺虫剤扱いをされたままなので、さらに話を続けます。
「あとフローレンスといったら、ナイチンゲールですね」

 

みんな、口を開けてこちらを見ています。
「ナイチンゲールって、ほかに名前あるんだ!」

 

今度は私が脱力する番です。いったい彼女をなんだと思っているんでしょう。
「彼女を、周りが"ナイチンゲール(小夜啼鳥)"と呼んでいたのかと思った」

 

なるほど、通り名だと思っていたんですね。いやそれなら"戦場の天使"でしょう。
「違いますよ、ナイチンゲールは苗字、ファミリーネームです」
「そんな名前、あるんだねー」「しかしフローレンスだってよく知ってるねー」
ここで胸を張る私。
「子供の頃に読んだ彼女の伝記に、"彼女の両親がフィレンツェに旅行した時に、町の美しさに惹かれて、産まれた娘をフローレンスと名付けた"って書いてあったんです」

 

 

思えば私、フィレンツェがどこのどんな街かを知らない小さい頃から、フィレンツェ=フローレンスだとわかっていたんだわ。

 

ボスに「偉人の伝記って読んだことないんだよね。なにか人生のためになったことってある?」と聞かれました。
思わぬ質問に、一瞬考えます。
「ええと、桜の木が意外と切りやすいってこと」
とっさにそう答えたら、爆笑されました。

 

ここまで話が広がるなんて。
フローレンス、い〜い名前です。(太田胃散風に)

| person | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/3323
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    新卒採用2018 | GMOペパボ株式会社
    page top