友と猪木とミル・マスカラス

今回も、友人の話をしようと思います。

ミキータちゃんは、スペイン語がぺらぺら。

イギリスとメキシコに留学し、ウルグアイやスペインで働き(ホンジュラスも?)、今またメキシコにいます。

前に、キューバをサルサを踊りながら一緒に旅するプランも立てていました。(私は踊れないのに)

その時は私が行けなくなりましたが、のんびりしているようで大胆で、日本の枠にとらわれない彼女とは、ずっと不思議なつながりがありました。

思えばmixiもfacebookも、海外にいる彼女からのお誘いで始めたなあ。

 

そんな彼女が、先日SNSに2ショットの写真を載せました。

お隣にいるのは、なんとミル・マスカラス!!

すご〜い!

 

 

私がミル・マスカラスのことを知ったのは、中学のブラスバンド部で「スカイ・ハイ」の楽譜を渡された時です。

みんな「ミル・マスカラス!」と騒ぎ出しましたが、なぜスカイ・ハイがミラ・マスカラスになるのか、さっぱりわけがわかりませんでした。

「ミル・マスカラスが登場する時に必ず流れる曲なんだよ」

「ミル・マスカラスって、だれ?」

「プロレスラー」

 

プロレスラーが、一人ひとりダースベイダーのようにテーマソングを持っていることにびっくり。

ミル・マスカラスがメキシコ人だと知って、また驚きました。

プロレスラーって日本人だけじゃないのね。

ミルさんなのに、マスカラなのに、女の人じゃないなんて。

でもスカイ・ハイはかっこいいメロディなので、見たことがない彼のこともそれだけでなんだか好きでした。

 

初めて見るミル氏は、オペラ座の怪人もビックリの青いマスク姿でした。

ミキータちゃん、すごいなあ。

 

彼女はただものではないのです。もっと強烈な思い出があります。

彼女が帰国した時に、恵比寿のサルサバーに一緒に行きました。

壁いっぱいにかかったプロジェクターには、オルケスタ・デル・ソルのライブが流れており、ラテンムード一色。

店内ではサルサを踊っている人もいます。

少し奥まったところに半個室っぽいテーブルがあり、そこになんと、アントニオ猪木がいました。

 

プロレスに疎い私でさえ知っている猪木。本物を見て、びっくりしました。

(座っていても大きいなあ)と思っていると、横にいたミキータちゃんがつかつかと彼のところへと向かっていきました。

(えっ!?)と呆気にとられて見ていると、彼女は、猪木に

「一緒に踊りませんか?」と言いました。

 

友が猪木をナンパした〜!?

 

ビックリです。自分のつましい人生の中に、そんな驚きの時が訪れるなんて思いもしませんでした。

 

完全に固まった私の目に、猪木が何かを彼女に話し、ミキータちゃんがおとなしく戻ってくるのが見えました。

ぎくしゃくと半個室から離れ、自分たちの席に座ったところで、ようやく声が出ました。

「どうなったの?」

彼女は少し残念そうに「今打ち合わせ中だから、って断られちゃった」と言いました。
いや〜、前々からただものではないと思っていましたが、ここまで大物だったとは・・・。


今回のミル氏との2ショットを見て、猪木との武勇伝を思い出した私。

「ミルさんは、威圧オーラ、全然なかったよ。マスクの下は優しそうな綺麗な青い瞳で、抱きつきたくなる、ふんわりオーラだった」という彼女。

仮面の王者に抱きついても、あなたなら驚きませんわ。

 

ところがミキータちゃん、猪木に声をかけたことを、全然覚えていなかったのです。

あんなすごい体験、なぜ忘れられるのー?

「猪木に会ったことは覚えてる?」

「どこかで見かけたことあるような気がするけど、話しかけたことないよ〜」

「ボデギータで。忘れちゃったの?」

「昔の話でしょ?覚えてな〜い。猪木がボデギータにいた????」

 

 

こんなサプライジングな出来事、百年たったって忘れませんって!

あの猪木と会ったことさえ、スコーンと忘れてしまっている彼女。

私にはあまりにも普通じゃない出来事も、彼女にとってはよくあること?

ますます大物だと感じました!

 

ミキータちゃん、これを読んで、その時のことを思い出さないかしら。

私の説明が、彼女の記憶力を呼び起こせるか?

思い出してくれたら、はずみがついて、物語の一つも書いちゃおうかな。

 

スカイ・ハイのメロディは今でも好きで、時々カラオケで歌っています。

実は切ない歌詞なんですよ。

でも失恋ソングを喜んで歌っているようでは、まだまだですね。

彼女のまぶしい度胸を、見習いたいなあと思います。少しでいいから・・・。

| friend | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/3306
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top