生没同日、星の夜

高知を旅行中の友人から、連絡をもらいました。
「こちらでは坂本竜馬のアピールがすごすぎるね」と、ちょっと引いているようでした。

 

そこで返事を書きました。
「今日は坂本竜馬の誕生日と命日なので、高知は普段よりフィーバー(死語)しているのかも。大目に見てあげて〜」
生きていたら、彼は181歳になったそうですよ。

 

 

特に竜馬ファンではありませんが、たまたま先週末に会った人が「坂本竜馬と同じ11月15日生まれ」と教えてくれたので、覚えていたのです。

 

竜馬の誕生日と命日は、奇しくも同じ日。
そういう人のことを「生没同日」っていうそうです。
よっぽど珍しいだろうと思いましたが、Wikipediaで引いてみると、ラファエロ、加藤清正、小津安二郎、イングリッド・バーグマンをはじめとして大勢の人がいてびっくり。
生没同日にはなりやすいらしく、1/365以上の確率があるそうな。
その日めがけて自殺をしているわけじゃないのに、不思議なものですね。

 

ちなみにデヴィッド・ボウイは、1月8日生まれで、亡くなったのは今年の1月10日。
うーん、惜しい!(ん?)

 

ほかに11月15日生まれの人を調べてみました。

天王星を発見した、ウィリアム・ハーシェル。
欧州の人なのに、なぜかコートジボアール共和国の切手になっています。

 

 

それから150年くらい後の同じ日には、冥王星の和訳名を命名した野尻抱影が生まれています。
宇宙的な繋がりを感じます。

 

 


私は、若田光一宇宙飛行士と同じ誕生日。
山崎直子宇宙飛行士の宇宙アサガオの種を、今年も収穫できました。

 

昨晩14日から15日にかけて、68年ぶりの大きなスーパームーンが地球に接近しました。

青森の親戚はお月見を満喫したそうですが、東京は雨で見られずに残念。
でもまあ、十五夜よりも十六夜の方が風流ですからね!(まけおしみ)


秋から冬にかけて、日に日に冷え込んでくるこの時期。

どんどん星のきれいな夜になっていく、これからの季節です。
 

| person | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/3303
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top