なまはげ降臨クッキー
前回の話の続きになりますが、家に遊びに来てくれたクミコさんから「秋田に行ってきたから」とお土産をいただきました。
一つは、秋田比内地鶏のプリンラスク。
わあ、味が濃くておいしそーう。比内地鶏、好きなんです〜。


もう一つは、なまはげ降臨クッキー。
なまはげって降臨するんだー。
邪気の抜けたゆるいイラストで、これなら怖くありません。
「子供の頃だったら、なまはげが怖くて生きていられなかったかもしれないから、秋田で生まれたんじゃなくてよかったわ」とクミコさん。

わかります。私も幼稚園の時に、親戚一同で男鹿半島に旅行した時、青い顔や赤い顔をしたおそろしい鬼が、ウォーウォーと叫びながらすぐそばで凶器をふりかざしているのに、親もおじもおばもみんな平気な顔をしているので、ショックを受けたものです。
「みんな、見えてる?聴こえてる?鬼が殺そうとしているのよ!」と。
ああ、あの時の孤独感。

なるべく彼らに見つからないよう、遠巻きにしてビクビクすごしていたのに、集合写真を撮ろうと親戚一同が集まった中にも、ちゃっかりなまはげがいて、(ギャ〜!)と失神しそうでした。
今思えば「なまはげと一緒に記念写真」と、彼らがメインだったんでしょう。

親もたねあかししてくれればいいのに、「なまはげは怖いもの」と思わせておきたかったんでしょうか。そのせいで、今でもプチトラウマのままです。
だって今見ても怖いんですもの。まあ怖くてナンボの方々ですが。

でもこのクッキーなら大丈夫。イエティ(雪男)のようにも見えます。
「中を開けてみて」と言われて、開封しました。
そうしたら、箱にはなまはげの顔がずらり。
「わ、なにこれー!」

角がなくて、真ん丸クッキーになっていました。
角は再現できなかったのかもしれませんが、全く怖くありません。
よーく見れば、口元に牙らしきものはありますが、説明しないとそうとはわからないでしょう。
もはやなまはげとは程遠いものになっていました。

たくさん笑ってから、「この愉快な気持ちを周りにも伝えよう」と、ほかの友人にも配りました。
クッキーを渡して「これなんだと思う?」と聞くと、みんな首をひねって考えます。

「ラッコ?」「おじさん?」「降臨って書いてある。なにこれ」
なまはげだというと、みんな「エ〜」と信じられない様子。
ですよねー。

まさか、なまはげの絵で脱力する日が来るとは思いませんでした。
これでトラウマ解消!男鹿半島にも、幼稚園時代ぶりにまた行ってみたいなあ。

箱の裏側には「なまはげは山の神々の使者」と書かれてありました。
日曜日よりの使者みたいですね。ラララ〜ラ♪
| 美味珍味 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/3261
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top