高校の地学の授業
熊本で起こった大きな地震。
阿蘇山の噴火ばかり気にしていて、まさか地震になるとはと、驚いた人も多いでしょう。

熊本の友人は、ライフラインが停まって、避難所暮らしをしているとのこと。
ひっきりなしに強い余震が続くので気になりますが、それでも(彼女ならきっと乗り切ってくれるだろう)と強い信頼をもっています。

友人とは、高校が一緒。違うクラスながら、理科の選択教科の時間が一緒でした。
母校では理科は「物理・化学・生物・地学」から一つ選べて、私たちは地学クラスだったのです。
なんとなくカラーがあって、
  物理・バリバリ理系。言ってることが専門的(よくわからない)
  化学・ほどよく理系。数学の答えを教えてもらえる人たち
  生物・文系多し。理系苦手。女子が多くて華やか
  地学・その他雑多
という、かなり吹き溜まりっぽい地学でした。
地学を受験科目にしていない大学もあり、「使えない教科」扱いされていたように思います。

星が好きな私は、天体を学ぼうと前向きに選びましたが、ほかの教科が嫌だからこれにしたという消去法の子も多く、とりとめのないメンバーでした。

理科の時間になってびっくり。
肝心の地学の先生がきません。
先生は、その時地球に接近中だった彗星の観測のため、オーストラリアに長期出張中で、GW過ぎまでやってこなかったんです。
フリーダムすぎー!
その間、ほかの先生が来るわけでもなく(本当にフリーダム)、しばらく自習という名の放置状態が続きました。
そうしてみんなの団結力が固まった頃に、先生が登場しました。

マキちゃんと言われる先生は、かわいい名に反してかなり強烈な外見の男性でした。
それでも、彗星を追っかけて南半球まで行くほどの情熱で、私たちに熱く地学を教えてくれ、さほど興味がなかった子も、気がつけばかなり詳しくなっていました。

天体よりも地質の方が専門の先生で、私としては当てが外れてがっかりでしたが、「石ころを眺めているだけ幸せ」という人間がこの世にいることを、初めて知りました。

三浦半島の断層の観察や、流れ星の観測といったフィールドワークにも連れて行ってくれました。
彼の指導のもと、どれだけ断層のスケッチをしたことか。明らかに少女マンガよりも断層ばっかり描いていました(笑)。

地震についてもかなり詳しく学びました。
プレートテクトニクスやフォッサマグナ、活断層、古断層、逆断層、正断層、横ずれ断層など。(やけに断層について学んだような)
富士山火山噴火についても(いつかくるかも)という恐怖と共に学んだためか、しっかり覚えています。
Bernalwood
大きくなってから、この時の知識がこんなに役立つとは思いませんでした。
もちろん、習ったのは高校レベルの内容ですし、今からでも本やニュースなどからきちんと知識はつきますが、十代の頃に丸ごと覚えたことって、刻まれ度が違うような気がします。

地学つながりの友人と会うと、今でもマキちゃんの話になります。
ブキミがりながらもその熱心さに引かれていた私たちは、結局マキちゃん先生のことが大好きでした。
彼と同じ大学に入って同じ地学を専攻し、教師の道に進んだ友人もいました。
つまり私たちは、彼の情熱を受けた「マキちゃんチルドレン」なのです。

熊本の友人と、散歩中に会話を中断して「あっ、断層」と土肌に駆け寄り、お互い無言で写真を撮りまくったこともあります。
チルドレン同士でないと、ありえませんね。変人扱いされるのがオチですし。
そんな友ですから、きっと今回の震災でも、知識をフル活動させてへこたれないはず。
そう信じています。(さっちゃん、ファイト!)

当のマキちゃんは、今は母校でかなりのポジションにいるとの噂。
あんなにフリーダムだったのに、いい学校だわ(笑)
余震がおちついたら、おそらく熊本に断層の調査に向かうことでしょう。

地震大国日本で、地学の知識はとても大切。必要な情報がたくさん詰まっています。
それでも「理科の選択で地学?なかったなあ」という人が結構いるのも事実。
なぜそんなに陰の存在なのかしら〜。
必須の学問にしてもいいと思うんですが。
地学の選択者が増えたら、それだけ研究者の数が増えて、学問のレベルが上がり、ゆくゆくは地震のメカニズムがもっと解き明かされる日が来るかもしれません。
いつか震災の予知ができて、事前対策をとれるようになれる日がくればいいですね。
チルドレンの一人として、地道に地学のよさを紹介し続けていこうと思いまーす。
| learning | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/3258
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top