マイ・ホウキ
昨年、手作りぼうき職人の仕事を間近で見る機会があり、とても興味をひかれました。
大量機械生産でないほうきっていいなと思いましたが、なかなかのお値段で、簡単には買えません。

それでも、やっぱり欲しいわあ。
ということで、ほうき貯金を始めました。
「ほうきとはたき」(2015.09.24)

知り合った箒職人の手がけるホウキモロコシか、母親が愛用しているしゅろか、どちらにしようかと考え、年を明けて決めました。
棕櫚(しゅろ)にしまーす!

注文したのは、福岡のうきは市にある工房
浮羽棕櫚箒(うきはしゅろぼうき)は、かつては一世を風靡したそうですが、今では保存会が手がけるのみとなっているそうです。

長柄だと25000円。わー、いいお値段。
半柄を頼みましたが、小さな我が家には、十分のサイズでした。
 

お手入れ法が詳しく書かれた紙と、ブラッシング用の棕櫚たわしも同封されてきました。
ん?たわし?
時々たわしでブラッシングし、つばき油をつけて洗ってお手入れするそうです。
髪の毛みたいですね。自分のカツラだと思って大事にしようかな。
職人の箒に込めた愛情が感じられました。

きちんと手入れをすれば、一生使っていけるもの。
そういうほうきが欲しかったんです。
 

掃いてみると、ふわっと気持ちよく、毛先の柔らかさにうっとりします。
撫でるように履いていると、床もつやが出てくるのだとか。
掃除機いらずかも。

作った人の魂を受け取った気分。
これを使うと、満ち足りた気分になります。
優しくなれるというか、毎日を丁寧に生きなくちゃと思えるようになりました。

ルンバもダイソンも人気ですが、私はホウキでいきますよ!
こっそりハリポタごっこもできるしね!
大切に使っていきたいと思います。
| おうち | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/3238
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top