初詣と金の山羊
お正月、近所の氏神様詣でのほかに、ちょっと足を延ばして川崎の夢見ヶ崎に行ってきました。
きれいな地名ですが、最近つくられたキラキラネームではありません。
太田道灌が夢を見たことにちなんだという由来なので、室町時代くらい?
この辺りにお城を建てようとした道灌が、夢のお告げで築城をあきらめたという、地域としては残念な話ですが、城はなくとも美しい地名が生まれました。

夢見ヶ崎はこんもりとした小高い丘陵になっていて、全体が縄文時代の古墳です。
ここにある天照皇大神神社に、お参りしました。
普段は閑散としていますが、さすがにお正月には長い行列ができる人気ぶり。

丘陵のほとんどは、夢見ヶ崎動物公園という名前で、神社の隣には市の動物園があります。
休園中と思いきや、お正月も開いていました。

動物園内に、熊野神社があり、こちらも参拝します。
天照皇大神と熊野神社が、ほぼ同じ敷地内にあるって、珍しくないですか?
さらに、公園の一番高いところには浅間神社があります。もちろん参拝します。

天照皇大神と熊野権現と浅間神を一度にお参りできてしまうなんて、なんてぜいたく!というかお手軽!
いえ、ありがたい場所です。
こちらが園内マップ。紫の○の部分は、明日のお話に〜。

お正月から、ペンギンやレッサーパンダに会えました。
カミツキガメもいました。
でも画像はフラミンゴ〜(笑)。

テンジクネズミも、身を寄せ合ってとってもプリティーでした。
ネズミの世界にも一匹狼がいる・・・

夕方になり、動物園にも西日が射しこんできました。
ふと見ると、光を受けた白い動物が、輝いています。

わあ、これは、キリスト教の絵でよく見る金の羊!
かつてゲントで見たファン・エイクの祭壇画「神の子羊」と重なります。(画像は部分のみ)
なんておめでたいの〜!

でも、よく見ると、それはヤギでした。
残念〜!
金のヤギなんて聞かないし…とがっかりしていたら、目下フランス留学中の友人えめなちゃんが「フランスでは羊年をヤギ年というから、一緒よ!」とフォローしてくれました。

調べてみると、確かにフランスでは未年をAnnée du Mouton(羊)じゃなくてAnnée de la Chèvre(ヤギ)っていうそうです。
知らなかったわ。
まあ、日本語で書いても、山の羊で山羊だしねっ!

こんな風に、あと一歩をどさくさでごまかす一年になりそうな気がしてなりません…。
がんばりたい気持ちはあるんですけど〜。
まあいっか、ゆるくいきましょー。(←ここがいかんのか〜、笑)
| holy place | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/3032
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top