さしみとおでん
週明けの月曜日なのに、職場の人たちと居酒屋へ。
乾杯を済ませて、ワイワイと喋りながら飲み始め、早い人は2杯めのビールも半分ほど飲み終わった頃に、食べ物がやって来ました。
おでんです。
(ん?おでん?誰かが頼んだのかな)と思いました。
分け合う人数に合わせて、おでんはニ皿分、テーブルに並べられました。
なんとなく違和感。
(これ、飲みの時に、最初に頼む食べ物かなあ?)と思ったら、ほかのメンバーも「これ、誰か頼んだー?」と言い始めました。
そうしたら、誰も頼んでいませんでした。

まだ箸をつけてないし、セーフ!ということで、「これ頼んでいません」とお店の人に言って、下げてもらいました。
てっきり、別の席のオーダーと間違えたのだろうと思っていましたが、少しして、お店の人がやってきました。

「先ほどは、うちのモンゴル人の従業員が"五点盛り"を"おでん盛り"と間違えました」

こう言って、お刺身をニ皿、置いていきました。

「五点盛りとおでん盛り・・・」

みんなで口々につぶやきます。

「まあ、そう聞こえないでもない、かな?」

"モンゴル人の従業員"というのが、パンチが強すぎー。
そう言われたら、何も言えませんよね。

そこまで種明かししてくれたお店の気さくさが、なんだかいい感じでした。

あれ、酔っぱらってたから気づかなかったけれど、写真を見ると五点よりも多いような…?
お酒の席では、おでんでも五点でなくても、もう一緒ですね〜(てきとう)。
| 天国耳(Heaven's Ear) | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
酔っていたら気がつかないモンゴル版「空耳アワー」ですな(-^〇^-)
| 山猫は眠らない | 2014/09/09 3:40 PM |
山猫さん

そうそう、酔ってたら、何が出てきてもぜーんぜんオッケーなんですよね〜、モンゴリアン空耳♪
| リカ | 2014/09/10 12:16 AM |
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/2994
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top