今年の夏越の大祓
6月末日は、夏越の大祓。
神社によっては、茅の輪が置かれます。
これを何度もくぐって、半年間の厄祓いをするというのが、この行事。

半年もたてば、重力だけでなく、いろいろなものが肩にのしかかってきますよね。
それを、茅の輪くぐりで、なかったことにしてもらうんです。
(ああ、今年ももう折り返し地点なのね)と足取り重くくぐり始めますが、蜂の八の字ダンスのようにぐるぐる回っているうちに、なんだか楽しくなっています。

茅の輪くぐりをするために、近場の神社にお参りしてきました。
まずはモダンな菊名神社。

今年初めて、茅の輪の横に立て看板が出ていました。
なんでも、くぐりながら唱える和歌があるんだそうです。

 
全部で3回くぐるんですが、そのたびに唱える歌が違うので、覚えていられずにちらちらカンニングしながら通りました。
こんなんでご利益はあるのかしら〜。
 

そして師岡熊野神社。
こちらでいただいた人形(ひとがた)の紙に、自分の厄を移して、お払いしてもらいます。
『千と千尋の神隠し』で、弱った龍のハクを追いかける人形と同じものです。

数多くの神社で茅の輪くぐりをしてきましたが、人形お祓いをしてもらったことがあるのは、鎌倉の鶴岡八幡宮と東京新宿諏訪神社とここのみです。

この神社は、七夕に星祭を行うため、その短冊も一緒にいただきました。
これに願いを書いて奉納すると、境内の笹につるしてもらえます。
星祭というすてきな響きに引かれて、暑くなってきた頃でも長い石段を登って参拝します。

春からの環境の変化や、季節の変わり目で体調を崩しやすい時にあたるため、(この辺で一息ついたら?)という意味もこめられている、この行事。
形式的な行事のようで、実は今なお人の生活に即した合理さを持っているんだなあと思います。
今年もつつがなく茅の輪くぐりができたことだし、年の後半もフットワーク軽くいきましょー!
| holy place | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/2976
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top