NHK「おはよう日本」に映るまで
今日は重陽の節句ですね。
といっても、なにをするでもないんですが。

先週の土曜日、「NHKニュース おはよう日本」に出ました。
「仏教好き女性」の特集です。
これまでもちょこっとTVに映してもらうことはあって、そのたびに(撮影って大変だわ〜)と思っていましたが、今回は名前も紹介され、一番長く放映された分、一番時間がかかりました。

なんだか不思議な流れで、初めは「夕どきネットワーク」のディレクターから友人を通じて連絡があり、インタビューに向けて電話でやりとりをしていましたが、そののち、「団塊世代の人にターゲットを当てる」と方針が変わったらしく、その人からの連絡は途絶えました。
代わりに「おはよう日本」のディレクターから来るようになりました。
「夕どき」には、友人と私で一緒に出るという話でしたが、「おはよう」では、友人は抜けて私だけになり、代わりに私が所属している仏教サークル「丸の内はんにゃ会」の人たちとのシーンが加わることになりました。

めまぐるしく局内で変更が行われているようで、私は連絡があるたびに新たな流れを聞いて、目を白黒させていました。
毎日のように電話があり、1時間スパンでインタビューを受けました。
Dさんは質問しながら番組の構成を練っているようで、千本ノック並みにいろんな角度からの質問を受けました。
自分のことって、会ったこともない人にそうそう話しませんよね。
まるでカウンセリングを受けているような感じ。
それが一週間、毎日続いたので、気持ち的にへとへとになりました。

はんにゃ会の会合シーンを撮影する時に、初めてDさんと顔合わせをしました。
会のメンバーの人達と会ってほっとしましたが、みんなが解散した後に、自分の一人撮りとして外でインタビューを受けました。
原宿駅前でしたが、もう夜も遅く暗い中に、ライトが煌々と輝いて眩しく、尋問部屋で刑事にカンテラを近づけられた気分になりました。

翌日は、新丸の内ビルの高野山カフェでの一人撮りがあり、夕方5時に集合でしたが、当日電話があり「3時にしてください」と言われました。
有給をとっていましたが、ほかの予定もあったため、調整をして会場に向かう途中の集合時間30分前、電話がかかって「やはり4時にしてください」と言われました。
あんまりですよね。(これはひどい)と思いましたが、このDさん、とても人当たりはいいものの、とにかく押しが強くひたすら粘る人だと、これまでのやりとりで重々知っているため、私が根負けしました。


画像は声明撮影シーン。スタッフとキャスターさんを隠し撮りしましたが、TVを見たら、私も隠し撮りされていました。
会場で写経シーンを撮り、声明を聴き、キャスターさんからもインタビューを受けて、これでNHKとのやりとりは終了!


だったはずですが、放映予定日は、実は一週間前で、台風情報とシリア情勢のニュースに押されて、放映されなかったのです。

「翌週に伸びました。でもその分、きちんと編集できるようになりました」と連絡があり、それは局内でという意味だと思っていましたが、翌日以降もまた電話がありました。
「お寺や神社に行っている写真を使いたいのでください」と言われて、あれやこれやと探して送ると、翌日には「職場で働いている写真がほしい」と言われ、「ないです」と言ったら「じゃあ撮って」と言われ、その場撮りするなど。
土曜朝の放映に向けて、編集締め切り時間と思われる金曜日の夕方まで、Dさんからの連絡は続きました。

ほんのちょっとしか流れないと思うのに、撮影がこんなに大変なんて。
でも、放映の話を伝えていた親戚一同が、先週早起きしてTVを見てくれていたそうなので、今度こそ放映してほしいなと思っていました。

そんな経緯を経て、流れた放映
特集全体としては、7分くらいですが、私が出たのは2分あるかないか。
延々とエンドレスに続いたインタビューや質問が、サクッとまとめられていました。
まあ、そんなものでしょう。
(教えた人をTV前に縛り付けずに済む)ということと、(これで緊急のご無体な依頼が来なくなる)という2つで、ホッとしました。

休日の早朝だったので、そんなに気づく人もいないだろうと思っていましたが、数名から「見たよ!!」と連絡をもらい、見ている人はいるものだなあ、さすがはNHK、と思いました。

夜桜見物の時に1度しか言葉を交わしたことがない、目下沖縄旅行中の人からも連絡を頂いたし。
TVの力って、大きいですね。

「夕どき」のDさんからの連絡に始まって、2週間つづいたNHKとのやりとり。
君は恋人かい!とツッコミを入れたくなるほど、「おはよう」のDさんから毎日長い電話やメールがありました。
思ったよりも時間がかかり、通常ペースが狂って、すっかりくたくたになりましたが、それらすべてはDさんの番組作りへの情熱ということでしょう。
生き馬の目を抜くようなTV業界をかいま見られたのは新鮮で、流れた特集はきちんとまとめられており、全て含めて、いい経験になりました。
一瞬ながらも全国放送ジャックができたので、不義理している遠くの親戚への挨拶代わりになって、よかったです。

まあ、今度Dさんとお会いした時には、とりあえずラリアットと投げっぱなしジャーマンをお見舞いしなくては。
嘘ですよDさん!長々とどうもお疲れ様でした。

| cinema・TV | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
こちらでも見たいよ〜!
でももう終わっちゃってるんすよね?
海外のNHKは日本のとちょっと違うプログラムなのですが、おはよう日本は多分リアルタイムだったような。

お疲れさまでした!
(時間すごくいい加減なのよね…つきあいきれん!)

尋問ではカツ丼が出たのかどうか気になります(違)
| ひで | 2013/09/10 1:38 PM |
ひでさん

台湾って、海外でもいろいろと日本に近くて、いいですね。
今度「同じ生年月日仲間」みたいな特集で、一緒に出られたらいいね♪

えー尋問タイムですが、その前にたらふくご飯を食べていたので、カツ丼は出ませんでした。

NHKオンデマンドで見られるかもしれないけど、よくわからなくってー。
| リカ | 2013/09/10 3:54 PM |
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/2843
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top