十二単とアントワネット
いろいろな変わった服を着るのが好きな私。
コスプレといえばそうなのですが、よくある職業用の制服やキャラコスチュームよりも、トラディショナルな民族衣装が好きなので、(ちょっと違うんじゃないかな)と自分では思っています。
(まあ、傍から見ればおんなじですよねー)

外国を旅しながら、どんどん自分の服を捨てていき、代わりにその土地の衣装をトランクに詰めていく、な〜んて旅人になれたら、ステキ!

いろいろな衣装を着てきた中で、ずいぶん長いこと熱い視線を向けてきたもの、それは十二単装束です。
なかなか機会がないし、どうすればいいのかわからずにきましたが、このたびめでたくチャンスに恵まれました。
この際、恥ずかしいなどと言ってはいられません。
幸運の女神に、後ろ髪はないのです!

というわけで、ドキドキの平安官女体験〜。
お着替えだけかと思ったら、きちんとメイクもしてもらいました。
お白粉で真っ白になった顔を鏡で見てびっくり。
雛人形のよう、といえば聞こえはいいですが、バカ殿のように見えなくもない白さ。
やりすぎです。でもこのお白粉顔が十二単には合うんでしょう。

十二単は、着付け師が二人がかりで着せてくれます。
後ろから衣を羽織らせてくれる人と、前で立膝をついて紐を結ぶ人。
この二名の位置が変わることはないそうです。

「肩にズッシリきますからね」と言われていたものの、衣装を見る限りでは特に重さは感じられず、あまりピンと来ていませんでしたが、実際に羽織ってみて体感できました。
お、重い・・・っ!
半端ない重さが両肩にのしかかり、バランスを崩してふらつきます。
地面にめり込みそう。
一気に身動きが取れなくなり、大きな扇子を渡されても、手を伸ばして受け取れません。
腕も自力では簡単には曲げられなくなり、人形のように、なにからなにまで着付け師のお世話になります。


歩くのも大変〜。
十二単とはいっても、実際には衣装を12枚重ね着しているわけではありません。
「多い」という意味を「十二」という数で表現しているそうです。
私が羽織ったのは、正確には十単でした。
それでも、衣装の重さは15キロだとのこと。
身動きとれないし、裾を踏んで転びそう!


古来中国では、女性に纏足を履かせて逃げ出さないようにしていましたが、この十二単も、女性をその場に引きとめるに充分の効力を持っているものだと気付きました。

お雛様のような姫様なら、かしずく人たちがいるのでまだよいでしょうけれど、当時は姫様の身辺の世話をする女官もこうした格好だったんですよね。
自分のことさえできなくなっているのに、こんな装束ではとても人の世話まで見られません。
昔の人は、現代人よりも弱く華奢な骨格だったでしょうに、よく耐えたものです。
改めて、いにしえの人々に敬意を抱きました。


それでも、日本古来の和の色の衣を組み合わせていった十二単は、とても優雅で華麗。
重さを忘れて見とれます。
雅な時代もあったんですね〜。
大満足の体験でした。

その足で、そごう美術館の「マリー・アントワネット物語展」を観に行きました。
観賞記→「マリー・アントワネット物語展」
会場には、当時彼女が着た、舞踏会や外出用のドレスの復元が展示されており、女性たちは誰もが甘いため息をつきながら見入っていました。


時代はかなりずれるものの、日本の姫衣装を着たあとに、フランスの姫ドレスを観るという、プリンセス度の高い一日。


ちなみにこちらは、マリーが流行らせた当時のヘアウィッグ。
すごいですね〜。『軍艦「ベルプル(美しき雌鳥)」のヘアスタイル』という名前がついています。


こちらの簡易版は、会場内で試着できるようになっていました。
何人かの勇気ある人が試していました(画像にも...)が、まだ十二単の余韻に浸っていた私は、こちらをかぶる勇気は出ませんでした!

次は、水干に烏帽子の凛々しい貴公子姿で、蹴鞠をスーパーキックしてみたいな。
(おほほ、冗談ですわよ)

明日から平安絵巻の雅を求めて、京都・奈良へと旅してきます。
(といいながら、いつものようにドタバタになるんでしょうけど・・・)
| fashion | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
子供版の十二単は襟だけが十二単になっていて軽く作られていましたが、それでもナジラは苦しそうでした(笑)


今でもイギリスだったかフランスだったか?忘れましたが(笑)裁判官がヘアウイッグを判決の時に被るのは当時のなごりなんでしょう

| 山猫は眠らない | 2012/11/22 10:17 PM |
山猫さん

なるほど!襟だけだったら重くなーい!
でも重かったんですね。襟のところでしょうか。
日本の重ね着文化は、平安時代の頃からずっと続いてるんだな〜と思いました。

そうそう、法廷で裁判官はクラシカルウィッグをかぶるんですよね。いっぺん見てみたーい!
| リカ | 2012/11/26 9:45 AM |
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/2702
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top