パーソナルカラー診断を受けました
冬になると、ついついグレー系の服を着がちです。
理由は、みんなそういう色の服を着ているから、そして服選びが楽だから。
でも、同じような無難で地味な色ばかり着ていると、しだいに飽きてきて、春になると(明るい色の服が着れる!)と嬉しくなるものです。

先日、アッコさんと色の話になりました。
彼女のやさしい色合いのファッションを、いつもかわいいなあと思っていたら、パーソナルカラー(その人に似合う色の)診断を受けてからだとのこと。
アッコさんのカラーは、スプリング系だそうです。
「雰囲気的にも、絶対もっと明るい色の方が合うと思う!」と、診断を勧められました。
たしかに、ほかの友人との会話でも、ときどき話題に上がっていたパーソナルカラー。
勉強している友人もおり、前々から気になっていたので、いい機会だと、受けてみることにしました。

向かったのは、銀座にあるスタジオエクリュ
明るい光に満ちた部屋で、3名のパーソナルカラリストに囲まれて、診断を受けます。
みなさん、明るい華やかな印象の方々で、(やっぱり合うカラーをご存じだからね)と思います。
簡単なカウンセリングの後、大きな鏡の前に座って、私の外見の印象判断がはじまりました。
自分を、色として見たことがないので、かなりとまどいます。
まずは皮膚から。よく、顔の色と首の色は違う、と言われますが、首でも、場所によって色の違いがあることを知りました。
そう言われてみると、確かに、髪の毛に隠れる耳の後ろ側は、喉元よりも白く感じます。

さらに、瞳の観察に移りました。
黒眼の色を見るだけでなく、黒目の縁の色まで見ます。
私はネイビーブルーなんだそうな。
そして、瞳の中の模様まで見ました。そこまで見たことはないかも。
私の瞳の中は、「くしゅくしゅしている」そうです。
誰もが一緒だと思っていたら、人によってさまざまだとのこと。不思議です。

白目の色は白。(あたりまえでは?)と思いますが、一言で白と言っても、黄色味が強い人など、いろいろのようです。
うーん、厳密ですね。

さらに「目が丸く、高さがある」「目力がある」と言われました。
アイメイクをしたら、ルージュはいらない、グロスのみでよい、とのことです。
それって、浜崎あゆみ風メイクになりますね。

皮膚の色と瞳の総合判断で、私は寒色系だということになりました。
色には、warmとcoolがあり、つまりクール色が合うということです。
色判断は、春夏秋冬と、四季で表現されるとのこと。
warmは春と秋で、coolは夏と冬。

それから、色合わせが始まります。
どんどんいろいろな色の布をあてて、顔との相性を見ていきます。
warmは黄みがかった色で、coolは青みがかった色。
たしかに、我ながら黄色よりは青っぽい方が合うなあとは思っていました。

「黒い服って着ないよね」とはよく言われますが、前に、オトメンの友人に「黄色い服を着てるの、見たことない」と言われて、ぐっと詰まったことがありました。
持っていても、なんだか肌がくすんで見えるようで落ち着かず、なかなか着ようとは思わないのです。
逆に、水色や薄ピンクの服は着ていて楽だし、肌の調子がよく見えて、ついついそればっかり着倒しています。

どんどん、当てる色の見極めが細かくなっていきました。
たくさんの色を見過ぎて、私にはもうよくわからなくなっていますが、さすが専門家は、きちんと合う合わないをチェックしていきます。
なんでも、瞳の輝きが色で違うんだそうです。
ロマンチックな表現だわ。

数限りないカラフルな色をあわせて、最終的に診断された私のパーソナルカラーは、「サマー」でした。(リンクはカラーラウンジCololouのサマーカラーの説明)
瞳の輪郭がネイビーブルーなのと、白目が白い点は「ウィンター」属性だそうですが、見た目だけでなく、雰囲気も診断に大きく関わるとのこと。
「話し方がほわっとしてるから」と、口々に何度も言われました。
ほわっとしてる?ぽやんとはしてるかも。


サマーと聞いて(山本寛斎みたいな原色?ムリ〜)とくらっとしましたが、そうではなく、夏の眩しい日差しに反射した、淡いソフトな、少し淋しげなパステルカラーやニュアンスのある中間色を指すそうです。
好きな色と似合う色は違うと言われますが、原色は好みじゃないのでホッとしました。
夏生まれだし、薄パステルのサマーカラーでちょうどよかったわー。

先生には「サマーだとしっくり合いすぎて、つまらないかもしれないから、ウィンターカラーにしてみると、ぐっとモダンになるわよ」と言われましたが、ウィンターは黒基調のモノトーンベースになるとのこと。
いえいえ、そんな上級者コースは、ひよっこには無理でございます〜。

というわけで、晴れて診断は終了しました。
それからは、色に気持ちが行くようになって、(この色には黄色が入っているから向いてないな)(これは白や青が入っているから合いそう)と思えるようになりました。
黄色は全部NGというわけではなく、山吹色やからし色ではない、レモンイエローならOKのようです。
紫色では、黄味の強い、赤紫っぽい「京紫」よりは、青味の強い「江戸紫」が肌が映える感じ。
私も助六色の方が好きなので、よかったです。

これから、春のファッションに生かせそうですし、お買いものの時にも、うっかり似合わない色を買って失敗することが減りそうです。
春が来るのが楽しみー。
目の色の奥までのぞいてみるところが、外国発の診断法だなあと感じました。

そんなわけで、服やバッグをプレゼントして下さる時には、ぜひサマーカラーをよろしくね〜!(ちゃっかり、笑)
| beauty | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
日本人は大半がスプリングかウィンターに属しているので冬に黒が多いのはうなずけますが、あまり黒ばかりでも〜と思っています(実は少しだけパーソナルカラーを勉強しました(・o・)ノ山猫は日本人には珍しいオータムですw)
| 山猫はギックリ腰 | 2012/03/02 8:13 PM |
山猫さん

パーソナルカラーを勉強されてるんですね、さっすがー!
お仕事に関係してですよね?
私は初めてのことばかりだったので、おっかなびっくりまとめた日記ですが、山猫さんは全部おわかりになるんですね〜。

日本人のほとんどがスプリングかウィンターなんですか!?
へええ。じゃあ山猫さんのオータムや私のサマーはマイナーカラーですね。
セールの時、ほかの人と色の奪い合いをしなくて済むから、ラッキーかもー(笑)。
| リカ | 2012/03/03 12:08 AM |
パーソナルカラー診断私もやってみたい!
こんなに色々とするとは思いもしませんでした。
瞳の色とかこんなに細かくチェックするとか思わなかったなー。

リカさんが寒色系なヒトというのは、
私も感じておりました。
オーラというか、そういう感じで(謎)

自分も何色系なんだろとか楽しくなってきました(笑)
| ひで | 2012/03/03 9:30 AM |
ひでさん

おお〜、オーラですか!
ひでさんって、オーラソーマみたいなのを手がけておいでなんですよね?プロのお見立てをいただけたなんて、うれしい〜。

私はトンとその才能はありませんが、これがきっかけで色の分け方に興味が出てきたので、今度お会いするときにはぜひシロウト判断させていただきます(笑)!

瞳をのぞきこんじゃっても、逃げないでね(*^_^*)

| リカ | 2012/03/04 11:45 PM |
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/2564
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top