今年も民族衣装ファッションショー
仏教女子の方々と寺カフェに行った翌日には、がらりと趣向を変えて、目黒パーシモンホールで民族衣装ファッションショーに参加してきました。
毎年参加しているこの国際交流イベント。
担当の方ともすっかりおなじみになりました。

「今回は急遽モデルさんがインフルなどで足りなくなってしまったので、誰かお友達を紹介してください〜」とのヘルプを受けて、白羽の矢を立てたのは、Marieさんと稲さん
Marieさんは、年末にコミケコスプレデビューを果たした仲です。
稲さんは、そのブログにコメントしてくれた、コスプレイヤー。
二人とも、民族衣装もきっとお好きなはず!と予想した通り、二つ返事でOKをもらえました。

稲さんにお会いするのは、これが初めて。
経験値の高いレイヤーにして、なんとまだ18歳の女子高生!
どうしよう、ゆとりの平成生まれだわ。何を会話すればいいのじゃ。
と、すっかりヨーダ気分になりましたが、実際に会ってみた彼女は、かわいらしくもしっかり、サバサバしている人で、話しやすかったです。


朝早くに集まって、さっそく配役発表になりました。今年はインドです。
Marieさんはパキスタン、稲さんはキルギスになりました。

事前打ち合わせに参加する間もなく当日を迎えたため、土壇場でウォーキングの練習となります。
国ごとに何パターンか覚え、今回はみんなでダンスも披露するということで、とにかく本番までの限られた時間、ステップの練習を重ねました。


お昼の休憩時間以外は、せっせと練習にいそしむ私たち。
ランチは、会場外のフードブースで現地の人が作っていた、スリランカカレーにしました。

いよいよ本番が近付いてきて、みんな担当の衣装に着替えます。
今回は、こーんな道化師のような服もありました。→
フィンランドだったような。いいですね!
Marieさんはモダンに、稲さんはかわいく、ピシッと着こなしています。
さすがはコスプレの師匠たち!サマになるわ〜。
みんなスイッチが入って、テンション上がりまくり。
いっそう、最後のステップ練習にも熱が入りました。


何度も立っているステージですが、さすがに袖に入ると、壇上の熱気がじかに伝わってくるため、緊張します。
インドの登場は、3番目。インド担当のもう一名と、上手と下手に分かれて登場しました。
「なんか、インドらしいポーズをとろうよ」と言うことになり、両手の平を合わせてみましたが、「それはタイじゃない?」と言われてしまいました。
「じゃあこれ?」と、今度は両手の平を上に向けて、卍のようなポーズを取りましたが、「それもタイっぽいよね」という反応。
う〜ん、インドとタイの違いが分からない〜。
仏教とヨガの国だから似ているのかしら。
悩んだ末、無難な合掌ポーズで乗り切りました。

いくら練習を重ねていても、普段聞き慣れないシタール音楽がかかって、スポットライトを浴びて壇の上に立つと、やっぱりポーッと真っ白になってしまい、ターンする方向を間違えたりしてしまいます。
あれ、右だっけ、左だっけ?
それから、ほかの国の人たちと数人でまた登場し、くるくる回って見せました。


みんなとのダンスも、一人違った方向を向いていたらやけに目立ってしまうので、(とにかく合わせなければ!)と無我夢中でした。
隣の人が、大柄のドバイの石油王のような格好をしていたので、妙に頼もしかったのが助かりました。
なんでもその人は、今回の参加のために、わざわざ大阪からやってきたんだそうな。すごい〜。

とにかくなんとか終了して、控室にもどったところで、「時間がある人は、今ステージでやっているアフリカンダンスに混ざって下さい」と声がかかりました。
再びステージに上がったら、私たちがその前に踊ったそろいのステップダンスとは全く違う、身体全体を使って跳ねまわる、激しいダンスが披露されていました。
そこにみんなでなだれこみます。さまざまな国の衣装を着た人たちが一緒に踊って、ステージは幕を閉じます。



しかし、この幕がなかなか降りません。どうやらアフリカンダンス、かなり盛り上がって、エンドレス状態になっているようです。
楽しいんですが、両手両足を上げ下げしてビートに合わせて延々と踊り続けるのは結構きつくて、(いつまで〜?)と根を上げたくなりました。
すぐ後ろでは、本場の人が一心に太鼓を叩いていました。

ようやく終了。へとへとです。一番このアフリカンダンスで消耗しました。
まあ、全てやりきって、大満足。みんなで写真を撮り、解散となりました。


ようやくのんびりとおしゃべりできる時間になったので、3人で駅前のカフェラミルでお茶にしました。
スコーンセットを頼みます。
Marieさんと私は、稲さんに興味シンシン。高校生なのに、とても控えめで礼儀正しく、(親御さんに大切に育てられたのですね…)と感心するほどでした。
でも、疑いようもなく、生粋のマニアです。アニメはほとんど網羅しているというすごさ。
何の作品の話をふっても反応してくれるのが驚きですが、嬉しいです。


お願いしていた、これまでのコスプレ写真も見せてもらって、盛り上がりました。
ピンクのロングヘアがとってもよくお似合いでした。
今度は撮影会に被写体として参加するとのことで、また見知らぬ世界を教えてもらいました。

Marieさんは、バリ旅行の時、現地の民族衣装を着てあれこれポーズを撮った写真を見せてくれました。
どれも決まっています。Marieさんって、普段は真っ黒のモードなゴスロリの人なのに、明るいアジアンエスニックもピッタリ着こなせるのがすごいわ。
親切にも、この前の私たちのコスプレ写真を現像してアルバムにし、プレゼントしてくれました。
ぎゃあ、その世界では大先輩の稲さんにも見られちゃった!
ビギナーなのでいろいろ許して!
せっかく友達になったんだから、友達やめないで!

そんなこんなでとても刺激的な楽しい一日を過ごせました。
やっぱり、ふだん着ない服を着るのって、楽しくてワクワクするものです〜♪
| fashion | comments(3) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
一度見に行きたいです。
本当に楽しそう。。
よく似合ってますね、りかさん。
| Fran | 2012/02/22 8:44 PM |
Franさん

ありがとうございます〜。
Franさんの場合、発表会でファッションショーもできちゃいそうですね。
その時には参加しますよ〜♪

今年もフランスの衣装がなかったのが残念。
私はアルザスよりブルターニュの民族衣装が好きです。
| リカ | 2012/02/23 12:57 AM |
あの時はお疲れ様でした。
とっても楽しかったです♪

あっ!私が着た衣装の国は、グルジアではなくキルギスですよ〜。
それと、道化師のような衣装は確かフィンランドだったような?私もうろ覚えですが(^-^;)

ええっ、大先輩だなんてそんな。
私もまだまだ初心者なのに恐れ多い!(笑)
そしてゴスロリのお二人、とても似合っていて素敵でしたよ〜!!

そう言えば、なんの建物っだったっけ?と話していたジャックの塔は、思い出せずに後で調べたら開港記念会館でした。
今度行く撮影会は、ジャックの塔ではなくなってしまったのですが。
| 稲 | 2012/02/23 8:33 PM |
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/2558
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top