民族衣装ファッションショー:キルギス
日曜日には、目黒パーシモンホールで、民族衣装ファッションショーのモデルを体験してきました。
3回目の参加になるこのイベント。当日まで、担当の国がわからず、ドキドキです。
1回目はエジプト、2回目はポーランド、そして今年はキルギスでした。

キルギス共和国?全く縁がありませんー。
中央アジアということしかわからず、世界地図で、場所を確かめました。
中国と隣接していました。

朝早くに集まって、大ホールの壇上に上がり、リハーサルをはじめます。
国ごとに、ターンのパターンが違っていました。
クロスとかサークルとか、嵐というものもあります。
最後に、何カ国も一緒に、大勢で行うAll Mixパターンのウォーキングもあります。
本番で間違えないよう、覚え込みました。

ステージの使用時間が終わってからも、控室の前の廊下で、みんなでリズムをカウントしながら合わせる練習を続けます。
国ごとに使われる民族音楽が違うため、本番で躊躇しないよう、それぞれのメロディを確認しました。

お昼休憩のあと、めいめいが担当の民族衣装に着換えはじめます。
でも、キルギスの服だけは、まだ届いていないとのことで、キルギス担当のほかの2人の人と、手持無沙汰になりました。
どんどん華やかになっていく楽屋。
メイクや髪形を合わせて、みんな一気に、その国の人に変身しました。

着替え終わった人たちは、あちこちで記念写真を撮りはじめます。
キルギス組だけ取り残されて、私服のまま。
みんなの中に入りたーい、と思いながらも、地道にみんなのシャッター押し係に徹していました。
撮影しているのはカタール、映っているのはナイジェリア、インド、カメルーンの服の人たちです。

本番5分前。ようやくキルギス服が届きました。
周りの人たちに手伝ってもらって、歌舞伎役者もビックリの早技で着替えます。
そのままステージ裏に駆け込んで、ほかのみんなと合流。セーフ!

何事もなかったかのように、ステージに出て行きました。
それにしても、キルギスの服って、全く想像つかずにいました。
モンゴルやウズベキスタンの民族衣装なら見たことがあるので、ああいうこってりと重そうなガウンなのかなと思っていましたが、意外にもフラメンコドレスのようではありませんか!

しかも私に渡されたこの青いとんがり帽子。
これって、これって・・・ファンタジアのミッキー!
壇上でお辞儀をする時、ぽろっと落ちないか冷や冷やしました。


オレンジのドレスは、情熱的で、まさにフラメンコ風です。
ピンクのドレスのとんがり帽子にはレースがついていて、ディズニーのお妃さまのよう。
なんてファンタジックなんでしょう。
今回、ご近所さんのウイグル自治区の服もありましたが、それとも全く違っています。
遊牧民族国家、キルギスのイメージががらりと変わりました。

各国の紹介が終わって、舞台のそでに下がっていたら、インド・ラジャスタン地方の踊りの時に、「みんな乱入して一緒に踊って」とスタッフに言われたので、てんでばらばらの国の服を着たみんなで、ポリウッドダンスをしました。ナマステ〜。
エジプトのファラオ風の人が、インディアンダンスを踊っている様子を見て、おかしくなりましたが、まあ、なんでもありです。
ショーは大きな間違いもなく、無事に終了。


そのあと、ブラジルのカポエイラグループがステージに上がって技を披露してくれたあと、みんなで再びステージに上がって、今度はサンバを踊りました。
まさに人種のるつぼ状態。本場の人たちの生演奏なので、ゴキゲンです。
笑って踊って、すごく楽しい!ああ、まさにイッツアスモールワールド!
せーかいはひーとつ〜♪


楽屋に戻ってから、キルギス組は、みんなに「一緒に写真撮ろう!」と引っ張りだこになりました。よかった、みんなと一緒に撮影できて。
「どうなることかと思ったよね。なんだかもう、キルギスって忘れられない国になったね」と、キルギストリオで話しました。

ショーは大成功だったと、観客・スタッフ皆さんに言ってもらえて、朝からがんばってステップを覚えた甲斐があったなあと、嬉しくなりました。


服を提供してくれたキルギス大使館のお姉さんは、カーリーショートヘアにミニスカート・ブーツというオールブラック姿。
スケバンのように底知れぬ迫力があり、とてもフリルいっぱいの民族衣装を着るようには思えませんでした。
日本滞在が長いのかしら?
衣装の遅延に心を痛めてか、ずっと眉間にしわを寄せていましたが、3人でサンキューメッセージを書いたカードを渡したら、ようやく微笑んでくれました。


地理的にも意識的にもはるかに遠い国ですが、ドレス1枚でぐっと身近に感じられるんですから、やっぱり民族衣装っていいですね。
今度キルギスへ知人が旅行するときには、「民族衣装を着たら、ファンタジーにひたれるよ」と、勧めてみようと思いまーす。
| fashion | comments(6) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
今年はキルギスでしたか(o^∀^o)ディズニーというよりハクション大魔王に登場するアクビ姫に似てるような(笑)

| 山猫は接骨院 | 2011/02/08 8:31 PM |
山猫さん

ハクション大魔王〜(笑)、たしかに!

どっちにしても、アニメテイストってことですね。

日本じゃなくてキルギスに生まれたら、こういう服を着てたのかなーと思うと、不思議な気がしました。
| リカ | 2011/02/09 1:08 AM |
キルギス共和国といえば、こちら地図で
http://i.imgur.com/S2P1G.jpg
“40の少女”
最初40歳の少女かと思ったがちがうよ!
40人の少女のことだよね。あひゃひゃ。
会社で同僚と大爆笑。
しかし衣装到着ギリすぎるぜ!!
スーパーモデル気分を味わえたネ
| cbm | 2011/02/09 8:51 PM |
cbmちゃん

“40の少女”ってー?って思ったけど、この地図、おもしろいね!!
国名の意味をベタに直訳してるのねー。
こんな面白いソース、どこから見つけてくるの?ww

私、カリブ海の「日曜日共和国」がお気に入りよー。
あとブルネイは「すごい平和の国」なのねー。
「すごい」って、すごい・・・。

次回はぜひ一緒に、踊るマハラジャしよう!
| リカ | 2011/02/10 10:59 AM |
ファッションショーで衣装担当をしていました。

今年のフェス準備をしていた折に、偶然ここにたどり着きました。今はファッションショーはやっていませんが、こうやって喜んでもらえたなんて、感無量です。

6年も前の事なのでどんな方だったか忘れてしまいましたが、それぞれの世界で楽しく豊かにやっていきましょう。突然失礼しました。
| コータ | 2017/01/22 4:37 PM |
コータさん、その節にはお世話になっていたんですね。
どうもありがとうございます。毎回きれいな衣装を揃えてくださって、楽しく参加できました。

なんと、もう6年もたってしまったとは、驚きです。
もうショーを行っていないというのは残念ですが、いい機会をいただけたことを、今でもとても嬉しく思っています(#^.^#)
はい、本当に、それぞれの世界で楽しく豊かにやっていきましょう♪
コメント、どうもありがとうございます(^O^)
| リカ | 2017/01/23 11:15 AM |
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/2321
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top