ベルギーのGeishaジャケット
前に、ベルギーの友人、イゾルダ宅に遊びに行った時のことです。
私のコンサバな恰好は、プロのファッションデザイナーである彼女の趣味に合わなかったらしく、「服は個性!」「スタイリッシュに着こなす!」「多弁な服を!」などとレクチャーを受け、さっそく買い物に連れて行かれました。
「地味でめだたない服がいいの...」という私の意見は却下され、彼女のお見たてで選んだ服を着たら、なんだかジャコメッティ像のようにとんがった、ハリガネ人間っぽくなりました。

滞在中も、彼女の仕事部屋から、彼女自身が縫製した皮やニットの服をあれこれといただき、帰りのトランクの中は、衣装とベルギーチョコでぱんぱんになりました。
しかーし、ともすればあまりにモダンデザインな彼女の服。
実際に買うとなれば、とーってもお高いのですが、ベーシック系が好きな私にはどうにも手に余ってしまい、たんすのこやしになってしまっています。

そうした服の中で、一番もてあましているのが、このジャケット。
ピンクのペンキを浴びた感じが、すごいでしょう〜。
これはイゾルダのデザインではありませんが、職業柄、いろいろな服をサンプルとして持っている彼女は、クローゼットから新品ものを取り出してくれました。

「これ、着てみたら?サイズもぴったり合うし、銀ラメつき黒のスリムジーンズとロングブーツで決まりよ」
そう言われて、(ぎょえ〜、サイケ〜!)とおののきながら腕を通してみると、確かに肩幅はピッタリ。
彼女に言われるままの恰好で、夜の食事に繰り出しました。

(それにしても、なぜ私にこの服を?)と思いましたが、ベルギー人には小さいサイズだったからかもしれません。
さらに、この服のブランドは「Geisha」といいます。
タグには、ほお紅のきつい、中国人風のアジア女性の写真がついていました。
もしや、私が芸者の国から来たから、これにしたのー?

日本に持ち帰ってみると、更にすごみが増して見えます。
一応、持っているからには着なくてはと、この秋、勇気を出してはおってみました。
しかーし、どうにも落ち着きません。
だって日本は、ベルギーみたいに、生き馬の目を抜く的に奇天烈なファッションの人は、そういないんですもの。

(自分では一生選ばなそうな服を着るのも、世界を見る目が変わるかな)と思いましたが、なんとなく人の目が集まっていることを感じて、居心地が悪くなりました。
こういう服は、堂々と着こなさないと、サマにならないんですけれどね。
とりあえず、インクがピンクでよかったと思います。
これが赤だったら、まさに返り血を浴びた殺人鬼になってしまうところでした!
この服のどのへんが芸者なんだろう?と考えていたら、がらちゃんが「女の情念→芸者なんじゃないの?」と、うまいことを言いました。

一応頑張って着てみましたが、キャパリミットです〜。
私、くの一みたいに目立たない格好の方がいいんですー。
「Geisha」よりも「Ninja」ブランドがあったら、そちらを希望しますー。

どなたか、お好みの方がいらしたら、のしをつけて進呈いたしたく思います。
Sサイズのコットン地で、2回着用。クリーニングしますので、ご連絡ください。
貰い手が無かったら、染めちゃおうかな。
イゾルダに知られて、「ダメじゃない!」と怒られるかもしれないけど。

この秋、このジャケットを見かけた方、着ていたのは間違いなく私です。
ビックリさせちゃったのでしたら、ごめんなさい。私なりに、がんばって着てみたんですよ!
とりあえず、イゾルダがこの日記を翻訳して読まないことを祈るのみです。
いえ、彼女のブランド[Tristan & Izolda]は、黒が貴重で素敵なんですよ〜。
別にとってつけたように言っているわけではありませんからねー(笑)。
| fashion | comments(9) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
きゃーかわいいじゃない!!
ほすぃすわ〜
他に希望の方がいなかったら着ますよ!
もちろんそのままで!!イヒヒ。
たしかに返り血だな。香港黒社会映画好きのオイラが着たら、まんまやんけ!爆!
| cbm | 2010/11/25 7:22 PM |
これは…着こなすのは難しい(汗)確かにイゾルダが言ってる着こなしバランスが一番しっくりする気がしますf^_^;


メンズなら欲しいですが肩幅がAA体なので入りません…
| 山猫はリハビリ中 | 2010/11/25 11:47 PM |
すんまへんすんまへん、ヘンな事言ってしまって・・・

きっとベルギーより日本で着る方が、周囲の建物、人の服の色や湿気でピンク部分がくっきりハッキリするんじゃないかな。

私も香港映画、好きだったなあ。
「○○達の挽歌」とか「誰かがあなたを愛してる」とか、邦題もよかった。
今でも時々思い出すのが「大英雄」。
香港映画界のジャンゴと言っても過言ではない。
| がら | 2010/11/26 12:42 AM |
cbmちゃん

ほんと?ぜひもらってちょうだい!!
さっそくお嫁の行き先が決まって、嬉しいわ〜。
服も、喜んで着てもらう方が幸せだもんね。
今度会う時に、ブーヴィエと一緒にお持ちするわー。
ぜひ香港マフィア姐御として、墨東エリアを席巻してちょうだい!

----------------------------------------

山猫さん

着こなしヘタな私には、ハイレベルすぎますー。
たしかに、男性でもよさげですね。
AA体?専門用語?
スリムな山猫さんでも、さすがに肩が合わないかも。
今度一回り大きなサイズをイゾルダからもらったら、まっすぐお声をおかけします!(2度目アリ〜?)

----------------------------------------

がらちゃん

えー、あなたらしい艶めいたコメントで、「なるほど!」と思ったわよ。
芸者も楽じゃないもんねー。

「大英雄」と聞いて「大日本人」を思い出した私は、きっとあなたに嫌われるー。
どっちも観てないから許してー!
| リカ | 2010/11/26 2:26 AM |
某日見た時はぜんぜん気にならなかったですよ。
自然に着こなせていたと思うのですが。
この服って単体で見ると非常にサイケデリックなのですが、
何かに合わせてみると、そんなに自己主張しない感じなのでしょうか
実は奥深いジャケットだったりしてw
| まちゅ | 2010/11/26 4:04 AM |
リカちゃんがそれを2回でも着たって言うのが信じられない!

だって想像がつかないんですもの〜

| まみ | 2010/11/26 7:58 AM |
まちゅさん

ありがとう!うまく着られていたとしたら、イゾルダのスパルタ教育の成果かもしれません。
実は、あなたにジャケットの柄を気取られないよう、ずっと高速で動きまわっていたのよ!(なにそれ)

もっとピンクが暗めだといいんだけれど、隠しようもなく蛍光色っていうのがね〜。
でも、あなたならトッピな服でも「笑って許して〜♪」くれると思ってました!

------------------------------------------

まみちゃん

でっしょ〜〜!
小さい頃からの私の服装を知っているあなたなら、この一大決心、わかってくれるよねー!

なんか、大人の階段をのぼった感じがするわー(笑)。
| リカ | 2010/11/26 11:31 AM |
これ着て、歌舞伎町の裏町の
あやしい中華料理屋とか行きたいと思います。

って全然いまや最先端のアントワープ派が
泣く着こなしじゃないかー。
きゃーーーー!
| cbm | 2010/11/26 7:40 PM |
最先端のアントワープ派!
確かに彼女はそっち系だわー。
まあ、ムーンにフィットするのが何よりだからね。
個性的な着こなしを期待します!

縫製とかしっかりしているから、多少歌舞伎町のマフィア抗争に巻き込まれても、大丈夫よ(笑)。
| リカ | 2010/11/27 4:09 AM |
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/2280
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top