龍馬祭り・照之祭り
今年の大河『龍馬伝』が始まりましたね。
私は、幕末は詳しくないため、今年ゆっくり覚えていこうと思っています。
龍馬ファンに劣らず、新撰組のファンも、男女ともに周りにたくさんいますが、私はまだあまり好きになれません。内部分裂の殺戮集団というイメージが強くて、青春や希望をイメージするファンとの差を感じます。
多分、自分がよく知らないせいでしょうけれど。

去年、予習しようと司馬遼太郎の『竜馬が行く』を読みかけましたが、千葉道場に入門する辺りで止まっているうちに、先週の大河に話を越されてしまいました。

今年は、予想以上にTVで龍馬を見かけます。
大河(福山雅治)のほかに、ひと足お先の去年の『JIN』(内野聖陽)、ソフトバンクのCM(武田鉄矢)、ダイハツタントのCM(香取慎吾)と、龍馬は次々に登場しています。まさに時の人ですね。
先日山猫さんにいただいた『JIN』最新刊でも、いよいよ仁と龍馬との関わりが濃くなってきています。これはドラマパート2を作らないと、話がまとまりませんね。

先の日記に書いた『ジロチョー 清水の次郎長維新伝』にも、龍馬(池内博之)が登場しました。
次郎長に、「一緒に日本の夜明けを作りましょう」と誘う龍馬。
史実だったらすごいですね。
次郎長は「俺にはそんな大きなことはわからねえ。この清水の町が何より大切なんだ」と、龍馬の誘いを断っていました。
ドメスティックな次郎長とインターナショナルな龍馬。
結果、次郎長は清水の人(のみ?)に愛され、龍馬は日本国民に愛されています。
龍馬の方が、先の日本を見通す力があったということでしょうか。

この前、AZさんから、土佐の歴史をざっと説明してもらいました。
こういうことだそうです。

 長宗我部元親(土佐の戦国大名)
   ↓
 関ヶ原の戦い:『功名が辻』の山内一豊が功を挙げ、長宗我部盛親は功を成せず
   ↓
 長宗我部氏のお家取り潰し、山内一豊が土佐藩主に
   ↓
 長宗我部残党兵、山内氏に反抗
   ↓
 山内氏、相撲大会と称して残党兵をおびき寄せて殺す
   ↓
 山内氏、自分の家来を土佐に連れてくる
   ↓
 山内家、土佐に郷士階級を作る
  ・上士(山内家臣):郷士を斬り捨てても罪にならない
  ・郷士(生き延びた元長宗我部家臣):いくら優秀でも藩政に関われない

AZ「『龍馬伝』で上士や下士って出てきたけど、よくわからなかったでしょ?
元長宗我部家臣の郷士(下士)の中でも、龍馬の家は上の方の階級で、弥太郎の家は下の下だったってことだよ」

なるほど〜。なんてわかりやすい説明でしょう。
『功名が辻』って美談の話だと思っていたのに、山内一豊って結構卑劣なことをしているんですね!
ひどいわー。きっと、司馬遼太郎の筆力で、感動の名作になっているんでしょうね。
当時はそうやっていかなければ、生き残れなかったのでしょうか。
BASARAの影響で長宗我部氏寄りの私。京都旅行中に、盛親(元親の息子)のお墓のあるお寺を訪ねています。そちら側から見ると、切ない時代の移り変わりです。
でも、下士として差別を受け続けた龍馬が、どんでん返しを果たして、日本を動かす大きな力になったのですから、歴史って不思議ですね。

『龍馬伝』での弥太郎役の香川照之がすごい迫力だね、という話で、AZさんはこう言いました。
「『功名が辻』にも彼は六平太役で出てるんだけど、それがすごくて、それ以来香川照之が時代劇に出てると、みんな六平太に見えるんだよね」

確かに、最近香川照之をよく見かけます。最初は「ヘルシア緑茶」のCMの人、というくらいにしか知りませんでしたが、大河でも、『坂の上の雲』の正岡子規から『龍馬伝』の岩崎弥太郎に器用にシフトした彼。
先日の『Wの悲劇』ではヒロインの相手役だったし、『ゲド戦記』のウサギの声も彼だったし、主役を食うほどの名脇役ですね。
今年は龍馬祭りですが、香川照之祭りとも言えそうです。

この前、日本橋三越の「アンコールワット展」を観た時、一緒に「『龍馬伝』コーナー」も観てきました。撮影に使われた龍馬の服や刀、出演者の草履のほかに、弥太郎の鳥籠が展示されており、しげしげと観察してきました。
     
龍馬はこの1年で理解できるとしても、新撰組はどうかなあ?と思っていたら、先週、たまたま不思議なドラマを見ました。
『喰いタン』の男の子(須賀健太)が、「僕も新撰組に入りたい!」と言っているところに、偶然沖田総司が通りかかり、同情へ連れていきました。
『新撰組 Peace Maker』という、漫画が原作のドラマのようです。
少年が主役なので、あまり迫力がなさそうな分、血なまぐさくもなさそうなので、軽い感じでちょっと見てみようかなと思っています。
| History | comments(5) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
弥太郎があまりに汚すぎるので
三菱からクレーム入った、つーのをネットで読んだけど
あああーバカ受け!
会社でふきそうになった。香川さんいつもやりすぎすからね!大好き。

最近の大河ドラマって重さがないんで見ないんですけど、
でもお知り合いの解説が毎週あったら見れそうっす!
| cbm | 2010/01/27 8:14 PM |
弥太郎が汚すぎると云う三菱グループのクレーム、ネットで見て私も爆笑しました。

確かに汚い!

要するに明治維新とは関ヶ原の負け組西軍が300年の時を経て成し遂げた。では??
その中心が鹿児島県と山口県。人間の恨み辛みは恐ろしい〜

| マスタング | 2010/01/27 11:41 PM |
cbmさん

そのニュース、ほんと笑える〜!
でも、役者にしては最上の礼賛じゃない。
香川さん、語り継がれる伝説を作ったわね〜。
三越に、鳥篭売りの弥太郎がしょっているしょいこも飾られていたけれど、確かに小汚かった〜。写真を撮るのもはばかられたほど・・・。

大河はキャストを実力より人気で選ぶようになってから、本当に軽くなったよね。でも香川さんがいるなら大丈夫よ!

AZさんとはこの前「医学と芸術」を観にいって、そこでも解説してもらいました。ちんぷんかんぷんだったので、助かったわー。

----------------------------------

マスタングさん

たしか香川さん、メイクさんのつけた汚れだけでは満足できなくて、自分で顔を地べたの泥につけてどろどろにしたって聞きました。
クレームってねえ。。。天下の三菱グループなら、もっと悠然と構えて欲しいものですねー。

歴史って、なるようになっていくというよりも、人間の悔しさや根性で、力技で練り上げられていくものなんですね。ほんとに恐ろしい〜。
でも、歴史が深い関西以南の土地には、憧れを感じます〜。
| リカ | 2010/01/28 1:53 AM |
横須賀人にとっては竜馬より奥様(後に未亡人)のおりょうさんの方が有名なんですよ。 我が家から近い信楽寺におりょうさんが眠っています。 若くして未亡人になった彼女の数奇な半生を辿ると、竜馬に対するイメージが変わってくるかも知れません。
| (ゆ) | 2010/01/29 12:16 AM |
(ゆ)さん

そういえば、先週親に聞いた話ですが、横浜におりょうさんの再婚先の旅館があるそうです。
その旦那さんはとても理解がある人で、おりょうさんの墓石に、自分の名前は残さず「竜馬の妻」と記させたとか。

ぐっとくる話です。だっておりょうさんは、再婚相手との方が長い人生一緒に過ごしたでしょうからね。きっと大切にしてもらったことでしょう。
| リカ | 2010/01/29 1:59 AM |
コメントする





  • コメントを取り消ししたい時は、またコメントでご連絡下さい。
  • 迷惑コメント対策として、リンクの掲載をブロックしています。掲載ご希望の方はおっしゃって下さい。
  • この記事のトラックバックURL
  • http://lily-flower.jugem.jp/trackback/2074
    トラックバック
    Powered by JUGEM                              ▲page top
                        Page: /   
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    PROFILE
     
    SELECTED ENTRIES
    @lyca_'s tweets
    RECENT COMMENT
    CATEGORIES
    リカ's BLOG/HP
    ARCHIVES
    page top