ポロネーズとボロネーゼ

ちょっと間が開いてしまいました。
先月末、10日間ほどポーランドに行ってきたのです。

 

今、その時の旅行記を書き始めています。
旅行記⇒『平原の国ポーランドへ index』

 

最終日まで書き終わるまで、長い時間がかかりそうなので、こちらでポーランドネタをひとつ。

 

ポーランドに行くと言ったら、友人に
「ポロネーズをたらふく食べてきて!」と言われました。
「うん、本場のを食べてくるよ!」と元気に答えます。

 

 

あれ、でもちょっと待って。
ポロネーズって言われてパスタを連想したけど、あれはスパゲティ・ボロネーゼ。
ポロネーズとボロネーゼって、一緒だっけ…?

 

いいえ、違いました。

ポロネーズは舞曲。ショパンの幻想ポロネーズとか、英雄ポロネーズとか、軍隊ポロネーズとか。

 

 

ボロネーゼは、ボローニャ地方のスパゲティ。

 

わあ!気がつかなかったけど、結構紛らわしいのね。

ほぼ同じタイミングで、友人も気づいたらしく、
「ポロネーズは食べられなかったね...」と言いました。

 

ボロネーゼはイタリア語ですが、フランス語だとボロネーズになるそうです。

ボロネーゼ・ボロネーズ・ポロネーズ・・・ああ、ややこしや〜!

 

結局ポーランドにいる間、パスタは一度も食べませんでした。
いわんや、ボロネーズをや。

 

ポーランドは、スープがおいしい国でした。
画像はスープではありませんが、ポーランド人の大好きな食べ物ばかりです。

 

 

そういったことも書きたい旅行記。

これから少しずつ進めていく予定です。

| travel | comments(0) | trackbacks(0)
制県レベル

ちまたで噂の「制県レベル」、やってみました。
188になりました。

 


茶色すぎる私の日本地図。

人生長く生きてきたのね〜と思ったり、生き急いでるみたい〜と思ったり。

転勤族で旅好きなのと、全県制覇をした叔父を見倣ったところもあります。

青森にいたのは、生まれる前後のまだ名前もついていない頃。

正確に言ったら茶色になるかもしれませんが、祖母宅にはその後何度も訪れては長期滞在していたので、泊まったというより住んでいたという感覚の方がしっくりきます。

 

泊まったことがない県は、埼玉と佐賀。
佐賀は、大きな県に囲まれているので、まあそうなっちゃったかなというところ。
逆に言うと、隣の件にアクセスしやすい便の良さがありますね。

 

埼玉は、ゆうに日帰り範囲なので、泊まるという感覚はありません。
じゃあなぜ、隣の東京で泊まっているの?と突っ込まれそうですが、
花火大会やレディースプランなどで、けっこうお泊りしているんですよね。

埼玉と佐賀は、今後もそうそう泊まる予定はなさそう。

いつか、呼子のイカをオールナイトで食べる時がくるかもしれないけど・・・。

 

上を見ればキリがありません。これでもまだ私は色がある方で、東京が赤いほかはすべて茶色という、これ以上ないほどツワモノの友人がいます。
その人は日本中を飛び回っている旅ライターなので、お仕事的にそうなるんでしょう。

私に残された最終未踏地は、富山。
北陸新幹線で駅には停まりましたが、降りませんでした。

ここに足を踏み入れると、いよいよ全県制覇を成し遂げることになります。

ただコンプリートしたら、それから先の日々がつまらなくなりそうな気もして、ちょっと不安。

最後の砦ということで(?)しばらく青色のままにしておきたいなと思っていまーす。

* 「制県レベル」のPC版はこちらのサイトになります。

中国語版がデフォルトなので、右下の「中文」を「日本語」に直してくださいね。

| travel | comments(0) | trackbacks(0)
東急線の名誉駅長

東急沿線住民の私。
先日、東急線の名誉駅長になりました!

 

 

東急では、PASMOの記録でのるレージというものが計算できる仕組みになっています。
その肩書は「駅員」から始まり、「主任」→「助役」→「首席助役」→「駅長」と進み、最後に「名誉駅長」の座につけます。
知人で一人、名誉駅長にのぼりつめた人がいましたが、その子は定期を持たず、乗った分がそのまま加算されていたので(いいなあ、定期持ちの私は、いつまでもヒラのままかな)と思っていました。

 

ところが、どうもこの春に、結構PASMOを使ったようです。

遠くの美術展を見に行ったり、来日した海外の友人をあちこちに案内したりしていたからかもしれません。

 

この通知は4月に来ていました。思わぬ知らせに喜びましたが、『オリジナルPASMO会員証』が発行されるまでに、しばらくかかるとのことでした。

(すぐに届かないんだ〜)と思って、いつしか忘れていたら、今月になって、ひょっこり届いたのです。

 

 

わーい、名誉駅長さんですよ〜!
駅長さんよりも上、トップ・オブ・ザ・駅員です。
いったい何人くらいがなっているんでしょう。
実はそこここに、ワンサカいたりして。

 

この会員証、黒が基調になったものでした。
マスコットの"のるるん"が、影があるように見える〜。

 

 

これは「ブラックPASMO」と言われるそうです。
ブラックカードってことかしら?

 

私は、ブラックといったら「ブラック企業」「ブラックリスト」というダークなイメージばかり浮かぶため、「ブラックカード」というのも、いけないものかと思っていました。

 

ところがプラチナカードみたいなものなんだそうですね。
ほえー、縁がないので知りませんでしたよ!

 

せっかくオリジナルカードを作ってもらったからには、せっせと使いたいものですが、このブラックPASMO、半年たつと資格が消えてしまうらしく、これをメインカードにはできないらしいのです。
そんなわけで、どうやって使ったらいいのかわからず、結局しまいこんでしまっています。

上手に使っているアナザー名誉駅長さんがいたら、活用方法を教えてくださいねー!

| travel | comments(0) | trackbacks(0)
旅行と引っ越し

久しぶりにヨーロッパに行ってきました。
訪れたのは、秋深まるバルト三国。

旅ブログは…そのうちに…。

(半年前のものをまだ溜めていてですね...)

 

旅から帰ってからは、翌週の引っ越しに向けて、ひたすら黙々と梱包作業を行っていました。

旅先の石畳でよろけて足首をくじいたのが響いてしまい、疲れのためか貧血もひどくなり、テキパキ動けません。

当日の夜明けになっても間に合う気配がなく、ひとり絶望していました。

でも、業者さん・友人含め周りの人々に助けてもらって、2日がかりでなんとか引っ越し完了。

 


高さ2mのスライド式の木の書棚が一番悩ましい家具でしたが、それもプロの手で問題なく運び込めました。
部屋のオーナーさんへの鍵の引き渡しの儀にも、すべりこみで間に合いました。
すべてが結果オーライになれたことが、嘘みたい。

 

諸手続きのために、役所にも行かなくては。

そういえば去年、区役所にインパクトのあるポスターが貼られていました。

 


マリノスの本拠地がみなとみらいから新横浜に移転した通知。
中澤選手が学ラン姿で転校して来たら、迫力ありすぎでびっくりしますね。

黒板の上の時計の電池交換、立ったままでできそうです。

 

不可能に思われて何度もくじけそうになった引っ越しが、奇跡のようになんとか終わったことで、緊張が緩んで安心したのか、翌日には熱を出して倒れてしまいました。

アジトの森のように積み重なった段ボールの下で休みましたが、つぶされそうで、ちっとも安らげないですねー。

あとはゆっくり、少しずつ部屋らしくしていこうと思っています。

 

 

暮らしていたのは、川風が吹く日当りのいい部屋。過ごしやすい場所でした。

旅行と引越は、全然違うもののようですが、自分の荷物を持って別の場所へ移動するという点は共通しています。
つまりはどちらも旅ってことですね。人生は旅の連続ですからね。

 


後ろを振り向かずに旅に出られるのも、帰れる場所があってこそ。
また、居心地のいい部屋を作れますように。

| travel | comments(2) | trackbacks(0)
電車からの写真・6月東西対決

先月、山手線に乗っていた時のことです。
電車が渋谷に着き、大勢の人が乗り降りしていました。
(そういえば、渋谷駅ホームにはどん兵衛を出すお蕎麦屋があったなあ)と思いながらホームに目をやると、なんだか気になるポスターが見えました。

 

 

なんて書いてあるのかな。
「鴨の超うめぇぇぇぇぇ」と書かれています。

 

ということは、のけぞっているのは鴨長明ですね。
「方丈記」で人生のはかなさを説くイメージがあるのに、ずいぶんキャラが変わっています。

 

すぐにはダジャレだと気が付きませんでした。
日清の「どん兵衛 鴨だしそば」を食べた鴨長明の感想。相当叫んでますよね(笑)。

 

ホームを行き会う人が多くて全貌が見えなかったので、日清のサイトを調べてみました。

春から「どん兵衛 鴨だしそば」が出て、同時にシューティングのブラウザゲーム『鴨長明の野望』も出したとのこと。
えー、ナニソレー?

 

 

さらに鴨長明型タイマーも抽選プレゼントとして出したそうです。(応募期間終了)
3分経つと鴨長明が「鴨の超うめぇぇぇぇ」という叫んで時間を教えてくれるそうな。
ちょっとほしい…。でも当選者は1名のみ。市販しないのかしら。

 

ぐいぐい攻めてきますね、日清。

「鴨の超うめぇぇぇぇ」、次は芹沢鴨も取り上げてくれないかな。

 

別の日、大阪の環状線に乗っていた時に、駅のホームの反対側に赤い電車がやってきました。
おや、あれはもしや?

 

 

それは『真田丸』のラッピング列車でした。
いいですね〜。きっと中も真っ赤なんでしょうね。
東京でも真田幸村は人気ですが、大阪滞在中、彼の人気はもっと強そうだと感じました。

 

 

関東にいると、真田幸村=長野(上田)と連想しますが、大阪人も、まるでわがヒーローのような盛り上がり方をしています。

まあ、活躍した場所ですからね。視聴率は、東と西、どちらが高いのかしら。

 

先月、電車乗車中にホームで見かけた東西対決。
どちらも歴史好きには楽しめる、なかなかのインパクトでした!

| travel | comments(0) | trackbacks(0)
思い出の地獄
週末に休みをくっつけて、愛媛と大分に行ってきました。
この写真は大分県。左前方にうっすらと見えるのが、愛媛県です。
 

旅先での出会いがあり、懐かしい友人と再会でき、初めての場所をあちこち訪れて、土地の名産をたくさん食べた、いい旅でした。
日常をすっかり忘れてリフレッシュできた帰りの空港で、こんなTシャツを見かけました。
そうか、実はここは地獄だったのか〜。
 

そういえば、別府の宿で知り合った人と
「これから地獄を巡ってきます」「いい地獄の旅を」という会話をしたんだっけ。

地獄の閻魔帳もありました。
閻魔帳は、人間が使うものじゃありませんが、だからといって鬼が使うものでもないと思うんですが…。
見たところ、彼も地獄ライフを満喫していますね。
温泉に入るときには、金棒は置いておきましょう。
 

旅が終わって家に帰り、現実に戻りましたが、すでに旅先で過ごした時のことが懐かしくてたまりません。

旅行記にまとめるつもりですが、今は夏休みの山形旅行の話をアップ中なので、まだ先のことになりそう。
遅くてすみません!それまで私は、地獄の思い出にひたっています〜。
| travel | comments(0) | trackbacks(0)
旅ブログの現在上位検索語
先週、旅ブログに、7月の熊本旅行記を全てアップしました。(おそい...)
旅に出ないと旅行記を載せられないため、旅ブログのアクセス数は流動的です。
(熊本の話を読んでもらえているかなあ)と、アクセス解析ページを開けてみました。

すると、アクセス数順のリストに並ぶ熊本旅行記(全10回)の中に、ひとつだけ違うものが混ざっていました。
2013年2月に奈良を訪れた時の 「天空の郷、吊り橋三昧(玉置山・本宮)1-2」です。
2年半前の、しかも旅行1日目の途中からのページなのに、結構な数の人が見てくれています。

そのわけは、すぐにわかりました。
検索ワードに「玉置神社 吹石一恵」とあったからです。

先日、日本を揺るがせた(?)、福山雅治と吹石一恵との結婚発表。
それでみんな、検索しているんですねー。

彼女の名前だけで検索しても、とても辿り着きませんが、上の言葉2つだと、確かに私のブログがヒットします。
彼女がその神社とつながりがあると知っている人だけが、調べて飛んできたんですね。
世の中には、詳しい人がいるものです。しかもたくさん。
でも、たいした情報を載せてなくて、済みません〜。

玉置神社は奈良の険しい山の中にある、幽玄なる気をまとった神社。
ここの手水舎の柄杓を、彼女は奉納していました。
奈良出身だからじゃないかと思います。
はつらつとしたところが前から割と好きな女優さんでしたが、この奉納柄杓を見てからはもっと印象がよくなりました。
旅ブログの掲載画像。もっと柄杓の文字を大きく写すんだったかしら〜

福山の結婚に悲嘆にくれている女性が日本中にいるようですが、その割に、吹石さんの結婚を嘆く男性がほとんど出てこないのが不思議。
男は黙って背中で泣く、的な?

お幸せになってください。
人を選ぶという玉置神社。簡単には行けない場所にあります。
この時も、雪の山道をノーマルタイヤの軽で進むという危険を冒して、ようやくたどり着いたのでした。
それでもまたいつか、ここにお参りに行きたいと思っています。

ところで、私の友人にも、福山ロスで目下抜け殻と化している人がいます。
「早退も欠勤もしていないけれど、仕事が何も手につかないの・・・」
今、日本の(ウー)マンパワーは確実に落ちていますね。
ひと月前にライブに行ったと大興奮していた彼女が、すっかり虚ろになってしまっています。
慰めたいので、今度その子とセンチメンタルジャーニーに出るかもしれません。
玉置神社以外のところを・・・(^_^;)
 
| travel | comments(0) | trackbacks(0)
電車の注意マーク
よく使う東急の駅のエスカレーターに、こんなアラートマークが貼られています。

この絵を見るたびに、マトリックスのキアヌ・リーブスを思い出します。
かっこよかったな、ミスター・アンダーソン。

しかしこのコートは・・・確実に溝に巻き込まれるでしょう。
階段を使おうにも、裾をはためかせながら一気に駆け上がらない限り、踏んでしまいそう。
都会は階段も混んでいるから、お年寄りやベビーカーに遠慮しながら、エレベーターに乗るんでしょうね。

(図示ってわかりやすいな)と思っていたら、私にとってこれに匹敵するサインを見つけました。

ありそうでなかったこのマークを実現化したのは、以外にも大混雑の首都圏ではなく、JR九州。
シンプルでストレートな禁止サイン。思い切りましたね〜。

英語表記がないというのは、日本人乗客をターゲットにしているんでしょう。
その効果が出ているのか、九州の電車に乗っている時に、床に座り込んでいる人を見たことはありませんでした。

旅のお話も、いつかそのうちに〜。
すでにバテぎみの夏、ゆっくりすごします。
(いつものろのろアップやん!というつっこみは、甘んじてのろのろ受けます、笑)
| travel | comments(0) | trackbacks(0)
桃とうどん
少しご無沙汰しておりましたが、岡山に行ってきました。
瀬戸内海を渡って、うどん県にも足を延ばしてきました。
 
のんびりしようと思いましたが、猛暑にやられて、ぐったりしています。
ちょっと静かにしていますが、そのうち旅の話でもしたいなと思っていまーす。
 
| travel | comments(0) | trackbacks(0)
ネパールの地震、そして電線
4月25日にネパールでマグニチュード7.8の大地震が発生しました。
歴史的な寺院や国じゅうの多くの建物が崩壊し、ヒマラヤ山脈では雪崩が起こり、犠牲者は今なお増え続けています。

壊滅的な街の様子がTVに映し出されるにつれ、暗澹とした気持ちになります。
2001年にネパールを旅した時のことを、鮮明に思い出します。→ 旅行記

日本と比べてあまりに違う別世界。旅の連れは「『スターウォーズ』の別の星に来たみたい」と言いました。
私は「ネパールと日本の行き来は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』みたい」と言いました。
まだ生まれていないような昔にタイムスリップした気分だったのです。

カトマンズ市街を歩いている時に、とにかく気になって足を停めていたのが、町中に張り巡らされている電線。
これが、想像を絶するほど無茶苦茶でした。どんどん線を増やしているため、ごちゃごちゃに絡まって、もはや収拾がつかない状態です。
たわんでいる電線もあり、重みに耐えかねて、傾いている電柱もあります。
郊外の方はまだ電気が通っていない家も多く、町の中心部に電線が集中していましたが、とにかく見たことがないカオス状態で、電気系に疎い私でも、ハッキリ危険だと感じました。

大地震が起こったと聞いて、世界遺産のチベット寺院やエベレストのことよりも、真っ先に思い浮かべたのが町の電柱でした。
もともとギリギリもっていた感じだったし、あれでは災害が起きたらひとたまりもないでしょう。
街の近代化に押されて、防災のことまで考えるレベルではなさそうだったので。

とはいえ、私が訪れたのは14年も前の話。
その間にインフラ整備は着々と進んでいただろう、と思いましたが、「ネパール、電線」で画像検索をしてみたら、やっぱりごちゃごちゃ写真のオンパレードで、自分が見た時と変わっていないことを知りました。

また、オールドバザールのあるインドラ・チョークといわれる界隈は、町全体が混沌としており、今にも二階が落ちてきそうな、見ているだけではらはらするようなあやうい作りの建物ばかりでした。

当時、ネパールにエスカレーターが一基しかなかったのも、カルチャーショックでした。
日本でいうと、戦後の昭和初期の町並みでしょうか。
全く耐震力がなさそうな建物が多かったので、災害時の倒壊家屋数は想像以上だと思います。
津波は来ない高地ですが、ヒマラヤで起きる雪崩はすさまじいことでしょう。

もともと、チベット密教の地に憧れて向かった場所。
同じアジアの国なのに、日本とは違う文化を持つ、刺激的で思い出深い国です。
数々のすばらしい世界遺産の無事も気になりますが、やはりまずは、暮らしている人々の命の安全が第一。
防災教育が徹底されているのかわかりませんが、いまだに余震も続いているようなので、これからも倒壊建造物の下敷きになる二次災害が増えそうです。

ささやかながら、ネット募金で応援しました。
現地は瓦礫となり混乱していると思いますが、被災者も救援隊も、みんなめげずにがんばっていただきたいです。
| travel | comments(0) | trackbacks(0)
Powered by JUGEM                              ▲page top
                    Page: 1/12   >>
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
PROFILE
 
SELECTED ENTRIES
@lyca_'s tweets
RECENT COMMENT
CATEGORIES
リカ's BLOG/HP
ARCHIVES
page top