フランスハット(W杯)

今年のワールドカップが決まりましたね。
決勝戦がフランス対クロアチアになるなんて、世界中のいったい何人が予想したことでしょう。

 

私はクロアチアを応援していました。
3戦連続で延長戦続きの上に試合間隔がフランスより1日少ない、へとへとのクロアチアに肩入れした人も多かったでしょう。大統領も庶民的でチャーミングでした。

 

まあ、コンスタントに強かったフランスが優勝というのは納得です。
でもクロアチアも大奮闘しました。モドリッチがMVPに選ばれたのがうれしいです。
(次はぜひバロンドールを!)

 

さて、対戦側を応援したとはいえ、なんだかんだでやっぱりフランスびいきの私。
家の奥底にしまい込んでいたハットを取り出しました。

 

じゃーん!これ、FIFA公認ハットでーす。
買ったのは、2002年!ポケット版辞書は大きさ比較用です。
日韓ワールドカップのロゴが、懐かしいですね〜。

 

当時、横浜での決勝戦を観て、すっかりテンションの上がった私は
(なにかめちゃくちゃ目立つものを記念に買っておこう)
(ユニフォームはみんな着てるから却下)
(ハットトリックだけに、帽子がいい!)
と思って、帽子売り場に行きました。

 

出場32か国ごとに違うデザインのハットがずらりと並び、どれにしようかとしばらく考えました。
日本のはほとんど青で、つまらなかったので却下。
水色と白のアルゼンチンにするか、最後まで悩んで、結局これに決めたのです。
(全然フランスびいきじゃないじゃん!)

 

ただこれ、目立ちすぎてなかなか着用の機会がないんですよね。
一度、誕生日パーティの時に、参加者全員に被らせたことはありますが、それっきりタンスの奥底で長い眠りについていました。

 

それが16年たって、こうして日の目を見るときがこようとは!Vive la France!
さてじゃあ、さっそくかぶろう、とはしませんよ〜。

 

実は準決勝の「イングランド×クロアチア」戦の時、賭けをしたのです。
イングランドを応援している友人が、私がクロアチア派だと知ると「じゃあイングランドが勝ったら食事ね」と言いました。
売られた喧嘩はきっちり買うのが大人のたしなみ。
私は「じゃあクロアチアが勝ったら、ハットをかぶって待ち合わせね」と言いました。

 

そして、ドキドキの観戦。
内心(イングランドが勝って、私はゴチすることになるんだろうな)と思っていたら、なんとクロアチアが勝ったんですね〜。

 

そんなわけで、ハットは友人にかぶってもらわなくてはなりません!約束ですから!
どこか目立つ外の場所で待ち合わせして!
私は時間に遅れてしばらく一人きりにさせるという、鉄板スタイルで!

 

そのうちどこかで、このハットを恥ずかしそうにかぶっている人がいたら、(あ、あれね)と察してあげてくださいね。


Par L'Agence France-Presse


フランスはサッカー優勝国となった上に、目下ツール・ド・フランスシーズンでもあるので、もう大盛り上がりで偉い騒ぎだろうなあと思います。

試合に勝つたびに、グリーズマン選手が「Vive la France!」と言っていましたね。
フランスおめでとう!
4年ごとの熱いサッカーの祭典。今回もたっぷり楽しめました。

| sports | comments(0) | trackbacks(0)
W杯オープニング映像:ロシアの名所探し

ワールドカップロシア大会は、いよいよベスト8に絞られました。
日本は惜しくもベスト16で敗退しましたが、FIFAランキング61位ながら16枠に入られたのは快挙です。
応援しがいのある試合で、私たちに夢と興奮を届けてくれました。
サムライブルー、ありがとう!

 

日本戦はもう終わりましたが、ワールドカップはいよいよ宴たけなわ。

8強に絞られてからは、どの試合も見逃せません。
クオリティがぐんと上がるし、外国同士の試合は、肩入れしすぎず純粋に観戦を楽しめます。

これからが世界サッカーの醍醐味を味わえる時です。

 

今回の8ヶ国の中では、私はウルグアイとフランスを応援しています。
さっそく両国が戦うんですよねー。
トーナメント戦の流れで、するっと躍り出てきそうなクロアチアもチェックしています。

 

さて、前々回、少し話題にした「World Cup Russia OFFICIAL TV Opening」。
ワールドカップの試合放映前に流れるFIFA公式TV映像で、今回も凝った作りです。


登場するアイテム一つ一つに意味があるのでしょうけれど、解説はありません。
そこで、自分がわかるものをピックアップしてみました。

 

「World Cup Russia OFFICIAL TV Opening」

(動画は今のところ、YouTubeで見られます↑)

 

 -------------------------------------------------

サッカーの試合中。ボールがピッチを超えて飛んでいくのは…

【サンクト・ペテルブルクの町】

● 「ネヴァ川」と「ロストラの灯台」:名所



● 「青銅の騎士像」:名所

● 選手の映像が映る「ダイヤモンド」のモニュメント:ダイヤモンド採掘世界一

● ボールが「スプートニクI号」に変わる

● 火を噴く「ズメイ(スラブドラゴン)」



【ボルゴグラードの町】サッカーの試合中。

● 発射する「ロケットR-7(セミョールカ)」

● 「母なる祖国像」(前々回のブログで書きました):名所

【場所不明】サッカーの試合中。

● 飛んでいき、ボールを落とす「火の鳥」



● 三頭の馬→つまり「トロイカ」?

● 走る「シベリア鉄道」(ファンシー調)

【モスクワの町】サッカーの試合中。

● 「聖ワシリー大聖堂」:名所

● バレリーナと「ボリショイ劇場」:名所



● 「赤の広場」:名所

● 「スパスカヤ塔」:名所

● 「クレムリン」:名所

 -------------------------------------------------

 

わかったのは計16個。何度も映像をリピートして、けっこうがんばりました。
ほかにもまだまだわからない建物や銅像がありますが、これが限界です、ふうふう。
30秒くらいの動画の中に、ぎっしりとロシア情報が詰まっているんですね。

 

ロシア観光局の人なら、どれもピンとくるのでしょう。
問い合わせたーい!

 

ロシア通の友人に教えてもらおうかなと思いましたが、サッカーに興味がなければ単なる面倒くさい質問でしかないだろうと思って、結局聞かずじまいです。

 

詳しい人がいらしたら、教えてくださいね!

さあ今夜も、明日からの観戦ために早く寝ようっと🎵
 

| sports | comments(0) | trackbacks(0)
ポーランド、そしてベルギー

ワールドカップは、昨日全ての組の一次リーグが終了しました。
日本は辛くも突破。
時間稼ぎのパス回しは、Jリーグの試合で何度も見たことがありますが、W杯日本戦で見るとさすがに衝撃度が違いますね。

今回の試合内容は、かなり顰蹙を浴びていますが、私は擁護派です。
わざわざ負けたままで終わりたいなんて思う選手なんて、いるはずありません。誰もが不本意だったことでしょう。
西野監督は、大博打を打って世界中からのブーイングに耐え、結果をつかみました。
批判されるのもわかりますが、きれいごとだけでは進めない、結果が全てのタフな勝負の世界です。

気温35度だったという試合会場のヴォルゴグラード。猛暑の中、どちらの選手も、ピッチ上で体が重そうでした。
悪コンディションでの無理は禁物です。次の試合に出るつもりならば、なおのこと。

 

ヴォルゴグラードは、かつてスターリングラードという町だったんですね。
スターリングラード攻防戦の舞台!

同じH組のコロンビア、セネガル、ポーランドの3か国と試合は、どれもがっつり観戦しましたが、今回は、他国の選手よりも、監督の方が気になりました。

コロンビアのペケルマン監督、セネガルのシセ監督、ポーランドのナバウカ監督。
みんな渋くてダンディだわ〜。

これまでの大会では、普通に選手の方に注目していたはずなのに、おじさんをチェックするなんて。

「これが年を取るということ?」と遠い目になったら、
「ちがうよ、年取ったらどんどん若い子が好きになるものだよ」
と、ジャニオタの友達に力強く言われたので、安心しました(なにを?)

 

FIFA World Cup Russiaの公式OPアニメの15秒目くらいに登場する銅像は、ヴォルゴグラードにあります。
「母なる祖国像」といって、85mもあるんだそう。
下にいる人間との、大きさの差にびっくり。


日本もかなり盛り上がっていますが、外国のサッカー熱は、それをはるかにしのぎます。
今年の夏、ポーランドの友人のところに行こうと計画していますが、対戦国になったので、このタイミングではなかなか連絡しづらなっているところ。
(ポーランド戦の前に話をしておこうかな、それとも結果が決まった後の方がいいかな)とモヤモヤ考えているうちに、試合日になってしまいました。

結果は、ポーランドが勝ったので、国民の溜飲は下がったことでしょう。
日本は負けましたが、一次リーグを突破できたので、国民は大喜びです。
フェアプレイ点差というギリギリのところで、どちらの国の人たちもニッコリの結果になったので、こうした事情を抱えている私にとってはベストのスコアとなりました。

 

次の試合会場は、ロストフ・ナ・ドヌ。
「クシコスポスト」を思い出しました


それはいいんですが・・・。
日本の次の対戦国は、G組の1位通過国。
イングランド-ベルギー戦で勝った方になります。
この試合は、夕べの夜中の3時キックオフ。さすがに起きていられなかったので、(イングランドが勝ちますように!)と願って寝ました。

ところが、起きてみたら、勝ったのはベルギーでした!
うはあ、次は赤い悪魔と戦うのねー。

個人的に、イングランドが好きというより、ベルギーと戦ってほしくなかったのです。
だってだって、ポーランドの友人は、ベルギー生まれのベルギー育ち。
在ベルギー期間の方が圧倒的に長い、ベルギー人でもあるのです。

友人の二つの祖国とたて続けに日本が敵チームになるなんて、なんていう運命のいたずらでしょう。
そんなことで友情が壊れるとは思っていませんが、ワールドカップは簡単に人の気持ちをかき乱しますからね。サッカー強豪国の情熱的な人とハッピーなやりとりをしたい場合は、やっぱりタイミングは大切です。

まだまだ、友人に「遊びに行くよ!」なんてのんきな連絡はできなさそう。
旅行に行けるのか、心配になってきましたが、まあ、それはそれ。
日本-ベルギー戦、次回も楽しみでーす。
ベルギーの監督もチェックしておこうかなっと(笑)
 

| sports | comments(0) | trackbacks(0)
コロンビアとエクアドル(W杯)

サッカー・ワールドカップ2018が開催中です。

昨日は日本がコロンビアに勝ちましたね!
最近はあまりにもいろいろ深刻な事件が多くて、W杯は例年以上に盛り上がっていないようでしたが、みんな幸せになれましたね。

 

日本戦の初戦を観ようと、TVの前に陣取りました。
サムライブルーのユニフォームの日本代表選手たちと向かい合うのは、全身黄色づくめのコロンビア代表チーム。

(彼らの試合、前に観たなあ)と思いました。

 

あれは日韓World Cup2002の時のこと。
横浜国際総合競技場(日産スタジアム)の中も外も外国人サポーターであふれかえり、熱気がムンムン。

世界が注目する試合を目の当たりにしているという、身体を揺り動かすようなものすごい興奮の渦に取り込まれました。

 

でもあの黄色いチーム、たしかW杯初出場と言っていたけれど、コロンビアは出場回数の多い強豪国のはず。
あれー?

 

調べ直してみたら、私が観たのはエクアドル対クロアチア戦でした。
あらー、違う国だったわ。
でもユニフォームは黄色だった!

 

気になって調べてみました。

△こちらがコロンビア代表チーム。

△こちらがエクアドル代表チーム。

ほとんど一緒やーん!!

(といっても、代表ユニフォームのデザインは毎年、大会ごとに変わります。
 今回はエクアドルは出場しないので、あえて似た感じのものを並べてみました。)

 

コロンビアとエクアドル、位置関係がよくわかっていません。
地図で見たら、お隣さん同士でした!

 

国旗もなんだかそっくりなんです。
さらに隣のベネズエラとも似てるー!これは判別がむずかしい!

エクアドル(上)、コロンビア(左)、ベネズエラ(右)

 

ということで、おそるおそるベネズエラ代表ユニを調べてみたら・・・

こちらはテイストが違いました。ホッ。

 

今年の2月にポーランドの友人がやってきたときに、「同じグループになったね」という話になりました。

「ポーランド、セネガル、コロンビアかあ…。日本は厳しいなあ」

そう呟いたら、友人は慰めてはくれずに
「そうだね。お気の毒さま。代わりにポーランドが勝ち進むよ」
と言いました。

ウググ・・・悔しか〜。
と歯がみをしながらも、言い返せなかったあの時。

ところが、ふたを開けてみればこの結果ですよ。

ダニエル〜!見てたー?日本勝ったよー!!
対するポーランドは・・・負けてしまいましたね。

前に上から目線をされたので、お返しにツンツンメールを出そうかな〜。
と思いましたが、やめておきました。
大人ですから!

これだから勝負って、わかりません。

2002年のエクアドル戦観戦のことは、過去ブログに書いてあります。

2002年06月13日
『World Cup 一次リーグ エクアドルvsクロアチア』 1-0

久しぶりに読み返してみて、最初はベルギー-ロシア戦@エコパのチケットを入手できたのに、行けなくなってしまい、試合の当日に、JR菊名駅でベルギー-ロシアのチケットを譲り、5分後に別の人にエクアドル-クロアチアのチケットを譲ってもらったという、綱渡り状態だったことを思い出しました。

あの時はFIFAのチケット問題もあって、バタバタだったんですよね〜。
一枚も画像がない、文章のみの素人視線のレビューですが、16年前の興奮が詰まっていて、なつかしくなりました。

今回も、いろいろな国の代表のすばらしいドラマがたくさん観られますように!
 

| sports | comments(0) | trackbacks(0)
スターマンといったら...

昨日の最後に書いた「ドキドキ船乗り話」ですが、ちょっとまだドキドキが収まらないので、そのうちに…。

そして旅行ブログの方にアップしようと思います。

 

今回はテーマを変えて、ベイスターズのマスコットについて。
中華街に行く途中、きれいになった横浜スタジアムの前を通りました。

 

「そういえばホッシーって、どうなったんだっけ?」
ホッシーは、もういません。6年前に球団がDeNAになったと同時に新しいマスコットに変わったんですね。

ブラックホッシーもいなくなって、さびしいわ。

 

 

ホッシーのイメージが強すぎて、今のマスコットがいまいち思い出せません。
そこでスタジアムのグッズ売り場、ベイストアをのぞいてみました。

 


マスコットグッズ発見。

かわいいですが、どうもインパクトに欠けるんですよね。
なんだかラスカルっぽいなあと思ったら、ほかにもそう思った人がいるのか、すでにラスカルとベイスターズはコラボしていました!
やっぱり似てる〜。ラスカルはアライグマ、マスコットはハムスターなので、原型はずいぶん違うんですが。

 

 

「このマスコット、名前はなんだっけ?」
ルックスからすると「ほしにゃん」とか「ほしチュー」っぽいですが、割と硬派で「DB.スターマン」といいました。

 

 

おや、ちょっと待ってくださーい。
「DB.スターマン」といったら、David Bowieのヒットナンバー「Starman」じゃないですか〜!

 

 

DB(ボウイの方)ファンとしては、激しく引っかかります。
マスコットを命名する時、誰も気にしなかったのかしら〜?
それとも「むしろボウイに乗っかっていこう」と思ったのかしら〜?
それとも時代が変わり、ボウイの歌なんて誰も知らないのかしら〜?

 

DB.スターマンを名乗る以上は、顔に雷ペインティングはマストよー!
プロフィールにはボウイをリスペクトしてるとか、カラオケでは「スターマン」が18番とか書いてほしい〜!趣味モバゲーってだけじゃなくて〜!

 

でも、このマスコットはもう6年選手。結構キャリアを積んでいます。
ボウイが亡くなったのは2年前なので、スターマンの登場と完全にかぶっていますが、ボウイ本人は知っていたのかいないのか。
まあ、知っていても気にしなさそうですし、今さら私がブツブツ言っても始まりません。

 

「David Bowie Starman」で画像検索すると、もちろんボウイがヒットしますが、「DB.スターマン」や「DB Starman」だとほぼ100%、星顔のマスコットばかり出てきます。
時代はボウイからハムスターへ移りゆく…?(なんつー変遷)

 

驚きのあまり、スターマンの名前は一発で覚えました。
まあでもその名を名乗る以上は、ハマで伝説を作ってほしいですね。
ボウイとベイスターズ、両方のファンがいたら、違いすぎるスターマンについてどう思うか、聞いてみようと思いまーす。
 

| sports | comments(0) | trackbacks(0)
セグウェイ初体験

GW中、友人に「セグウェイ乗りに行かない?」と誘われました。
軽い!でも乗ってみたい!
つくばまで行かないと乗れないと思っていたら、先月から海老名でも乗れるそう。
行かない手はありません。

 

 

横浜から相鉄線に乗り、終点が海老名。

ふと気が付くと、車両内に一本だけ他と違う吊り革がかかっています。
「あれなんだろう?」「ネコ型でかわいい!」
「そうにゃん」と書かれていました。相鉄のキャラクターだそうです。

 

 

海老名には、学生時代にF1カートに乗りに行ったことがあり、レアな乗り物に乗れる場所というイメージ。

広い敷地が必要でしょうから、駅から遠いのかと思いきや、なんと近接する小田急とJRの海老名駅の間にありました。

動く道路からまっすぐ見えて、とっても目立ちます。

 

 

さっそく乗車手続きを取りました。
まずはビギナー用講習を受けます。体重移動で動かすため、かなり感覚的。
マシンに停止モードはありません。一旦上に乗ると、自分のバランスで停止させるしかなく、はじめはみんなフラフラ、ブルブルします。

なかなか思うように動かせないと、怖がる人もいました。

運動センス最悪の私ですが、いつになく、すぐにマスターでき、振動を吸収する時の膝の使い方を褒められました。
脳よりせき髄反射で動く人や、「見る前に飛ぶ」人にはバッチリです(笑)。
基本の姿勢は、フラットに立ち、背筋を伸ばして前方を見ること。
つい手元や足元を見たくなりますが、そうすると前傾姿勢となって前に体重が掛かり、勝手に前進してしまうのです。
慎重派の方はがんばって!

 

 

ここで乗るのは、オフロード用のゴツイタイヤのもの。

標準のものはもっとタイヤがスリムです。

 

講習前に、細かな誓約書にサインし、ヘルメットと手袋と膝サポーターをはめました。
肩にかけていた上着は(落ちたら危険だから)とロッカーにしまうように勧められました。
(ここまで厳重な装備をつけなくてもいいのでは?)と思いましたが、近くを走る女性が、走行中にバランスを崩して頭から落転するのを見て、ひやっとしました。
あなどってはいけませんね。なにかあると危険そう。

 

 

 

一通り講習を受けて、コースイン。自動車の教習コースのように、カーブあり、スロープあり、ジグザグも枕木もあります。
そのあとはフリーライド。好きなコースを好きに走ります。
ぐっと前に体重をかけて、加速しました。むき身で乗っているため、車に乗るよりもスピードを感じます。

 

 

乗り終わってコースの外に出ると、「ねえねえちょっと」と柵の外から声がしました。
振り向くと、自転車に乗ったおじいさんがおり「これなんだい?」と質問されて、ざっくりと説明。
「はえー、そんな乗り物があるもんだねー」とおじいさん。
「ここなんて、ちょっと前までは田んぼだったんだけどねー。カルガモの親子が歩き回っていたさ」
駅前なのに、のどか〜。
セグウェイが乗れるのは今年いっぱい。来年にはこの場所に高層マンションが建つそうです。

 

 

友も私も大満足!自分でも欲しいくらい。
今では、あちこちでセグウェイツアーが行われているようなので、今度は森林浴を楽しみたいし、ゆくゆくは一輪車セグウェイにも乗ってみたいなあ。

 

自分が年寄りになる頃には、電動車いすじゃなくてシニア向けセグウェイが普及していればいいなあと思います。

 

・SEGWAY BASE

| sports | comments(0) | trackbacks(0)
魅惑の深夜海外通販番組
CMのインパクトが強すぎて、なんの宣伝かよくわからないものって、ありますよね。
たとえばワンダーコア。
どんなありえない状況で転んでも、両手を頭の後ろに置いて上半身で起き上がり続ける宇梶剛士の真面目な様子がおもしろくて笑っていましたが、結局なんのCMかわかっていませんでした。

腹筋促進器具だったとは。
友人クミコさんに「うちに、なんちゃってワンダーコアがあるよ」と教えてもらった時には、テンションが上がりました。
(あのCMで買う人いるのかな〜)と思っていたら、近くにいたー!(笑)

最近は見なくなりましたが、深夜に延々と流れる海外通販番組は、麻薬効果がありますね。
私も、あれを見て欲しくなって買ったものがいくつかあります。
アブトロニック(なつかしい!)は、強度調節が下手ですぐにおなかが痛くなり、ほとんど未使用のままどこかにしまいこんじゃいました。
ボディーブレード(なつかしい!)も、全然使っていませんが、今では不審者が侵入したら撃退する武器として第二の使われ方をしています。(置いているだけなので、やっぱり未使用です)

ほかにもちょこちょこありますが、ああいうお買い物って、楽しいんですよね。
どれも使い込めばそれなりの効果は出るものなので、無駄遣いではないと思って(信じて?)います。
ただ、使いこなさないでしまい込む、そこに大いなる自分の甘さがあるのですね〜。うむうむ。

そんなわけで、ワンダーコアにも興味しんしん。
クミコ宅に遊びに行った時に、さっそく見せてもらいました。
引っ越ししたての彼女の家の一部屋に、段ボールに囲まれて、SIX PACK COREマシンが鎮座していました。(名前がすごそう)
トレーニングルームになる予定のよう。
荷物解きもそこそこに、すぐできるように出している感じでした。

やらせてもらうと、思ったよりも動かしやすくて、愉快になってきます。
「簡単そうでも、回数を重ねるとけっこうおなかに効くのよ」とクミコさん。
彼女のおうちに遊びに行けば、宇梶ごっこができるとわかりました。

ほかにちょっと気になるのは、trfの「EZ DO ダンササイズ」。
これも通販番組の麻薬効果が〜。
すでに買って、家でサムごっこをしている友人がちらほらいます。

こういう「あってもなくてもいいけれど、あったら楽しい」ものって、いいですね。
生きていくうえで絶対必要なわけではないけれど、あれば気分がアガるもの。
自分で買ったものは、使うも使わないも、生かすも殺すも自分次第。
無用の長物化させないためには、思い出したら使うようにすればいいんですよね。
というわけで、今日の夜には久しぶりに、ボディーブレードを振ってみようと思います。
・・・使っていないうちに経年劣化が進んで、振ったとたんにポッキリ折れちゃいませんように!
| sports | comments(0) | trackbacks(0)
ダンス・ダンス・ダンス・ダンス
週末に、ティップネス横浜店に行ってきました。
場所は、浜っ子にはなじみのハマボール内。震災で建物が損傷し、今ではリニューアルした新しい施設になっています。

どこもかしこも気持がいいですが、ロッカーキーをうまく使いこなせずに、あたふたしました。
Edy搭載の防水リストバンド「TIP GEAR」だそうです。キーも暗証番号もなしにロックがかかるなんて、近未来〜。

連れはクミコさん。ヨガ教室に通っていますが、スポーツクラブは初めてとのこと。
今回、私が参加したいプログラムは、スタジオ3つにプール1つです。

ベリーダンス
BAILA BAILA
trf EZ DO DANCERCIZE
アクアダンス

怒涛のダンス4連続クラス!普通に考えても多いです。
初めての人にはハードすぎますよね。減らそうかな。
でも「なんでもいいよ、合わせるよ〜」と言ってもらったので、「とりあえず、無理だと思っらやめることにしう」と決めました。

普段通っているスポーツクラブでは、プールにしか行かないため、スタジオ参加は久しぶり。
両方行くとなると、着替えが多くなるので、どうも億劫なんです。
でも今回は気合十分ですからね!

ベリーダンス
スタジオ内は、少し照明を落として薄暗くなっており、アラビアの洞窟っぽいムードでした。
参加者は結構います。30人くらい。
驚いたことに、男性も数名いました。
みんな、シャラシャラした金の飾りつきのヒップスカーフをつけて、衣装もばっちりでした。
レッスンが始まってすぐにキレが違うとわかります。
みんな上手で本格的。毎週参加しているコアメンバーでした。
それで、衣装もつけているわけなんですね。
初心者は、私たちともう一人の女性。ついていくのが必死でした。
でも裸足で踊るのが気持ちいい〜。女性が踊るとセクシーですが、本場のものほどお色気過多ではありません。
男性が同じ振りで踊ったら、なよなよしてしまうかと思いましたが、堂々とした勇ましい感じになりました。アリです。
アラビアンな音楽に包まれて、楽しく踊りました。
これは、続けて通うなら、衣装も欲しくなっちゃうわ〜。

BAILA BAILA
雑誌にもある名前で、どんな意味だろう?と思ったら、「踊ろう×2」という意味でした。
地中海風の踊りということ。今度は、日光の下が似合うヘルシーな雰囲気です。
今回は35人くらいでしょうか。やはり男性が数名います。
タンクトップ姿の女性が多い感じ。
軽快な音楽に合わせてステップを踏んでいくもので、おもしろいしそんなに難しくないのですが、リズムに合わせた細かい動きが増えていくと、覚えるのが大変で混乱してきます。
この日は「エスメラルダ」の部分を重点的に練習しました。
恵比寿にキューバンバーBodeguitaがあった頃、店内にはいつもオルケスタ・デ・ラ・ルスやデル・ソルが流れており、夜も更けるとお客がみんな踊り出していたことを思い出します。
ラテン音楽に包まれて、ごきげんなサルサ気分になりました。

trf EZ DO DANCERCIZE
立て続けに2つスタジオレッスンを終えて、さすがに疲れてきました。
ちょっと休みたいし、もうプールに移動てもいいかなと思います。
でも、気になるのがこのレッスン。
深夜によくDVDの宣伝が流れていて、気になっていたのです。
初心者レベルだというし、なじみの歌に合わせるんだろうし、やれそうかな?と思って、こちらも参加しました。

参加者数は多く、40名ほど。男性も数名います。
カラフルな目立つ色の服や靴の、個性的な人が大勢います。
みんな派手で、最初、誰がインストラクターかわからないくらいでした。

曲はCRAZY GONNA CRAZY。初めにさらっと流したら、みんなバッチリ踊るので、びっくりします。
このレッスンは、2か月で一つの曲をマスターしていくということで、4月最後のこの日がなんと総仕上げ日でした。
だから毎週参加している人はみんな、初めからほぼフルで踊れるのです。
ひえ〜、よりによって完成日だったなんて。
「初めての人は、無理せず、ステップだけでも覚えていきましょう」と言われて、もはや初心者レベルではないことを知りました。

たしかに振り付けは、trfっぽいです。プロの彼らが監修したものなんですよね。
前の二つのレッスンと違って、細かいジャンプが多く、思ったよりもハード。
ハードルが高いわ〜。
水を飲む時間になるたびに、クミコさんはその場に座り込んでいました。
息が絶え絶えで、顔が紙のように白くなっています。
大丈夫かなと思いましたが、踊る時にはちゃんと立ってステップを踏んでおり、根性です。
頭の中はすっかり混乱していましたが、それでもなんとか一曲通して踊りきれるようになりました。
だましだましですけれどね。
音楽に合わせて踊りきれると、気分爽快〜!
体力が切れたのか、終わり近くになると途中で出ていく人も何人かいましたが、私たちは結局最後まで踊っていました。
「これでこの曲は完成。来月からは、Love & Peace Forever。ゆっくりめの曲だから、今回よりも踊りやすいはず。ギブアップした人が周りにいたら、つれてきてね」とインストさん。
一週間あとだったら、ヒーコラ言わずに済んだかもしれないのね〜。

アクアダンス
 

これで怒涛のスタジオレッスントリプル初参加は終了。水着に着替えてプールに行きます。
アクアビクスは、慣れているので問題ありません。ユーロビートに合わせて踊りながら、浮力でスタジオで酷使した足をほぐします。
私がアクアダンスに参加している間、クミコさんは泳いでいました。
新しくて気持ちがいいプールですが、底がすべりやすくて、ダンスをしながら何度もつるっとバランスを崩しそうになりました。

◎ 温泉♨
ここのお風呂は準天然温泉。同じ建物内に、SPA EASが入っているからでしょうか。
お湯につかって身体をほぐしながら、あたたまりました。
やりきった感満載です。おそい昼食になりましたが、パスタを食べてひとごこち。

この日合わせて踊った音楽は、アラビアン音楽→ラテン音楽→trf→ユーロビートと、気がつけばワールドワイド。
どれも踊りに乗った楽しいダンスでした。
やっぱり人間、踊って歌えたら、いろいろあってもとりあえずハッピーモードになれますね!

チケットをプレゼントしてくれたユミコちゃん、一緒に踊ってくれたクミコさん、どうもありがとう!
| sports | comments(0) | trackbacks(0)
ティップとまい泉
仲のいい友達から、ティップネスの施設利用チケットをいただきました。(ゆみこちゃん、ありがとう!)
私もスポーツクラブの会員ですが、ほかのクラブはどんな感じか、気になります。
ティップネスは、都心にある都会型スポーツクラブというイメージ。
10年以上前に、渋谷店に行ったことがあるきりです。

スポーツクラブは初めてという友人と行くことにしました。
どの店舗がいいかな?と探します。
友人の家から一番近い川崎店は、行く予定の土曜日だけプールレッスンがありません。
渋谷店は、プールがなくなっていました。あれ、前はあったのに建て替えたのかな?
だから両方却下。プールは外せませんの。

初めは「空手レッスンがあるなんて珍しいね」と六本木店に行こうとしたものの、「やっぱりJRのそばが行きやすいね」と五反田店に変更しました。
スタジオ用とプール用、両方のグッズを持ってきたため、2人とも大荷物。
一日いようと気合まんまんで臨む私たちは、「中では食べるところがないから」と、まい泉のヒレカツサンド(大)を買い込んでいきました。
「レストラン、ないんだ。うちのマンション1Fのスポーツクラブ内にはカフェバーがあるよ」と友人。
新しい形!

五反田店はティップネスのビルになっています。大きいのね〜。
まずはプールに行きました。
友人に「最後にプールに行ったのはいつ?」と聞くと、「一緒にホテルオークラのプールに行った時かな」と。
えっ、それってもう、5年前の話よ〜!
「ホテルのプールとあかさかとさか」(2010.09.02)
ちなみに私が最後にプールに行ったのは、2日前の木曜日です。

「アクアダンス」のインストラクターには「はっきり言って、予想以上にキツイですよ。でも頑張って!」言われました。
たしかにハードだった〜。全身運動なので、水から上がったら身体が重くて二人ともぐったり。
プールサイドのジャグジーによろよろとつかり、しばらくそこから動けません。
特にプールに入ること自体久しぶりの友人は、私よりもこたえたもようです。

すぐにパワーがなくなったため、予定よりも早めにラウンジでカツサンドを食べて、元気を盛り返しました。



とても天気がいい日ですが、屋内スタジオは参加者でぎっしり。
「スタジオは混んでるから、トレーニングジムに行こうよ」と言う友人と、マシンがあるフロアに上がります。
そこでインストラクターに「15分なのでどうですか?」と勧めら、「ファストシェイプ」プログラムに参加しました。
 

4つのグループに分かれて、20秒ずつ、4つの筋トレをやるというものです。
ウェイトを抱えたり、腕立て伏せをしたり、トランポリンの上で高速足踏みをしたり、ロープで身体を支えたり。
たったの20秒と思えますが、筋トレをしていると、これが長い時間になります。
なかなかハードでした。
続けて今度は、いま使った筋肉をストレッチでほぐす「トータルリカバリー」プログラムを受けました。
わあ、身体が柔らかくなった―。

その後、ランニングマシンやバランスボールなどでひとしきり楽しんでから、スタジオがあるフロアに行きましたが、やはりプールでの体力疲労が大きく響いており、いまいち跳ねる気になりません。
「これから1時間、ダンスし続けていられない気がする…」「このくらいで、もういっかー」と、お互い弱音を吐き初めて、予定よりもずいぶん早くに出ることになりました。

受付の人に「初体験する人は、参加するのはだいたい一つか二つくらいですよ」と言われていたものの、友人も私ももっとやる気満々だったんですが。
特に私は、普段は別のジムに通う、なんちゃってスパイ(笑)で、初心者じゃないのに。
いかにいつも、ジムで適当に過ごしているかっていうことですね!

「ま、土曜日は一週間の疲れがたまってるしね」「そうそう、春は忙しいもんね」と、自分たちにせっせと言い訳を並べて、運動の館を後にしました。
来週、またティップ体験します。次は体力つけて、もうちょっとプログラムに参加できるようにリベンジしたいわ。
今度はどこの場所にしようかな〜♪
| sports | comments(0) | trackbacks(0)
好きです、軍艦島
ここのところ、軍艦島が静かな話題です。
興味を持っている友達は周りに結構多くて、島の写真集を持っている人や、実際にツアーで上陸した人などがいます。

小さい頃から軍艦島のことが気になっていた私は、話題が出るたびに「いいね〜、行きたーい!」と盛り上がっていました。
でも、最近なんだかちょっと違うような気がしてきました。

写真やTVで見る軍艦島は、無人の廃墟。朽ち果てたゴーストタウン。
どう考えても、私の好みではありません。

そもそも島のことを知ったのは、JR「いい日旅立ち」のCMからでした。
ああ〜、日本のどこかで〜♪
寂しげな映像がメロウなメロディと合って、子供心に旅情をかき立てられたものです。

私の好きな軍艦島は、軍艦というより、航海中の豪華客船っぽくて、もっとロマンチックなはずなのに。
見れば見るほど、コレジャナイ感たっぷりです。
軍艦島は、知らない間に荒れ果ててしまったのかしら?

最近、その謎が解けました。
なんと、軍艦島は2つあったんです!
なんてこった〜!

なんかおかしいとは思っていたものの、角度の問題だろうと思って、疑っていなかったら。
まさか2つあるなんて!
犯人が双子というオチは、ミステリーでは禁じ手なのに!
(ミステリーじゃないけど)

有名な軍艦島は長崎県ですが、私が好きな軍艦島は石川県にありました。
軍艦島というのはどちらも愛称なんですね。だから同じ名前だというわけです。

長崎の方は、端島。
造船業のために海底炭鉱が開発された、明治日本の産業革命遺産です。
石川の方は、見附島。
弘法大師が佐渡から能登に渡るときに発見したと言われる奇岩です。

島のいわれからしてまったく違いますね。
びっくりしたけれど、ほっとしました。

そもそもなぜこのことを知ったかというと、北陸新幹線開通の折に、北陸の観光地として、この見附島が紹介されていたから。
能登半島の先にあるとはね〜。

「軍艦島へ行ける」ということになったら、みんな長崎に向かいそうですが、私は一人、横を向いて石川をめざしたいと思います!
百恵ちゃーん!(歌と結びつけすぎ)

長崎の軍艦島にも、行ってみたいですけれどね。
軍艦については門外漢ですが、名前に軍艦とついているものは、島だけでなく、軍艦鳥も軍艦巻も好きでーす。
| sports | comments(0) | trackbacks(0)
Powered by JUGEM                              ▲page top
                    Page: 1/8   >>
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
PROFILE
 
SELECTED ENTRIES
@lyca_'s tweets
RECENT COMMENT
CATEGORIES
リカ's BLOG/HP
ARCHIVES
page top