焼けないビザ職人

来月、職場主催で開催される国際会議に向けて、目下準備を行っています。

参加希望者の中には、ビザが必要な国の人々もいます。

日本入国ビザが必要なのは、中国,ロシア・CIS諸国,ジョージア,フィリピン。

 

続々と届く依頼に応えるべく、片っ端から書類を作っています。
作っても作ってもやってくる依頼。
日本側のホスト団体として、その人の入局許可を希望する書類を作って各人に送り、それを各国の日本領事館に出してビザを発給してもらう段取りです。

 

ところが、送ったはずの書類が届かないという連絡もじゃんじゃん来ます。

なぜか中国からばかり。
郵便物の追跡調査をすると、どれもちゃんと配達済みになっているため、こちらとしては「届いてますよ」としか答えられませんが、「やっぱりない。どこにもない」と言われて、再び作成したりもしています。
そんなこんなで、ビザ書類ばかり作って一日が暮れていくような感じ。

 

おこがましくも、シンドラー、もしくは杉原智畝(すぎはらちうね)になったような気分。

彼らは素晴らしく人道的な方々なので、まあそう思うとやる気も出るというものです。

 

 

ここのところずっとビザ対応にかかりきりで、ほかの仕事が全く進まないので、ため息交じりに
「なんか私、ビザ職人になった気分」とつぶやきました。

 

すると同僚が「えっ?」と弾む声で聞きかえしてきました。
「ピザ職人?」

 

脳裏に伸ばした生地を空にほうり上げるシェフの姿が浮かびます。
「違うー!」
それなら職人魂を燃やせますが、いくら作ってもピザは焼けません。

 

今日は、ロシアのロマノフさんという人の書類を作りました。

ロマノフといったら双頭の鷲の紋章のロマノフ王朝。ブルボン並みのロイヤルネームだと思っていたら、普通の名字でもあるんですね。

じゃあこの人は王族?いえいえ、王家はロシア革命で途絶えたはず。

アナスタシア伝説とかありましたね。

 

と思って調べてみたら、ロマノフ家の血はちゃんと続いていました。

一番の若手、今の当主の息子は、ゲオルギー・ミハイロヴィチ・ロマノフさん。
ロシア情勢に疎いので、どんな立ち位置なのかよくわかりませんが、やんごとなき人です。
でもビザを出した人は、別人でした。残念!
まあ、特別のビザかもしれませんからね。元王家みたいな!?
そんな妄想を膨らませながら、まあそれなりに楽しく作業をしています。
「レーニンの "得意な(1917)" ロシア革命」、1917年。
今年は、ロシア革命が起こり、ロマノフ王朝が滅亡してから100年たった2017年。

ちょうど今、東洋文庫で「ロマノフ王朝展〜日本人の見たロシア、ロシア人の見た日本〜」が開催されているそうです。

 

自分の出したビザ申請書を使って、無事に全員入国ビザがもらえることを願っていますが、「日本にやってきたビザ所有者が、全員きちんと母国に帰ればいいね」と言われたりして、不安たっぷり。

日本でいなくならないで〜。
大使館職員って大変なんだわ。やっぱりシンドラーと杉原智畝氏のこと、尊敬しまーす。

| work | comments(0) | trackbacks(0)
迷い込んだキビタキ

私の職場は大きな寄宿舎のような建物の一角にあります。
中庭を中心に、100mほどある長い廊下が四角くロの字を作っていて、初めて来る人はたいてい方向感覚を失って迷う、まっすぐなのにラビリンスです。

 

昨日、敷地内の別の建物から戻ってきた時に、窓際に小さな鳥のぬいぐるみがありました。
黄色とグレーの羽色。モフモフに膨らんだ形です。
(わあ、オスのキビタキだ、かわいいな〜)←鳥好き
ところがそばを通ろうとした時、そのぬいぐるみが小さく動きました。
本物だったんです。
建物の中に入り込んだ、迷い鳥でした。

 

 

今までも、建物の中に鳥が迷い込んできたことはありました。
いつもスズメで、「出口はどこだー」とピーピー言いながら元気に飛び回っていたので、どこかの窓を開けていたら、そのうち外に飛んでいきました。

 

でも、このキビタキは、ちょっと様子が違います。
私がすぐそばに来るまで動かず、しかも小さくジャンプしては、窓ガラスにぶつかっていました。
警戒心が強い野鳥のはずなのに、ギリギリまで動かないなんて。
ずいぶん長い間外に出ようとして、出れずにいるうちに、疲れてしまったようです。
声も全く発しません。ピーもビーもないのです。大丈夫かしら。

 

イメージ画像

 

今は真冬ですから、廊下はどの窓もぴったりと閉めきって、開いている場所なんてありません。
ロの字型をしている建物は、さらにロの字が二重になった複雑構造。
入口は開け放たれていますが、奥に入ってしまって、元来た道がわからなくなってしまったのでしょう。
外が見られるのに外に出れない状態に、かなりパニックになっている風の鳥。
早く外に出してあげないと、弱っていくばかり。

 

とはいえ、腐っても鯛、疲れてても野鳥。
飛んでいきやすいように近くの窓を開けても、人間が寄ってくると、逃げようとします。
それが弱々しく、ゆっくりと低空飛行しているのが哀れ。
(どこかから逃げて)と、鳥の飛ぶ方向に合わせて、廊下の窓をどんどん開けていきました。

 

誰かが通ったら、真冬に窓を開けだしている変な人だと思われるところででしたが、誰も通りません。
でも、怯えて疲れてパニックになっている鳥にこちらの意図は伝わらず、廊下の窓を開けながらあとを追いかけているうちに、端まで来てしまいました。
追い詰められた鳥は、高く飛び上がることもせず、廊下の隅に身を寄せて、こちらを見上げます。

 

本来ならば接触してはいけない、人と野生の鳥。
でも、自力で逃げてくれないのならば、仕方がありません。
手を伸ばして、両手でキビタキをすくい上げました。
鳥は、観念したのか、もうよっぽど体力が落ちているのか、暴れることもなく、おとなしく手の中に納まりました。

 

暖かい羽毛のぬくもりが伝わってきます。
一瞬(オフィスに連れ帰って、水を飲ませたら元気が出るかな。ビスケットもあるし)と思いました。
でも、もし自分が突然拉致されたとしたら、連れて行かれた場所でステーキを出されても、いくらおなかが空いていても食べないでしょう。


すぐに外に放つことにしました。

開けた窓の外に両手を出して、上の手を外します。
キビタキは、状況がつかめないようで、数秒間動きませんでしたが、羽を広げてスーッと飛んでいきました。

 

様子を見ていると、鳥は建物そばの木の洞のところに丸まって、動かなくなりました。
(大丈夫かなあ。おなかが空いて動けないんじゃないかなあ)
と思いながらも、一応安全な場所なので、復活を願いながら、開けた窓を一つ一つ閉めて周りました。

 

仕事帰りに、気になってその木のところに行き、洞をのぞいてみました。
キビタキの姿はありませんでした。

 

きっと、迷宮に迷い込んだショックが解けて、自然に還って行ったのでしょう。
そう思うことにしました。
あのキビタキが、元気を取り戻していますように。

 

キビタキがやってくるなんて、うちの職場は結構な田舎なんだわ〜。
まあ、我が家にはカブトムシが飛んできたりするし。
なかなかいい自然環境です。

 

いつか、黄色とグレーの髪の男性が「先日助けてもらったキビタキです」と言って登場しないかしら。(ワクワク)

どんな格好で来るかな〜☆と、画像検索してみたら、こんな人がヒットしましたよ。

 

ワーン、思てたんと、違ーう!!

 

そもそも助けられたとは思っていなくて、この人(?)に「あの時はよくもつかまえやがったな〜」と追いかけられたらどうしよう。

窓から飛んで逃げよう!
 

| animal・nature | comments(0) | trackbacks(0)
Powered by JUGEM                              ▲page top
                    Page: 1/1609   >>
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
PROFILE
 
SELECTED ENTRIES
@lyca_'s tweets
RECENT COMMENT
CATEGORIES
リカ's BLOG/HP
ARCHIVES
page top