南のうどん、北の麺

博多出身の同僚から細くて長い包みをいただきました。

開けてみると、それは、五島うどん!
そして焼きあごのだしでした。
 

 

五島うどんは、「五島列島の幻のうどん」と呼ばれるもので、今私が最も食べてみたいものの一つ。

椿油を使って伸ばしたもので、700年前からあるんだそう。

できてから350-400年という稲庭うどんより、ずっと歴史が長いんですね。

アツアツのうどんをあごだしのたれで食べる「地獄炊き」が、地元では定番なんだとか。

 

九州では、ワカメでも煮干しでもなく、あご(トビウオ)からとるだしがメジャーだそう。

薄口の甘口なんですよね。

だしの箱の裏に「筑前煮(がめ煮)」のレシピが載っており、「ガメニ」という響きが気になりました。

 

 

ちなみに我が家には、北海道の「グリーン麺」、いえ「グリン麺」があります。(伸ばさないみたい)
ヤクルトのクロレラ麺のような緑が入っているんだそう。

 

北海道と長崎五島列島の珍しい麺をゲットできて、なんか嬉しい。

両手に持ってマラカスごっこをしてから、北と南の麺を食べ比べしようと思いまーす。

激しいシェイクにより、麺の長さはちょっと短めになる予定です!
| 美味珍味 | comments(0) | trackbacks(0)
月曜・雨・カラオケ

昨日は、週明けの月曜日なのに、大雨が夜になるにつれて激しくなる予報なのに、新宿まで出てカラオケをしました。
なぜそんな悪い条件なのに、勇んで都心まで出向いたかというと、メンバーがライブのボーカル、ルナちゃんとアッキーさんだったから。私の知る中でもトップクラスで歌の上手い男女だからです。

 

でも、仕事帰りの山手線の、品川→新宿間は、きついですね。
ぎゅうぎゅうのラッシュでもみくちゃになり、ボロボロ。
新宿駅のホームに上がる階段に、行列ができているくらい。
(もう滅多なことでは乗るまい)と思いました。

 

 

夜にはゴジラがライトアップされるんですね。

場所は、靖国通り沿いのオサレなFIORIA SHINJUKU aria blu

 

最初にアッキー氏(男)が森進一の「襟裳岬」を入れたので「渋い!」と驚きました。

「北海道の最北端だっけ?」
「それは宗谷岬。えりもって丸いあれみたい」
「それはまりも」

歌も会話も、まだほどよくあたたまっていません(笑)。

 

 

私は草野マサムネの「水中メガネ」から始めました。
まさかカラオケにあるとは。

 

 

今回は食事つき。イタリアーノコースつきの飲み放題プランで、なにやら贅沢です。
おいしくいただきましたが、食べながら歌を聴き、自分の歌を選んで会話もするって、結構忙しい〜。

 


大勢いる時にはよさそうですが、3人だと周りが速いのです。

食事は別の方が、ゆっくり味わえたかも。

でも仕事帰りだと時間も限られているので、両方同時にというのは合理的なんですけれどね。

 

 

渋いナツメロから始まりましたが、「恋」や「前前前世」までいき、アイドルは百恵ちゃんからAKBまで駆け抜けて、最後は乃木坂46の「制服のマネキン」で締めました。

私はあややと椿屋四重奏を初めて歌ったので、よしとします。

 

 

そこそこの人たちと行くと、なあなあで流してしまいますが、自分と歴然としたクオリティの差がある上手な人たちと行くと、(ああ、きちんと練習しなくちゃ)という真面目な気持ちになれるのが、刺激的でいい感じ。

次回に向けて、練習しまーす(‘O‘) p♪♪ララララー

| song | comments(0) | trackbacks(0)
Powered by JUGEM                              ▲page top
                    Page: 1/1616   >>
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE
 
SELECTED ENTRIES
@lyca_'s tweets
RECENT COMMENT
CATEGORIES
リカ's BLOG/HP
ARCHIVES
page top