夏の名残のアイスクリーム

土曜日、友人に「自由が丘に夏の間だけあいているアイスクリーム屋さんがあって、今年は明日までなんだけど、行かない?」と誘ってもらいました。

はっとしました。そんなお店があることを前に聞いていましたが、すっかり忘れていたのです。

明日までなら、行かなくっちゃ!

 

ということで、翌日おちあって出かけました。

途中で神輿の練り歩きに出会います。

近くの奥沢神社のもので、地下足袋をはいた氏子のみんなが、威勢よく掛け声をかけながら神輿を担いでいました。

洋風の自由が丘と和の神輿という、不思議な取り合わせ。


バス通りから一本入ったところにあるソフトクリーム店、ラ・ルルーシュ

この日が最後ということで、人の波は絶えることなくひっきりなしに続きました。

列に並んで中に入ります。

 

 

皆さん、割とラフな格好なので、近所に住んでいる人たちなんでしょう。

毎日作りたての手作りアイスクリームなんて、心引かれます。

柔らかいんだろうな〜。

 

 

小さな店内はこんな感じで、やっぱり人だらけ。

奥にある予約の受け取りコーナーも混んでいます。
お土産用かしら。それとも自由が丘住民はみんなリッチで、お屋敷の地下には大きな業務用冷凍庫があって、お店が閉まっている期間の分を買いだめしていくのかしら。(想像)

 

 

フレーバーがたくさんあって迷います。さあ、なににしようかな。

タイベリーとヴァニーユにしました。タイベリーって初めて。

ラズベリーとブラックベリーからできた木苺だそうです。

友人はあずきと塩キャラメル。(右)

 

 

トッピングもかけてみました。

お味は、濃厚かつ軽やか。さすが、毎日作っている新鮮なものだけあって、フレッシュな口当たりです。

 

 

ああ、おいしかった〜。地元ファンが多いようで、ひっきりなしに人はやってきて、その場で注文したり、持ち帰り分を大量買いししていました。

おそらく閉店時間まで、人は途切れないのでしょう。

 

 

近くの壁に奥沢神社例大祭のポスターが貼られていました。

先ほど見たお神輿です。

「あれ、これ、タッチを描いた人の絵じゃない?」
あだち充氏は、この辺りに住んでいるのかしら。

 

秋祭りになる神輿の練り歩きを見て、「夏の名残の薔薇」ならぬ「今年最後のアイスクリーム」を惜しみながら味わいました。

季節はゆっくりと移っていきます。
| 美味珍味 | comments(0) | trackbacks(0)
警察からの電話


勤務中に、ケータイ電話が鳴りました。
母親からです。どうしたんだろう?
職場に電話がかかってくるなんてめったなことではないため、何事かと不安な気持ちで出ました。

 

「もしもし、どうしたの?」
「ああ、あのね」


電話は外からで、人ごみの中にいるのか、ざわざわとしています。
その中で母のくぐもった早口の声。

「今から警察の人に変わるけど、何も知らないと言ってね!」

 

なな、何が起こったの〜?
口裏を合わせろって、ま、まさか、母が犯罪に手を染めた?

 

「お嬢様ですか。●警察です。お仕事中のところ、どうも済みません」
ハキハキした警官の声に代わりました。

 

「いえ。」
状況がわからない中、警戒モードMAXで、携帯を握りしめます。

 

「実は今、オレオレ詐欺防止のために確認を取っているところでして」
「・・・は?」

 

「お母様が多額の金額を下ろそうとされていると、金融機関から連絡があったため、今やってきてお話を聞いているところなんです」
「はあ・・・」

 

「お母様、問題ないですかね?誰かに騙されているとか、そんなことはないですか?」
「た、多分・・・前にオレオレ詐欺の電話がかかってきた時に"うちには娘しかいない"って言ったらすぐ切れたって言ってました」

 

「うちの区内だけでも今年で5億、神奈川県内では20億以上のオレオレ詐欺の被害が出ているんですよ」(←期間も金額も、後で考えるとちょっと曖昧です、すみません)

「えーっ!?」
金額の大きさにクラクラ。

 

「なので、御高齢者の方の多額の現金引き出しの際にお話を聞くようにしているんです」
なるほど。未然に防ぐ水際作戦を取っているんですね。

 

母親が誰かに騙されていないか、本当のところはわかりません。
私よりもしっかりしているので、たぶん大丈夫だろうと思いますが、昨日今日で何かが起こっているのかもしれないし。
気のいい人なので、詐欺の毒牙にかかりやすいかもしれないし。

 

「一応、事情をお母様から伺ったところですが、引き出し金額については言えませんので、あとでお母様とお話しいただいて、その時にいろいろ伺ってください」
まとまったお金の引落としには、心当たりがあります。

先日入院したので、その諸経費の支払いでしょう。

 

「ご協力ありがとうございます。じゃあお母様に代わりますね」
そして母親の声になりました。

 

「もしもし。郵便局に来たら、突然警察に取り囲まれて、疑われちゃったわ。

もお、びっくりした〜(笑)」
身の潔白が明らかになったからか、先ほどのハードボイルドな様子とはうってかわって、安心した明るい声です。

 

「お騒がせしました。じゃあね、またね!」「う、うん」
あっさり電話は切れました。

 

母が逮捕されたわけではなくて、よかった〜。

それにしても、いまだに振り込め詐欺が横行しており、それほど多額の被害額が出ているなんてビックリ。
犯人がなかなか捕まらないので、被害者候補の振り込みの段階で防ぐようにしているんですね。

 

この高齢者の多い社会で、日々年配の人の引落としに人海戦術で対応するのは、とても大変な業務です。

神奈川県警は、仕事をしていないとよくよく言われますが、(がんばってるなあ)と思いました。

 

皆さんもご家族の方も、オレオレ詐欺の罠には、まだまだ気を付けていきましょう!
おまわりさんもがんばってください〜!


 

Check
| happening | comments(0) | trackbacks(0)
Powered by JUGEM                              ▲page top
                    Page: 1/1597   >>
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
PROFILE
 
SELECTED ENTRIES
@lyca_'s tweets
RECENT COMMENT
CATEGORIES
リカ's BLOG/HP
ARCHIVES
page top